レーシックのメリットとデメリット【前編】

レーシックのデメリットとメリットを紹介します。現在レーシックを考えてる人は是非参考にしてください。

view347

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    レーシックをする人の目的は一つです。「目を良くしたい」という目的です。
    さて、レーシックにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

  • レーシックのメリット

  • レーシックは、視力が0.05でめがねやコンタクトが無いと何も見えない人がレーシック手術をすれば
    だいたい視力が1.0から1.5に回復することができるという画期的なものです。
    近年人気が高まって来ており、人気の理由はなによりめがねやコンタクトをする煩わしさから解放されるという点にあるのではないでしょうか。



  • 総じて言えば、安全に、素早く視力を回復でき、かつ裸眼生活が獲得できること。
    点眼麻酔をおこなうため術中の痛みをほとんど伴わないこと。
    手術時間はおよそ15分程度(内、エキシマレーザーの照射時間は数十秒程度)という短時間で、入院の必要がないこと。
    両目同時の手術が可能で、1日で両目の視力回復が可能であること。
    エキシマレーザーは、コンピューターによって精密に制御されるため、精度の高い視力矯正が可能であること。
    出典 :レーシックのメリットとデメリット
  • レーシックで"失明"をしたということは世界で一例もないそうです。

  • レーシックをやってもPCを良く使うのでJINS PCは手放せないという罠… それでもレーシックはメリットたくさん!
  • レーシックとは?

  • レーシックとは「角膜屈曲矯正手術」の一つです。
    角膜屈曲矯正手術と効くと難しそうですが

    角膜を専用のレーザーで削ることで、
    焦点が近かったり(近視)遠かったり(遠視)合っていなかったり(乱視)する状態を回復される施術です。

    例えば、近視の場合は角膜の曲率が下がることで遠くのものまで見えるようになります。

  • レーシックとは、Laser in Situ Keratomileusisの頭文字を取った言葉で、角膜屈曲矯正手術の一つとなっています。
    角膜にエキシマレーザーというレーザー光を照射し、角膜の屈曲率を変え、視力を矯正していきます。
    レーシック手術を受けることで、メガネやコンタクトが不要になり、裸眼で生活できるようになります。
    レーシックとは、90年代にアメリカを中心に世界中に広まった施術法で、日本においては、2000年に厚生労働省からレーシックが認可され、それ以降は視力回復手術として普及してきています。
    出典 :レーシックとはどういう手術?
  •  

    エキシマレーザーと呼ばれるレーザーはパソコンで制御しているので非常に精巧で間違いがないのが特徴です。

  • レーシックのデメリット

  • 先ほどの説明で角膜を「削る」と説明した通り、安全性は高かったとしても手術では必ずなんらかのリスクを伴います。

  • そして、角膜は有限です。ツメなどのようにまた再生するものではなく、削ると回復することはありません。

  • レーシック後遺症・被害ツイートまとめ:レーシック難民警報<ハロ、グレア、スターバースト編> http://t.co/cNLoTknAh3 #news #kaigai