ママになりたい女性のみなさん。卵子の寿命って知ってますか?

ママになりたいあなた。
卵子の寿命がどのくらいか知ってますか?
妊娠しやすいタイミングについて、
きちんと理解することも大切なことです。

view8302

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 卵子の寿命は非常に短いのです

  • 平易に寿命と表現しますが、正しくは卵子が受精能をもつ時間を指します。卵子は体を構成する細胞の中で最もサイズが大きいといわれています。しかし、排卵された卵子の寿命はたったの8~10時間! 非常に短命な細胞なのです。
    出典 :排卵モニタリング|福田ウイメンズクリニック
     

    え!たったそれだけ?

  • 排卵した卵子

     

    卵子(卵)の寿命は個人差がありますが6~24時間くらいと言われます。排卵した卵子は受精するために精子を求めて、卵管膨大部(らんかんぼうだいぶ)という所まで移動します。卵子は新鮮なほど妊娠する確率があります。寿命期間内でも鮮度が大切ですから、卵管膨大部に移動したときにすでに精子が待っている状態がいいのです。(もちろん精子がピッタリたどり着くタイミングが1番いい)

    引用)http://ikujizubari.com/Sterility/pregnancy2.html

  • じゃ、精子の寿命って?

  • 精子の寿命

    精子の寿命は3~5日と言われます。しかしこれも個人差があり、2日くらいの人もいれば1週間くらい頑張る人もいるでしょう。
    出典 :排卵日と妊娠しやすい日
     

    個人差はあるようですが、それでもかなり“頑張る”んですね~。

  • タイミングよく妊娠するには

     

    最長で1日しか生きられない卵子に比べて、精子は射精されてから2日間は生き続けます。ですから、受精するためには精子が射精されてから2日以内に、卵管膨大部へ卵子を送り込むことが重要になります。そのため、不妊治療では「タイミング法」といって、卵子が排卵される日をあらかじめ予測し、性行為を行うタイミングを指示します。このタイミング法を成功させるためには、当然ながら精子が元気でじゅうぶんな数があることが大切です。性行為の3、4日前になったら禁欲し、精子をじゅうぶんに蓄えておくようにしましょう。元気な卵子を保つことも忘れずに!

    引用)http://ルイボスティー不妊.jp/ransijyumyo.html

  • 男子は“禁欲”した方がいいんだそうです♪

  • タイミングのずれ・・・!

  •  

    精子の移動速度が遅い場合は排卵日に性交したのでは、とても卵子と出会うことは出来ません。元気のいい精子は射精後わずか1時間もしないで、卵管までたどり着くようです。精子の大きさは0、06mmと言われていて、運動量の高い精子は秒速0、1mmの速さで進むと言われています。卵管が長さが約10㎝で、子宮腔が約7㎝です。 これを計算すると射精から30分くらいで、卵子が待っている卵管膨大部までたどり着く計算になります。しかし精子と子宮頚管粘液の相性なども関係があり、休み休みゆっくり移動する精子もいるのです。また精子が卵子にたどり着いたからと言って、すぐに受精できるわけではありません。この場合は排卵日の1~2日前が1番妊娠しやすい日でしょう。

    引用)http://ikujizubari.com/Sterility/pregnancy2.html

  • なるほど・・・“出会う”タイミングも結構シビア。この辺も「相性バッチリ」だと良いですね♪

  • 体調でも変化するので注意!

  • この卵子と精子の鮮度、あるいは移動速度は体調によっても変化します。「卵胞が成熟しきってない」「精子が最初から活力がない」など、風邪や睡眠不足、ストレスや食生活などでも微妙に変化が出てしまうのです。
    出典 :排卵日と妊娠しやすい日
     

    なるほど・・・お互い元気じゃないといけないってコトですね!