【足首】捻挫・・・ちょっとした不注意でよくやること。きっちりと直しておかないと後遺症も・・・

足元の悪い道を歩いたり、慣れない靴で歩いたりすると【足首】を捻挫することがよくある。これは年齢に関係なく不注意が原因で起こる事が多い。
捻挫した後で、「歩けるから大丈夫」「たいしたことはない」と思ってほおっていてはダメ!
すぐに手当てをして、症状が後にのこらないようにすることが大切。

view1183

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも捻挫とは?

  • 関節に異常な力がかかり、靭帯を痛めてしまうこと。

     

    靭帯は、骨と骨を繋いでいる丈夫な繊維の束で、関節を安定させている。
    靭帯は、外から加わるある程度の力に対しては対応できるが、ひねり等の
    異常に強い力が加わると伸びたり、一部が裂けるという事態になる。
    場合によっては、完全に切れてしまう靱帯断裂もある。

  • 油断は禁物!

  • たいしたことない・・・・イエイエたいしたことある場合が多いのです!

     

    足首をちょっとひねっただけで、ちゃんと歩けるしたいしたことない・・・・と思ってはダメ。
    その油断で後になって痛い思いをする事があるのです。
    たいしたことない!と思っても、取り敢えずは冷やすなどの応急措置をとることが肝心。

  • 家でできる応急措置

  • 三角巾でねんざの手当 - YouTube

     

    このような方法を知っていればいざという時に役立ちます!

  • みんなにもできる応急手当~ねんざ - YouTube

  • 病院へ行く必要が無いと判断できるのは、どんな場合?

  • 異常な腫れがみられない

     

    足首をひねッたことで靭帯が一時的に伸びた状態になっていて、痛みはあるが、腫れはない。
    こんな場合は、低温火傷に注意し水か氷で冷やし包帯などで固定し痛みが引くまで経過を見る。 

  • 自分でできる治療 

  • 足首の捻挫ケアーテーピング方法 - YouTube

  • 足首のテーピングの練習【足関節内反捻挫 内側からの視点(1)】 - YouTube

  • こんな予防法も・・・

  • 足首のねんざ予防テーピング 千葉県市原市あさぬま整骨院 - YouTube

  • 捻挫は足首だけじゃないよ!

  • 捻挫は、運動中のアクシデントや日々の生活で転倒した際などに、
    手首や足首をひねり、骨と骨の繋ぎの役割をしている関節部分が傷つくことで起きます。
    運動許容範囲を超えて負荷がかかるときに起きる外傷です。
    ひどい場合には、骨や靭帯が傷つき、骨折や靭帯断裂の可能性があります。
    出典 :捻挫の症状、痛みの原因はどうして起こるの? | ねんざの119番