「最近シミ増えたな~・・・」待って!それはやっかいな『肝斑』かも!

「肝斑」(かんぱん)・・・ちょっと前にCMなんかで良く聞きましたね!
シミかな?って思ってたら実は・・・
なんてこともあるそうです。
実はこの肝斑、治療が大変みたい。
一般的なシミとは違うこの症状についてまとめてみました。

view441

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「肝斑」って?

  •  

    肝斑(かんぱん)とは、いわゆるシミのことで、顔に淡褐色のシミ(斑)としてあらわれます。シミにもいろいろ種類がありますが、日本人の皮膚はこの肝斑ができやすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいといわれています。肝斑は30~40歳以上の女性たちに多く見られます。特徴としては、両頬や額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称性にある、地図のようにべったりとして見える、更年期、ピル内服中などに出現することがある、妊娠、出産時期に出現したまま改善しないなど。妊娠時に現れる場合は、妊娠2~3カ月ころから現れることが多く、次第に色が濃くなります。出産後には少しずつ消えていく場合もありますが、長期に持続する場合もあります。

    引用)http://www.jacsfo.com/summary.html

  • 妊娠、出産、更年期などのタイミングでなってしまう人が多いらしい。

  • 肝斑の大きな特徴は、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることです。特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がります。額や口の周辺にもできることがあります。目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。
    出典 :肝斑(かんぱん)の原因や治療法:肝斑とは|トランシーノ[第一三共ヘルスケア]
     

    口の周りとか・・・イヤですね~。

  • 女性ホルモンが原因?

  •  

    肝斑は、妊娠やピルの服用との関係が指摘されることから、女性ホルモンのバランスが影響してできるシミといわれています。肝斑が発生しやすいのは30~40歳代の女性で、症状が見られるのはだいたい50歳代後半まで。その後、閉経とともに薄くなったり、消えたりする傾向にあるといわれています。また、高齢者ではほとんど肝斑は発症しないのです。カラダの中にその原因があるシミが、肝斑なのです。

    引用)http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_kanpan/mechanism/02.html

  • ストレスが原因の場合も・・・。

  • 肝斑ができる原因に、ストレスも関係していると考えられています。そもそも、シミの原因であるメラニンを作り出すのは表皮にあるメラノサイトという細胞ですが、メラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受けて、メラニンを作り出します。そのホルモンの分泌に大きく関わってくるのが、ストレスをはじめとする不規則な生活、睡眠不足などです。
    出典 :肝斑の原因
  • 自己判断が難しい「肝斑」

  •  

    多くのシミは紫外線が主な原因で、紫外線対策や美白化粧品によってある程度はシミを薄くすることができます。しかし、肝斑の治療は一筋縄ではいきません。他の種類のシミと合併していることも多く、一方のシミには効果があっても、肝斑のほうは悪化してしまうことも十分にありえます。そもそも、顔にあらわれているシミがどんな種類なのかを自分で判断するのは非常に難しいですし、自己判断で誤った対策を続けているあいだに、ますますシミが広がったり、濃くなってしまう可能性もあります。また、肝斑の治療は難しく、再発も多いため、長期的・継続的な治療が必要になります。多くのシミ治療に使われる一般的なレーザー治療はむしろ肝斑を濃くしてしまうこともあり、経験豊富な医師に相談されることをオススメします。

    引用)http://www.skincare-univ.com/article/000155/

  • これは大切。シミに良い薬がいっぱい出回っていますが、自己判断はで選んで使うのはちょっと危険かもしれませんね。

  • 色々な治療法

  • ●内服薬:ビタミンC、トラネキサム酸、ビタミンE
    ●外用薬:トレチノイン(ビタミンA誘導体)、ハイドロキノンの軟膏・クリームやアルブチン、トラネキサム酸、ビタミンCなど の成分が含まれる美容液
    ●レーザー:QスイッチYAGレーザーの低出力照射(レーザートーニングと呼ばれています)
    ●その他:グリコール酸やサリチル酸などのケミカルピーリング、ビタミンCやトラネキサム酸のイオントフォレーシス(微弱電 流を流し成分を皮膚に浸透)
    出典 :シミと混同されがちな肝斑についてその治療法 (スキンケア大学)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    肝斑の治療はその人に合った方法ものをお医者さんがきちんと選んでくれます。最近は、効果のあるレーザー治療も出てきました。

  • 女性ホルモンやストレス以外にも、
    「紫外線」「化粧品」が原因になることも。
    何が原因になっているか、できるだけ原因を特定して、
    自分で判断せず、気になったら専門医の先生に相談しましょうね!