冬の乾燥肌、お手入れ方法まとめ

どうしても冬はお肌が乾燥しがち。普段できるいろいろなお手入れ方法をまとめてみました。

view216

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、なぜ肌は乾燥するのか???

  • 誰もが避けられないことであることを認識しましょう!

  • 肌は遺伝による病気を除いては、生活環境、外的刺激の度合いなど、後天的原因(日常生活のスタイル)により乾燥しやすい状態となります。後天的な原因とは具体的に、高齢化・加齢による角質細胞間脂質と皮脂の低下、或いは、入浴時に使用する洗剤(石鹸など)の過度使用による肌のブロック機能の破壊、栄養バランスの悪い食事などを指し、考えてみると自身の生活環境の改善に取り組むことでずいぶん解消されるものも多いですし、高齢だからと言って簡単に諦める必要もありません。
    乾燥肌を生み出しやすい生活環境を、食事や洗剤などの原因を含め乾燥肌の原因は日常生活の中に存在するのです
    出典 :乾燥肌の原因と対処方法
  • まず、乾燥肌の具体的な原因について知る

  • 自分の乾燥肌の主な原因は何なのかを知る

  • ●外気の乾燥と湿度低下が乾燥肌の主な原因

     せっかく水分を持っている皮膚が、乾燥したの外の空気によって
     ドンドン蒸発してしまいます。

    ●新陳代謝能力の低下が乾燥肌の要因

     肌の入れ替わり周期が正常に機能しなくなると、本来古い角質が
     剥がれ落ちて新しい肌が出てくるべき場所に、その古い角質が
     付着したままになり、カサカサ状態になります。

    ●食事バランスも乾燥肌を誘引します。

     偏食をしたりダイエットできちんとした食事を取っていないと、
     皮膚が必要としている十分な栄養素を届けられなくなり、
     皮膚にうるおいがなくなってしまいます。

    ●ストレスなども乾燥肌に影響してます。

     ストレス・睡眠不足・疲労等は、血液の循環が悪くしてしまう
     ため、乾燥・肌荒れを起してしまいます。
    出典 :乾燥肌・原因と対策
  • 乾燥肌って何でなるの?原因・予防・対策について

  • それでは、対策は?

  • 暖房は必要最低限にとどめお部屋の湿度に心がける
    熱いお湯の長時間入浴は避ける
    液体やクリーム状の洗剤は多量使用に気をつける
    洗剤は界面活性剤のないものを使用
    ボディソープやシャンプーは避ける
    タオルでのこすり過ぎに注意する
    入浴後は保湿剤を塗る
    下着や寝巻きは水分を含む綿製品を着用する
    紫外線対策を考える(サングラスや帽子など)
    出典 :乾燥肌の原因と対処方法
     

    これらは一般的に言われている基本のキですね

  • 乾燥肌ケア

  • 特に大切なのが、洗顔の方法!

  • 洗顔料の選び方                                        
    弱酸性洗顔料はしっとり成分がたくさん入っているので、乾燥で悩んでいるみなさんはどうしても選びがちですが、すすぎの時にヌルヌル感がなかなかとれない気がして、洗顔時間が長くなってしまいます。
    その間に大切な自分の肌が持っている保湿成分がいっぱい流出してしまうので、「弱酸性だから・・・」にこだわらずに泡立ち・泡切れのよい洗顔料を選びましょう !
    洗顔料に入っている保湿成分は洗い流してしまうのであまり意味がないですよ。


    洗顔の方法  
    粉をふいている人は、そのザラつきの部分をツルツルにしたくて、洗顔の回数を増やしたり、指やツメでポロポロとやってしまいますね。これはとっても肌には負担になります。
    洗顔は朝・晩1回ずつ、乾燥・肌あれがひどい人は、1週間は朝はかるくすすぐだけ、洗顔料を使った洗顔は夜だけにしましょうね。肌の回復が早くなります。

    乾燥がひどく肌あれしている人は、「洗顔しないぞ !」くらいの勇気がないと、肌は回復しないので気をつけて・・・。  
    出典 :乾燥肌、敏感肌、肌荒れの原因・予防法・スキンケアの注意点
  • 乾燥肌解消法 洗顔方法

  • 間違った洗顔の三ポイント!

  •  ・お湯の温度が高い
     ・指でこすりすぎている
     ・洗顔時間が長すぎる
    出典 :乾燥肌、敏感肌、肌荒れの原因・予防法・スキンケアの注意点
  • 自分にあったスキンケア用品を使用することも大事ですね。

  • 美容部員さん直伝!乾燥から肌を守る方法!How to protect skin dryness