睡眠障害の原因について

不眠症の原因は、実に数多く、改善法も様々です。
数多い原因の一部をまとめました。

  • S 更新日:2013/12/12

view189

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 誰にでも一度は「眠れない状況」に陥った経験はあると思います。
    例えば、考え事をしていたり、興奮して眠れない等。
    しかし、それがあまりにも続いているおかげで、日常に支障が出る事もあるのです。

  • 不眠症の元凶

  • 原因は挙げればキリがありません。
    こちらでは代表的な例を挙げています。

  • ・適応性不眠
    ストレスによるものです。
    解消させる事で、解決できます。
    たまにはストレス発散も心がけましょう。

  •  

    ストレスと言っても、怒りや悲しみだけではありません。
    楽しい事で興奮して眠れなくなる人もいます。

  • ・子供時代の行動による不眠
    これは、自身の幼年期が影響している事を指します。
    親がきちんと決まった時間に寝かしつけてあげなかったために、ずっと身体が覚えていたのです。

  •  

    就寝時間が定まっていないと陥る障害。
    決まった時間に眠り続ける事で、改善されます。

  • ・飲み物
    カフェインやアルコールの摂取が原因で、眠れなくなってしまいます。
    どうしても飲みたい時でも、眠る3時間以上前がベストです。

  •  

    珈琲にもノンカフェインも販売されています。
    珈琲が好きな方は、そちらを飲まれてはいかがでしょうか?

  • ・健康障害
    怪我や病気による痛みが原因で、眠れなくなる症状です。
    医師から処方してもらう痛み止めを使用することで、解決できます。

  •  

    ちょっとした痛みでも、眠りの妨げになります。
    日頃から怪我をしないようにしたいですね。

  • その他の原因

  • ・特発性疾患
    子供の頃~大人になるまでずっと続いている障害です。
    この症状は、未だに解決法や詳しい原因は明かされていません。

  • ストレスによる不眠症の体験談

  • 犬との散歩でストレス解消! 不眠知らず!
    K・Yさん(43歳/女性)神奈川県/主婦

    会社勤務を経て結婚を機に専業主婦になりました。
    生活のリズムは若干変わりましたが、不眠という経験はそれまで全くありませんでした。
    しかし、子どもが小学校受験にさしかかった頃から、
    今までに味わったことのない「眠れない」という生活が毎日続いてしまったのです。
    主人のことや、家事全般に加えて、子どもの栄養管理や家庭内でのしつけ、
    塾での対人関係など、あのころは非常に神経質になっていたと思います。
    ちょうどその頃から、眠れなくなりました。
    不安になってしまったら解決するまで気がおさまらないとか、
    子どもにまであたってしまって、結局一日中イライラしながら、
    一晩を眠れずに過ごすのです。頭はすごく疲れているのに、眠れないのです。
    そんな様子を見ていた主人が、わが家に犬を買って来てくれました。
    最初は散歩など余計な面倒が増えるだけと思いましたが、これがかわいいんですよ。
    それからというもの、毎晩お散歩に連れ出して、夜の新鮮な空気を吸いながら、
    かわいい犬と会話をするようになりました。
    不思議ですよね……自然にストレスが吹き飛ぶのが自分自身でわかるんですよ。
    それ以来、子どもの受験に対しても心を広く持てるようになり、
    眠れない生活から抜け出すことができました。
    出典 :つらい、せつない、でも治った不眠体験談