妊娠後の予防接種どうする???

妊娠したら予防接種は出来ないの?

だって予防接種って・・・・ウイルスだよね?

大丈夫なのかな??

その心配についてまとめました!

view292

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の予防接種

     

    妊娠中にインフルエンザの予防接種は受けられるのか?

    受けた方がいいのか?

    胎児に影響はないのか?


    調べてみました!

  • 妊娠中のインフルエンザ予防接種

     

    妊娠初期は胎児が不安定であるため、なるべく避けます。

    16週ぐらいを過ぎていれば問題ありません。

    ワクチンとは言っても、インフルエンザワクチンは生ワクチンではありませんので

    体の中で増殖する恐れはありません。

    しかし、予防接種する際には必ず妊娠していることを申告しましょう。

  • 日本のインフルエンザのワクチンは「不活性化ワクチン(ふかっせいかわくちん)」と言って、インフルエンザのウイルスの毒性を死滅させて、予防に必要な成分だけを利用して作られています。

    活動中のインフルエンザウイルスは体内に入らないので、体内でインフルエンザウイルスが増殖することはありません。

    予防接種後すぐに妊娠がわかっても、アレルギーや疾患が無い場合、お腹の赤ちゃんにワクチンが悪影響を及ぼしている可能性はとても低いと考えてください。母体に抗体ができるだけです。
    出典 :妊娠中のインフルエンザワクチンの予防接種
  • もうすぐ予防接種の時期ですが、妊娠中にインフルエンザ予防接種を受けてもいいの?妊婦さんがインフルエンザにかかったら胎児に影響は…?

    ”妊娠中のインフルエンザの疑問”解決します!
    http://t.co/Ffa5zpQVoG
  • 風疹の予防接種

     

    妊娠を考えているなら、パートナーで一緒に風疹の抗体検査を!

    風疹の抗体の低い人が増えています。

    妊娠初期に感染すると、赤ちゃんに影響が出る恐れがあります。

  • 「妊娠中の風疹を防ぐため、昭和52年以降、女子中学生を対象に風疹ワクチンの集団接種が行われていました。ところが、平成6年に予防接種法が改正となって平成7年4月から大きく変わりました。男女中学生と男女幼児が接種することになったものの、学校での集団接種ではなく、医療機関での個別接種となったのです」

    親が医療機関に連れていかなければ予防接種は受けられないという状況になり、その結果、中学生の風疹ワクチンの接種率はみるみるダウン。この期間に該当する人、すなわち「昭和54年4月2日から昭和62年10月1日までに生まれた人たちには、風疹の予防接種を受けていない人が多いのです。また、昭和54年4月1日以前に生まれた男性は、これまで1回も風疹の予防接種を受ける機会がありませんでした」

    「自分が予防接種を受けたかどうか不確かな場合は、母子手帳を確認してください。親の記憶もあいまいなものです。頼りになるのは”記憶”じゃなくて”記録”です」
    出典 :【ストップ風疹】妊娠を考えているなら、早めの予防接種を|ゼクシィnet
     

    ちょうどママになる年代の人たちの予防接種がされていないのです!!

    しっかり調べましょう!

  • 妊娠中の風疹感染で 障害を持つ赤ちゃん過去最多(14/01/14) - YouTube

     

    予防接種で少しでも避けることが出来るなら・・・ですね!

  • 【生ワクチン】 MRの生ケツポリポリ ※MR:MRワクチン→麻疹と風疹 生:生ワクチン ケツ:結核(BCG) ポリ:ポリオ-
  • 「予防接種」について(H25.2.25~3.3放送) - YouTube

  • インフルエンザ予防接種 - YouTube

  • チビズ久々の予防接種済、ついで私の風疹予防接種も済ませる☆ 一昨年妊娠中、風疹抗体なくなってる!とのことで出産までヒヤヒヤしてた(^_^;) とりあえず2ヶ月は妊活不可。家族計画…どうするかナ。