これからピーク! 流産、死産につながる「リンゴ病」とは一体どんな病気なの???

これから流行のピークを迎えるりんご病は流産や死産につながる可能性があります!!
知らないと危険が沢山!!
気になるりんご病についての情報をまとめてみました!!

view510

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもりんご病ってどんな病気なの???

  •  パルボウィルスの感染で、幼児・学童に多い。熱が出て、ほっぺがりんごのように赤くなる病気。幼稚園や学校で流行することが多く、学童期の兄弟がかかると幼児も感染することがある。
     2~12歳の小児がかかりやすく、大人や乳児の感染はまれである。季節的には冬から春にかけて流行しやすいといわれている。

     発疹のでる1週間くらい前から感染力があり、発疹が出ると(頬が赤くなると)感染させる危険がなくなるので隔離の意味はない。
     妊婦が感染すると流早産を招く危険があるので注意が必要。

     一度かかると2度とかからない終生免疫であるかどうか、まだはっきりしていないようです。
    出典 :りんご病(伝染性紅斑)
     

    子供は特に注意が必要です!!
    気をつけましょう!!

  • 頬が赤くなるのが特徴の病気です!!!

  • 頬が赤くなる前に感染力が強いので注意が必要です!!!

  •  誤った考え方なのですが、風疹や水痘などの患者が出たときにワクチン接種を嫌う親が子どもに免疫をつけさせようとわざと感染させるための「感染パーティー」を行うことがあります。そもそも流行を拡大させかねない大迷惑な方法なのですが、リンゴ病の場合には顔が真っ赤になって診断がついた時点ではすでに感染力がありませんので、まったく意味はありません。
    出典 :これからピーク! 流産、死産につながる「リンゴ病」とは (日経トレンディネット) - Yahoo!ニュース
     

    りんご病という病気に気付かない時に感染力があるので注意が必要です!!
    気付かないうちに人へ感染させてしまってる場合もあります!!!

  • まるで平手打ちしたような真っ赤な頬に!? その症状とは

  •  小児が感染すると、最初の数日間は軽度の風邪様症状(微熱、咳、くしゃみ、筋肉痛など)があり、その後、両頬が「平手打ち」したように一面真っ赤になります(紅斑)。口の周りは赤くなりません。紅斑は、境界がはっきりしていて、耳やあごに沿って網目状に拡がります。真ん中が薄くて縁取りがしっかりした「レース模様」のような感じです。少し遅れて腕や太ももにも紅斑が出てくることがありますが、身体に出ることはまれです。

     軽いかゆみを伴うことがありますが、1週間くらいで自然軽快します。ただし、強い日差しや物理的な刺激によって、赤みが強くなったり一度消えた紅斑が再燃、数週間続くこともあります。また、まれにですが、咳、頭痛、筋肉痛、関節痛などが出て、首のリンパ節が腫れることもあります。
    出典 :これからピーク! 流産、死産につながる「リンゴ病」とは (日経トレンディネット) - Yahoo!ニュース
  • 大人が感染するとどうなるの???

  •  成人が感染すると、典型的な顔の紅斑が出ないことも多く、風邪のような症状だけですむことがあります。その分診断は難しく、成人の感染の半分は不顕性感染(症状の出ない感染)とも言われています。さらに成人では、発症しても典型的な顔の紅斑が出ないことが多く、関節痛だけの症状で終わることもあります。風疹と診断されている例も多いと考えられており、伝染性紅斑は、当初、異型の風疹として発表されていました。パルボウイルス感染症であると確認されたあと、英国では風疹と診断された患者の半数が血清検査ではパルボウイルスB19感染であったという報告も出ています。
    出典 :これからピーク! 流産、死産につながる「リンゴ病」とは (日経トレンディネット) - Yahoo!ニュース
  • 妊娠中の人は特にパルボウイルスの感染に要注意! でもなぜ?

  • 妊娠中の人は注意が必要です!!

     

    健康に問題のないほとんどの成人は心配しなくてもよい疾患ですが、溶血性貧血の人と、妊娠中の人は注意が必要です。溶血性貧血の人がかかると貧血が悪化します。
    また、ヒトバルボウイルスB19に対する免疫のない妊婦が初感染すると、胎盤を通じて胎児側に感染することがあります。

  • このウイルスは赤血球のもとである赤芽球に感染し破壊してしまうので、母体が感染して胎児側に移行すると、胎児の赤血球がどんどん減少し重症の胎児貧血になってしまいます。貧血がすすむと胎児がむくみ(胎児水腫)死にいたるのです。流産、子宮内胎児発育遅延、子宮内胎児死亡などの原因となることもあります。
    出典 :これからピーク! 流産、死産につながる「リンゴ病」とは (日経トレンディネット) - Yahoo!ニュース
  • 子供や家族からの感染に注意が必要です!!

     

     伝染性紅斑が流行した2011年には、妊娠中に伝染性紅斑にかかって胎児に感染した女性が69人確認され、うち約7割の49人が流産、死産していたことが分かっています。69人のうち37人が家族もリンゴ病にかかっており、このうち34人は子供でした。

  • 予防する方法はあるの???

  • うがい、手洗い、人混みを避けるくらいですね。マスクをしたり。
    そうですね、小さいお子さんと接するのは要注意ですね。
    りんご病は症状が現れたときにはすでに感染力はなく、無症状のときにすでにウイルスをまき散らしているので防ぐことが非常に難しいようです。
    出典 :妊娠中・小さいお子さんがいらっしゃる方。 りんご病や風疹の感染予防はどのよう... - Yahoo!知恵袋
     

    妊婦の場合は特に注意が必要です!!
    気をつけるしか方法が無いかも・・・