心の病にならないために。働く世代のメンタルヘルス

仕事が忙しい世代にとって、身近に潜む心の病。普通の人でも心の病はふとした瞬間に訪れることがあります。そんな頑張る働く世代に向けたメンタルヘルスをまとめました。

view394

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ストレスは、私たちが生きていく上で避けることができないものですが、うまく対応することによって、私たちは成長し続けることになります。ストレスに気づき、ストレスに対処することができれば、また、多くの人の支援を受けて、適切に対応することできれば、人生を豊かに送ることができます。もし、ストレスに押しつぶされそうになったときには、専門家にいち早く相談して、大事に至らないようにすることが大切です。人生のスパイスであるストレスを自分自身でコントロールする術を身に着けることが、現代社会で求められているのです。

    出典 :ストレス軽減ノウハウ:1 はじめに|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(うつ病・自殺対策を含む)|厚生労働省
     

    ストレスを自己コントロールできるようになりましょう。

  • メンタルヘルスという言葉が使われるのは、精神的な疲労、ストレス、悩みなどの軽減・緩和とそれらをサポートする場面、うつ病などの心の病気(精神疾患)の予防を目的とした場面などです。

    メンタルヘルスが損なわれないように日頃から注意すること、既に不調をきたしてしまった場合には早期に治療へつなげることが重要です。

    出典 :http://www.karacli.com/mentalhealth01.html
     

    自分の心の状態を常にチェックしましょう。

  • 以下のような変化が自分や上司、同僚、部下に在る場合は、メンタルヘルスが損なわれているサインかもしれません。もしそうであれば、十分にコミュニケーションを取って、適切なメンタルヘルスケアをしていくことが重要です。

    以前と言動が変化(表情、態度、声の調子)
    欠勤、遅刻、早退の増加
    周囲との対立が目立つ
    とりとめのない訴えの増加
    酒量、タバコ量の増加
    他人の言動を必要以上に気にする
    仕事の能率の低下、ミスの増加

    出典 :メンタルヘルスとは 職場の心の健康
     

    周囲の人の様子にも気を配ってみて。

  • 【気づきの主なポイント】

     勤怠面 … 遅刻・早退・欠勤が増える、無断で休む
     業務面 … ミスが多くなる、業務の効率が低下する、残業・休日出勤が増える
       対人関係のトラブルが起こる、報告・連絡・相談がなくなる
     生活面 … 元気がない・挨拶がない・顔色が悪い・笑顔がない・会話がない
    身だしなみに無頓着になる、飲酒の量が増える
    ※ 遅刻・欠勤(Absenteeism)、事故やミス(Accident)、飲酒(Alcoholism)は3Aといわれ要注意ポイントとされている。

    出典 :職場のメンタルヘルスケア【部下への気づき】
     

    こんな症状はありませんか?

  • 仕事のストレス

     

    近年、社会環境、労働情勢が急激に変化しており、それにともなって働く人たちのストレスや心の健康状態が悪化していることが指摘されています。

     厚生労働省の調べでは、「職業生活で不安や悩み、ストレスがある」と回答した労働者は約6割に上るとも報告されています(労働者健康状況調査)。仕事上のストレスには様々なものがありますが、同調査では、職場の人間関係を挙げる人が36%と最も多く、次いで仕事の質の問題(例:経験や知識が十分でない状態で新しい事柄を覚えたり難しい仕事をこなさなければならない)、仕事の量の問題(例:仕事が時間内に処理しきれない)といった順になっています。このほか、職場での地位や役割の変化、配置転換、仕事の適性の問題などもストレスの原因となります。

  • 働く人の間でうつ病が急増している。一説によれば、うつ病にかかる割合は5人に1人。うつ病は決して珍しい病ではなく、誰もがかかりうるありふれた心の病気になってきた。こうしたうつ病や自律神経失調症、心身症、さらに統合失調症などの精神疾患を含め、総じて「メンタルヘルス不全」と呼ぶ。

    出典 :エンジニアのうつ病と職場のメンタルヘルス事情|【Tech総研】
     

    5人に一人がうつなんですって!驚きです。

  • 心の病が高じると、仕事のパフォーマンスが低下し、場合によっては休職・退職に追い込まれることもある。コンピュータを扱うエンジニアの間では80年代から、テクノ不安症やテクノ依存症などのテクノストレスの存在が指摘されており、これらが引き金となってうつ病を発症するケースもまれではない。さらに、成果主義の導入などにより、技術力に加え、結果重視の傾向が高まっていることなども、その増加の一因であるといえそうだ。
    出典 :エンジニアのうつ病と職場のメンタルヘルス事情|【Tech総研】
     

    あまり仕事で、追い詰めすぎないようにしましょう。

  • 精神的に衰弱している人がいる場合、まずは周囲の人が気づいてあげることが重要になります。
    「こころの病気」も他の病気と同様に、早期発見・早期治療が肝心なのです。各企業はそのためにも、様々な体制を整える必要があります。
    出典 :職場のメンタルヘルスの必要性 | 職場メンタルヘルスEAP
     

    周囲の気づきと支えも大切です。

  • たとえば同じ高血圧でも、ストレスによる場合とそうでない場合とがあります。両者の違いは、疾患の発症や経過にストレスが関係しているかどうか、という点にあります。もしこれらの疾患にストレスが関係していると判断される場合には、体の治療とともに、ストレス状態の改善についても考慮する必要があります。たとえば、ストレッサーに対する対処方法(コーピング)の工夫は、疾患の改善にとって有効な方法の1つとなります。

    出典 :ストレス軽減ノウハウ:3 ストレスからくる病|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(うつ病・自殺対策を含む)|厚生労働省
     

    心と体は密接に関係しています。

  •  以下のような症状が2週間以上続く場合には、「うつ」が疑われますので、専門家(精神科、心療内科)に早めに相談することをおすすめします。

    •気分の落ち込み、憂うつな気分
    •趣味などが楽しめない
    •体重の減少または増加、食欲の減少または増加
    •寝つきが悪い、夜中に目が覚める、朝早く目が覚めてしまう、どれだけ寝ても眠気がとれない
    •気持ちが焦るイライラしやすい
    •疲れやすい
    •価値のない人間だと思う、周りに対して申し訳なく思う
    •思考力や集中力が低下する、決断が難しい
    •いっそのこと消えてなくなりたいと思う
    出典 :ストレス軽減ノウハウ:3 ストレスからくる病|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(うつ病・自殺対策を含む)|厚生労働省
     

    あなたもチェックしてみましょう。

  •  

    ストレスは、私たちが生きていく上で避けることができないものですが、うまく対応することによって、私たちは成長し続けることになります。ストレスに気づき、ストレスに対処することができれば、また、多くの人の支援を受けて、適切に対応することできれば、人生を豊かに送ることができます。もし、ストレスに押しつぶされそうになったときには、専門家にいち早く相談して、大事に至らないようにすることが大切です。人生のスパイスであるストレスを自分自身でコントロールする術を身に着けることが、現代社会で求められているのです。

  • 短期精神病性障害の治療法は、病的になってしまった脳内環境を是正するため、薬物療法などが行われます。具体的な治療薬として、抗精神病薬や睡眠導入剤などが、個々の状況に応じて選択されます。また、短期精神病性障害が発症するきっかけがはっきりしている場合、その出来事に正面から向き合うために、場合によっては心理療法も必要になります。

    出典 :一時的な幻覚・幻聴…短期精神病性障害の症状・治療法 [メンタルヘルス] All About
     

    病院で診断してもらい、適切な薬の処方をしてもらいましょう。

  • 短期精神病性障害の特徴的な症状は、幻覚や妄想あるいは周囲の者には不明瞭な言動などで、これらの症状は統合失調症の急性期に類似しています。

    短期精神病性障害の詳しい発症率は不明ですが、心の病気の中では頻度が少ない疾患だと考えられています。その内訳は20代から30代の若い年代に多く、性別では女性に多く見られます。この病気の発症に至る詳しいメカニズムも不明ですが、精神的に不安定な状態にある人が、何らかの事態に直面して大きなショックを受けてしまった時に発症することがあると考えられています。

    出典 :一時的な幻覚・幻聴…短期精神病性障害の症状・治療法 [メンタルヘルス] All About
     

    若い女性に多いそうですよ。

  • セックスに興味がなくなった? 原因は脳内環境の悪化かも

     

    性生活に限らず何事においても、それに充分な自信を持てないような時は、行動をためらってしまうもの。いつも自信満々の人でも、その気になれない時はあるでしょう。セックスレスの原因は多々あると思います。例えば、心身ともにくたくたに疲れきっているときや、何か心配事が気にかかっているとき。または、相手との喧嘩が多い時期や、相手に慣れ過ぎたいわゆるマンネリ状態で、相手のセクシーな姿を見ても何とも思わない……という場合もあるでしょう。いずれの場合も、気を付けたいのは脳内環境の悪化が考えられるということです。

    脳内環境を悪化させる要因は様々ですが、代表的なものは日常生活のストレス。職場や学校、あるいは家庭でも、思わずカチンと来るようなことは誰にでもあるもの。ストレスは、うつ病など心の病気のきっかけにもなりやすいことはよく知られていると思います。

  • 無気力状態が長引く場合は精神科受診も検討を

     

    もしも、バイタリティの低下の原因が心の病気ならば、出来るだけ早期に精神科(神経科)を受診したいところです。とはいえ、不調が日常的レベルのものなのか、それとも、心の病気のレベルに達しているのか、その境界は少なからず曖昧なもの。一般に、違いの目安は症状の持続期間、症状のレベル、そして日常生活に生じている支障の程度によります。具体的には、もしも症状の持続期間が2週間以上、そして、日常生活上の支障もはっきり現われているような場合は、精神科受診も考慮して頂きたいところです。