予定日は過ぎてるよね?過期産になるとどうなるの?

出産に向けて準備は万端!いつ生まれてきても大丈夫!と意気込んでいたものの、うちの子はいつ出てくるのかしらと思うくらい予定日を過ぎていくことが稀にあるようです。そんな過期産になると赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか?

view768

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過期産はいつからのこと?

  •  

    予定日を過ぎたけど大丈夫?

  • 妊娠満42週以降の出産。分娩予定日を2週間以上過ぎての分娩となり、胎盤機能の低下や羊水の減少などによって胎児・新生児に危険が起こる可能性が高くなる
    出典 :過期産 とは - コトバンク
     

    通常妊娠42週目までに出産すると正常な妊娠とされており、出産時の胎児のリスクがほとんどありませんが、過期産となると出産に伴い胎児へのリスクが高まることが考えられています。

  • 過期産の頻度は1%前後である。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 過期妊娠、過期産
     

    過期産が起こる可能性はかなり低くなっていますが、病院によっては42週目に入ると、胎児の出産時のリスクを減らすため分娩を誘発する措置を行うことがあります。

  • 過期妊娠の大部分は「原因不明」か「過期ではないのに、誤って過期と判定されたみせかけの過期妊娠」である。
    出典 :産科医療のこれから: 妊娠41週以降の分娩
     

    過期産が何故起こるかについては詳しく解明されていません。しかし、胎児の死亡率が高くなるなどの統計的なデータもあるため出来れば避けたいものです。

  • 過期産が引き起こす合併症

  • 過熟児

     

    未熟児とは反対に子宮内で大きくなりすぎることを言います。大きくなる分出産時のリスクが高まります。

  • 過期妊娠では、とくに胎盤の機能不全による過熟児が問題となります。

    出典 :過期妊娠・過期産 | 妊娠と合併症
     

    過期産となった場合には胎盤の機能低下が問題視されます。胎盤もいつまでも正常な状態を維持し続けるのは難しく、妊娠の周期が長くなりすぎることで機能が低下します。 これにより胎児へ酸素供給や栄養供給が低下してしまうため、胎児に対してのストレスが増加するそうです。

  • 過期産では巨大児となりやすくなります。 巨大児は肩甲難産や分娩時外傷、母体の膣や外陰部の重症裂傷などの頻度が高くなります。
    出典 :産婦人科の基礎知識/過期産
     

    正常な時期の出産でも4000グラムを超える赤ちゃんの場合巨大児といいますが、過期産の場合には巨大児の可能性が高くなります。そうすると、分娩時にママの体に負担をかけやすくなってしまいます。

  • 羊水過少を伴いやすい。羊水量が低下すると,軽度の子宮収縮でも臍帯が圧迫されやすくなり,児は子宮内で軽度血液低下・軽度低酸素状態に置かれる頻度が高くなる。
    出典 :産科医療のこれから: 妊娠41週以降の分娩
     

    羊水は分娩時のクッションとしての働きがあるそうです。羊水の量が減少すると分娩時に臍帯圧迫などを引き起こすなど、胎児の出産リスクを高めます。そのため、過期産になると帝王切開の頻度も上昇するそうです。

  • 胎便混濁羊水 ⇒胎便吸引症候群(MAS)
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 過期妊娠、過期産
     

    過期の妊娠の場合に胎児が子宮内で排便し、それによって胎内で、もしくは出生直後に、羊水内に排便されていたものを吸引してしまうことでおこる呼吸障害のことを言うそうです。過期産の時には顕著にみられるそうです。

  • 過期産になったら対処法は?

  • 過期産では母体の罹病率も増加する。巨大児の頻度が増加し、難産、分娩損傷が正期産に比して1.5~4 倍程度増加し、帝王切開頻度も増加する。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 過期妊娠、過期産
     

    過期産の場合には帝王切開での分娩も視野に入れておく必要があります。

  • 日本では一般的に42週を超えないように誘発分娩などが行われるのが一般的と思います。
    出典 :産婦人科の基礎知識/過期産
     

    子宮収縮剤などを投与し、分娩を促すようにします。

  •  

    過期産は異常な状態や病気というわけではありません。出産に伴うリスクは高まりますが、過期産でも自然分娩をされる方もいらっしゃいます。予定日を過ぎると不安な気持ちも高まり、さまざまなリスクを招きやすくなりますので、担当医とよく話し合い母子ともにベストな形で対面できる方法をしっかりと模索しましょう。