脳を若く保つ為の法則【脳科学】

脳科学によって割り出されていた
脳を若く保つ為の法則を
まとめてみました

view362

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳が老けない為の習慣はコレ

  • 一日の予定を書く

    計画を立てたり、今日することを思い出したりすることで脳が活性化されます。

    出典 :脳に良い11法則 認知症で要老年若脳
     

    段取りが悪い人は要注意
    これで解消

  • 新聞をキーワードを見つけながら読む

    新聞を読むとき、キーワードを見つけながら読むと脳が活性化します。あらかじめキーワード(人名や経済用語等新聞に載っているキーワード)を決め、それを素早く見つけることが脳トレーニングになります。判断力向上に効果的。

    出典 :脳に良い11法則 認知症で要老年若脳
     

    新聞をこのためにとっている人もいますね

  • 目を閉じて食事をする

    私たちはふだん食事をするとき、食べる前に味の想像をしています。視覚から多くの情報を得ながら食事をしているのです。

    その視覚をふさぐことで、箸で食べるものを口に持っていく動作、食べる前に匂いを嗅ぎ、口に入れて味と触感を得るという作業すべてに軽い緊張感を持つことができます。

    普段フル活用しない部分を積極的に働かせることが重要です。

    出典 :脳に良い11法則 認知症で要老年若脳
     

    盲人体験として行ってみるのも良いかも

  • 物と結び付ける


    場所法ともいわれている記憶術ですが、ある場所や物とある記憶を結び付けて覚える方法です。これはみなさん意識していなくても経験したことがあると思います。例えば、失恋した後、別れた相手とよく行った場所に行くと、その当時のことを思い出したり、虹を見るたびに、虹色のマフラーをプレゼントとしてもらったことを思い出したり。それを意識的にやってみるのがこの場所法です。少し難しいかもしれませんが、記憶術の世界選手権に出場するような人たちもやっている方法です。ぜひチャレンジしてみましょう。
    出典 :頭の良くなる記憶術・意識を変えて脳を活性化させる7つの方法 | ザ・チェンジ
     

    こんなのも新聞をよみながら出来ますね

  • 語呂合わせ法


    語呂合わせ法はとても有名ですよね。「いい国(1192)つくろう鎌倉幕府」「√3=人並みにおごれや(17320508)」など、主に数字を音の似通った別の言葉に変換して記憶する方法です。語呂合わせ法を使う際に心がけて欲しいポイントは映像化できるように語呂をつくることです。作った文章の意味が明確であればあるほど、覚えやすいですし、頭のイメージにも残ります。ぜひ工夫して、質の高い語呂合わせを作ってみましょう。
    出典 :頭の良くなる記憶術・意識を変えて脳を活性化させる7つの方法 | ザ・チェンジ
     

    懐かしい学生時代を思い出しながらどうぞ

  • 予定をたくさん入れる
    米ハーバード大の調査によると、カレンダーが予定でびっしり埋まっている人は、記憶能力の低下がゆっくりになるそうです。これは、脳が問題解決のために常に活性化されているからだと考えられています。友達とのランチや小旅行、飲み会など、どんどん予定を入れた方がいいのかも!
    出典 :あなたの脳を一瞬で活性化させる8つの方法「シャンパンを飲む」「予定をたくさん入れる」 - Peachy - ライブドアニュース
     

    友人は多い方がぼけましぇん

  •  

    はい

    ここでひと休憩

    休憩も脳には必要です

  • 左手だけで洗濯物を干す

    左手(左手が利き手の人は右手)だけで洗濯物を干すのは意外と難しいです。普段は左手で洗濯物を持ち、右手で洗濯バサミを動かしていると思います。それを、左手で洗濯物を持ち、そのまま洗濯バサミでつまもうとします。難しい、普段やらないことにチャレンジすることで、脳を刺激します。

    普段から利き手以外の手でやってみるという習慣をつけると、脳を普段から刺激できます。お箸を左手で持ち、茶碗は右手とか、ハサミを左手で使う(結構難しいですよ)とか、左手だけで洗濯物をたたむ等、応用が利くのでぜひ色々とやってみてください。

    出典 :脳に良い11法則 認知症で要老年若脳
     

    利き腕が左な私は、右手で行いますが
    難しいです

  • 部屋の模様替え

    自分でどうしようかを考えて模様替えするのが良いそうです。ここにはこのソファーは入らないな、ここにこの棚を持ってこようか、等と想像することが重要だとか。

    出典 :脳に良い11法則 認知症で要老年若脳
     

    年末の大掃除で脳活性化

  • 騒がしいところで他人の話に聞き耳を立てる

    例えば騒がしい飲食店で声が聞こえる程度の距離にあるテーブルの会話に聞き耳を立てると、脳が活性化するそうです。ざわざわしているところから、特定の話だけを聞くのは脳トレーニングに効果的なのですね。

    出典 :脳に良い11法則 認知症で要老年若脳
     

    盗み聞きです・・・・!!!!

  • 電車を一駅前で降りてウォーキング

    電車に乗る際、目的の一駅前で降りて、目的の駅まで歩くと、運動ができ、周りの風景等も刺激となり脳が活性化されます。散歩の魅力のコーナーでも書きましたが、歩くことで脳に血流が行き、非常に脳に良いそうです。

    出典 :脳に良い11法則 認知症で要老年若脳
     

    運動不足も解消しますよ

  • ●1日1リットルのミネラルウォーター
    水を飲むことは、身体にいいだけでなく、記憶力の向上にも効果的です。英キール大学の調査では、ミネラルウォーターに含まれる「シリコン」が、神経細胞中のアルミニウムを除去し、認知能力を活性化させることが分かっているそうです。一度にまとめて飲むよりも、こまめに時間をかけて飲む方が効果的とのこと。
    出典 :あなたの脳を一瞬で活性化させる8つの方法「シャンパンを飲む」「予定をたくさん入れる」 - Peachy - ライブドアニュース
     

    子供の記憶力アップにも効果ありますよ
    脳を若返らせるならコレです
    健康の秘訣ですね

  • 五感を使う


    人間の感覚には視覚・聴覚・臭覚・味覚・体感覚の5つが存在します。この5つすべてを活用すると、物事はより覚えやすくなります。例えば、ガムを噛みながら、本を黙読し、それを読み上げ、同時にその文章を書き写し、その内容に動きをつけて覚えるようにします。

    すると、視覚を使って、文章を見て、読み上げることにより聴覚を刺激し、書いて、その内容に沿った動きをつけることで体感覚を刺激することができます。ガムを噛むことによって、臭覚や味覚にも刺激を与えることができます。実際にガムを噛みながら勉強をすると成績が上がるという研究結果が出ていますので、ガムを噛みながら勉強をしてみることはオススメです。
    出典 :頭の良くなる記憶術・意識を変えて脳を活性化させる7つの方法 | ザ・チェンジ
     

    勉強法になっていますが、十分脳の若返りに効果があります

  •  

    脳は使わないと老けます

    引きこもりも老けます
    刺激がないと
    脳は退化してしまうのです

    定期的に使って若く保ってあげてくださいね