妊娠中の食事についてまとめ

view524

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中は赤ちゃんの分の栄養補給も考えて、しっかりした食事をとりたいものです。そこで、食事に関する情報をまとめました。

  •  
     

    最近、魚介類からの水銀摂取が胎児に影響を与える可能性を懸念する報告が出て、厚生労働省からも「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意」が出されました。ただし、魚介類には赤ちゃんにも必要な、DHAなどの必須脂肪酸が豊富に含まれているので、魚介類を摂ることは必要です。そこで、妊娠中期以降はメチル水銀を比較的多く含むマグロやキンメダイなど大型魚や深海魚を控えて、水銀が少なくDHAを豊富に含むサバやイワシなど小魚中心の摂取が望ましいとされています。

  •  
     

    妊娠でまず必要となるのは、筋肉、皮膚などを構成するたんぱく質です。良質なたんぱく性食品である魚、肉、大豆製品には異なった働きをもつ脂肪酸が含まれているので、やはりバランスよく摂ることが大切です。ビタミン、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウムなど)、葉酸、食物繊維も多めに摂るように心がけてください。その一方、脂質、食塩は一般的に摂取量が多めとなる傾向にあるので摂り過ぎないようにしてください。

  •  
     

    精製されていないものがよいのだそうです。

  •  
     

    妊娠初期の悪い食事パターンだそうです。

  •  
     

    水分は大事ですね。

  •  
     

    しっかり食べて、赤ちゃんに十分に栄養を届けましょう。

  •  
     

    妊娠期にはちょっとカロリーを増やしましょうね。

  •  
     

    普段からカルシウムは摂っておきたいですね。

  •  
     

    妊娠中にカロリーを抑えるのは厳禁ですよ。

  •  
     

    妊娠の可能性には注意したいものですね。

  •  
     

    便秘にならないよう妊娠前から注意しておきたいですね。

  •  
     

    菓子パンも妊婦は控えた方がよさそうですね。

  •  
     

    これは是非、覚えておきたい情報ですね。

  •  
     

    妊娠中に食べるのは控えましょうね!

  •  
     

    妊娠中はバランスのとれた食事が良いですね。