睡眠障害の色々まとめました

日本人の多くが睡眠障害をもっているそうです。そこで、ここでは、睡眠障害にまつわる情報を集めてみました。

view242

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    睡眠時間に対する強いこだわりがあります
    ⇒ 「精神生理性不眠症」

  • 眠すぎるのは過眠症かも?

  • 女性の性周期は「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」という2つの女性ホルモンによってコントロールされていて、これらは眠気の抑制や促進など「睡眠中枢」にも大きな影響を及ぼします。
    出典 :【女性に多い睡眠障害】 - 睡眠障害ガイドブック
     

    女性は特に睡眠障害に注意が必要ですね。

  • 耐えることができない眠気に襲われるのが「ナルコレプシー」です。その眠気は“丸3日間徹夜したあとのような眠気”と表現されるほど強烈で、会議中や商談中など、通常では考えられないシチュエーションにおいてさえも眠り込んでしまいます。
    また、強い喜怒哀楽をきっかけに手足の力がカクンと抜ける「情動脱力発作(カタプレキシー)」や金縛り、寝入りばなの幻覚なども特徴です。ナルコレプシーの患者は1000~2000人に1人とされ、そのうち70%が10歳代で発症しています。しかし、この病気に気付いていない人も多く、実際の患者数はもっと多いといえます。

    出典 :【ナルコレプシー】 - 睡眠障害ガイドブック
     

    「ナルコレプシー」知っていますか?

  • 睡眠中に立ち上がって歩き回るような行動を「睡眠時遊行症」といい、これはいわゆる「夢遊病」です。子供(5~12歳)に多く、全体の10~15%にみられます。症状は30秒~長くても30分程度で、通常は一晩に一度しか起こりません。
    睡眠時遊行症はノンレム睡眠中に生じるのですが、深い眠りのときに寝返りを打つと、脳が完全には目覚めない状態のため、朦朧として起き上がったり歩き回ったりするのです。目は大きく見開き、言葉を発することもありますが、当の本人はとても深い眠りにあります
    出典 :【子供に多い睡眠障害】 - 睡眠障害ガイドブック
     

    夢遊病は、子供に多く見られるそうです。

  • 夜中に訳もわからず恐怖を感じ、突然目を覚ましてしまう症状を「夜驚症」といいます。「悪夢」にもよく似ていますが、まったくの別物です。悪夢は脳が起きていて、からだが休息しているとき(レム睡眠)に起こります。
    一方、夜驚症は脳が休息している深い眠りのとき(ノンレム睡眠)に起こり、覚醒することなしに恐怖の感情をコントロールしている中枢が働いてしまうのが特徴です。悪夢のように夢の内容に恐怖を感じるのではなく、なぜ怖いのか、本人にも全くもってわかりません。突然、パニック状態に陥ってしまうのです。
    出典 :【子供に多い睡眠障害】 - 睡眠障害ガイドブック
     

    お子さんのいる家庭では注意が必要だそうです。

  • 深夜まで残業すると脳が興奮状態になり、眠れなくなります。さらに眠れないからといってパソコンやテレビに向かうと、それが朝寝坊の原因となって「不眠」という悪循環に陥るケースも少なくありません。
    多忙な毎日に加え、生活の24時間化(コンビニやファミレスなど)やインターネット、携帯電話の普及など・・・眠らぬ街で生きる人にとって、不眠はまさに「国民病」「現代病」といえるでしょう。
    出典 :【睡眠障害とは】 - 睡眠障害ガイドブック
     

    布団の中でスマホ見たりしていませんか。

  • 以前、山陽新幹線の運転士による居眠り運転が問題となり、その背景として睡眠障害の1つ「睡眠時無呼吸症候群」との関係が指摘されました。
    また、睡眠時無呼吸症候群を患っている人のうち多くが居眠り事故の経験者だったという報告もあります。睡眠障害によって十分な眠りが確保できないと集中力や記憶力、思考力が低下し、さらに気分や情動が不安定になりがち。

    出典 :【睡眠障害とは】 - 睡眠障害ガイドブック
     

    睡眠障害になると危険な事も起きてしまいます。

  • 眠らないでいると大脳が疲れ果ててしまい、誤った指令を下してしまうことも。大脳をゆっくりと休ませ、メンテナンスすることが「睡眠」の一番の目的です。
    また、深い眠りに入ると成長ホルモンが分泌され、新陳代謝を促して日中の活動で疲れたカラダを効率よく修復します。つまり、私たちは心身の健康を維持するために「眠る」のです。
    出典 :【睡眠障害ガイドブック】 - 原因や症状、治療について解説
     

    眠れなくなると、身体に色々な異常が起きるみたいです。

  • 現代は学校や職場、家庭などにあらゆるストレスが氾濫しています。そのため、ここ数年は子供~大人まで睡眠のトラブルを訴える人が後を絶ちません。
    その一方で、自らが「睡眠障害」であることに気付いていない人も多いのです。睡眠障害=不眠症というイメージが根付いていますが、他にも過眠症や睡眠時呼吸障害など、さまざまなタイプのものがあります。
    出典 :【睡眠障害ガイドブック】 - 原因や症状、治療について解説
     

    気づいていないだけで、睡眠障害の可能性があるかも。

  • 概日リズム睡眠障害
    体内時計をリセットし、通常の一日のリズムに合わせるためには、朝たっぷり光を浴びるようにしましょう。休日でも同じ時刻に起床して、光を浴びるのがコツです。睡眠薬やサプリメントを使用する場合は、専門医の指導を仰ぎましょう。

    出典 :睡眠障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    やはり太陽の光は人間にとって大切ですね。

  • 睡眠時随伴症
    ストレスなどが関与している場合があるので、ストレスの軽減につとめましょう。睡眠中の寝ぼけ行動に対しては、危険に配慮した寝室環境を整えましょう。薬物療法として、睡眠薬、抗てんかん薬、抗うつ薬、抗パーキンソン病薬などが使われます。

    出典 :睡眠障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    ストレスから来る睡眠障害の人は多いのではないでしょうか。

  • 睡眠時無呼吸症候群
    重症度によって治療法が異なります。経鼻的持続陽圧呼吸療法(鼻CPAP療法)や口腔内装置などが使われます。肥満がある場合は、ダイエットが必要です。飲酒や睡眠薬は、かえって悪化させます。

    出典 :睡眠障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    飲酒はほどほどにした方が良さそうですね。

  • 睡眠障害のサインや症状は大きく分けて、1)不眠、2)日中の過剰な眠気、3)睡眠中に起こる異常行動や異常知覚・異常運動、4)睡眠・覚醒リズムの問題、の4つにまとめられます。また、いびきや寝ぼけなど、周囲の人から指摘される症状もあります。
    出典 :睡眠障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    あてはまる項目はありますか?

  • 睡眠不足や睡眠障害が長期間持続すると、生活習慣病やうつ病などになりやすくなることがあります。こうしたことから、睡眠障害に適切に対処することが重要と考えられています。
    出典 :睡眠障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    気になる方は病院へ行きましょうね。

  • 日本では、一般成人のうち約21%が不眠に悩んでおり、約15%が日中の眠気を自覚しているとの調査結果があります。こうしてみると、成人の5人に1人、つまり1500万~2000万人の人が不眠に悩んでいると推計されます。背景には、人口の高齢化、ライフスタイルの多様化、24時間社会における生活リズムの乱れ、ストレスなどがあるのかもしれません。

    出典 :http://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_sleep.html睡眠障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    こんなに多くの人が睡眠に障害を抱えているなんて。

  • 健康のために睡眠はたいへん重要です。睡眠は、心身の疲労回復をもたらすとともに、記憶を定着させる、免疫機能を強化するといった役割ももっています。健やかな睡眠を保つことは、活力ある日常生活につながります。
    睡眠障害というと不眠症を考えがちですが、不眠症以外にも様々な病気があり、多くの人々が睡眠の問題を抱えていることがわかってきました。夜の睡眠が障害されると、眠気やだるさ、集中力低下など日中にも症状が出現します。睡眠の問題と日中の問題は、表と裏の関係にあるといってもいいでしょう。このような、睡眠の問題や日中の眠気の問題が1カ月以上続くときは、何らかの睡眠障害にかかっている可能性が考えられます。睡眠障害は、その原因によって治療法も異なります。適切な治療を受けるためにも、自分の睡眠状態や睡眠の問題を把握しておくことは重要です。

    出典 :睡眠障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    早期に発見して、適切な治療をうけたいものですね。