健康の第一歩は質の高い睡眠からはじめましょう

良質な睡眠は、心身の健康を保ちます。正しい睡眠の知識を知って、今日から良質睡眠をはじめましょう。

view205

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低すぎる枕、柔らかすぎるマットレス、などは安眠を妨げます。
    枕……頭、首、肩に負担をかけない硬さと高さを。できれば寝具売り場で計測してもらって。放湿性のある材質も大切。
    マットレス……柔らかすぎると腰痛の原因、硬すぎると血行不良を招きます。自分にあったものを選んで。
    掛け布団……睡眠時の布団内部の理想温度は33°C±1°C。湿度は50%±5%(日本睡眠科学研究所)。睡眠時にこの状態になるように掛け布団を調節して。エアコンや靴下、腹巻などを上手に利用するのも手。

    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
     

    良質な睡眠のための寝具選びも大切です。

  • 睡眠の最大の目的は「脳の休息」です。起きている間、常に働き続けている脳は、睡眠の間だけ休むことができます。その間に脳は休息し日中蓄積した情報を整理します。「質のいい睡眠」とは言い換えれば、脳が十分休息できる睡眠、ということになります。
    出典 :質のいい睡眠をとろう!|ボディリメイク
     

    睡眠によって脳をリフレッシュすることができます。

  • 運動による適度な疲労感は深い眠りを導きます。 また、筋肉の緊張をほぐし、こりをとる効果もあるとされています。 ウォーキングなどの有酸素運動は、寝る3時間くらい前までに終わらせておくのがポイント。 就寝直前は、ヨガやストレッチなどもよいでしょう。

    出典 :良質の睡眠がもたらす効能/健康耳より情報 | ライオン ウェルネスダイレクト
     

    軽い運動で、適度な疲労感をつくりましょう。

  • 入浴法
    呼吸、体温調整、血液循環、消化吸収など、生命維持に欠かせない働きを司る“自律神経”は、 日中の活動時は交感神経、休息時は副交感神経が優位になります。ぬるめのお湯(38℃~40℃)で20~30分温まると、 副交感神経が優位になって心身がリラックス、入眠体勢に入ります。床につく1~2時間前に入浴するとよいでしょう。
    出典 :良質の睡眠がもたらす効能/健康耳より情報 | ライオン ウェルネスダイレクト
     

    入浴中はリラックスして。

  • 照明

     

    眠りを誘うホルモン“メラトニン”により、自然な眠りを導くとされています。
    メラトニンは、目に光が入らない状態になると分泌されるので、照明は極力控えましょう。

  • 眠る前に食事を摂ると、胃腸では消化活動に追われるため、寝つきもわるく、熟睡もできなくなります。
    さらに、成長ホルモンは空腹時に分泌されることがわかっています。就寝前3時間は食事を摂らないよう心がけましょう。
    出典 :良質の睡眠がもたらす効能/健康耳より情報 | ライオン ウェルネスダイレクト
     

    寝る直前の食事は避けましょう。

  • 最適な睡眠時間は個人差がありますが、成長ホルモンは入眠時の深い睡眠をしている時に分泌されやすいというデータがあることと、 お肌のゴールデンタイムは、午後10時から午前2時とも言われていますので、遅くとも午前0時までには就寝するように心がけましょう。 また、人の体には“体内時計”が備わっていて眠りをコントロールしているので、毎日決まった時間に寝る習慣をつけましょう。
    出典 :良質の睡眠がもたらす効能/健康耳より情報 | ライオン ウェルネスダイレクト
     

    規則正しい生活リズムが大切ですね。

  • 脳の下垂体から分泌され、身体の発達に不可欠な“成長ホルモン”は、別名・若返りホルモンとも呼ばれるほど、 成長期の子どもだけでなく、大人になってからも重要な役割りをになっています。

    主な働きは、

    ●たんぱく質・脂質・糖代謝を促し、体内のバランスを整える
    ●骨の軟骨細胞に働きかけ、骨の成長を促す
    ●筋肉量を増やす
    ●内臓脂肪蓄積の改善
    ●免疫機能をサポート など

    若々しい体作りに欠かせない成長モルモンですが、 その分泌は10代がピークで、20代に入ると分泌量は減少し、 40代で約半分に、80代では20分の1にまで減少してしまいます。

    出典 :良質の睡眠がもたらす効能/健康耳より情報 | ライオン ウェルネスダイレクト
     

    寝る子は育つは本当なんですね。

  • 【良質な睡眠をとるための5か条】
    <リズム編>

    1.目覚めたら朝日を浴びて、体内時計を刺激する

    2.自分に合った睡眠時間を知る

    <習慣編>

    3.規則正しい生活習慣を心がける

    4.就寝前はリラックスする

    5.快適な睡眠は自ら作り出す
    出典 :簡単すぎる?良質な睡眠で美肌を作る「ちょっとした習慣」- 最新ニュース|MSN トピックス
     

    これらを知っておくだけでも違いますね。

  • 人間の体の細胞は睡眠中に新陳代謝を行うため、十分に睡眠がとれていないと肌細胞の修復・再生がうまくいかず、肌荒れや老化が進みやすくなります。いつまでも美しい肌を保つために、『良質な睡眠』をとることはとても大切!

    出典 :簡単すぎる?良質な睡眠で美肌を作る「ちょっとした習慣」
     

    美肌づくりにも良質な睡眠は欠かせません。

  • 睡眠のサイクル

    90分間 ⇒ 1サイクル (1時間30分)
    180分間 ⇒ 2サイクル (3時間)
    270分間 ⇒ 3サイクル (4時間30分)
    360分間 ⇒ 4サイクル (6時間)
    450分間 ⇒ 5サイクル (7時間30分)

    になります。つまり私たちにとって一番良い睡眠の時間は90分の倍数になります、この時間を意識して起きる時間を設定すれば、一番起きやすいときに眠りから覚めやすくなります。通常ですと、7時間30分が一番良い睡眠時間になります。

    出典 :良質な睡眠をとろう!
     

    90分の倍数を意識して起きてみましょう。

  • 必要な睡眠時間は、個性的であることを理解する

     

    睡眠の長さとパターンは人それぞれで、とても個性的なものです。年齢や性別によって、平均的な睡眠時間も違ってきます。また、ロングスリーパーとショートスリーパー、夜型と朝型、安眠型と不眠型など、いくつかのタイプにも分けられています。

    「8時間眠らないといけない」という、間違った思い込みにとらわれていると、あなたの貴重な時間を寝床の中で失ってしまいます。自分に必要かつ十分な睡眠時間を知り、その時間だけ深く眠ることが、健康で効率の良い人生につながることを理解しましょう。

  • 「睡眠」の役割が心身の疲労回復作業と免疫力向上作業だということは疲れると眠ってしまうことからもわかるように皆様も良くご存知のはず。
    でも、睡眠の質が悪いと、成長ホルモンの分泌が妨げられ、子どもの場合は成長が遅れ、大人の場合は老化が早まったり、ストレスが解消されないということを知らない方、気にしてない方が以外に多いです。
    睡眠中には、40種類以上ものホルモンや電解質が独特のリズムで体の修復や向上にあたっているのです。
    睡眠の質はこれだけでなく、脳細胞の死滅数や記憶力などとも深くかかわっているといわれています。
    出典 :【快眠講座】良質の睡眠があなたの元気をつくる - 快眠本舗
     

    睡眠の役割は大きい!

  • 眠りの周期

     

    眠りの浅いときに目覚めると一日がスッキリ過ごせますが、深い眠りのときに目覚まし時計などで無理やり起されると、起きる時もつらく、一日中頭がスッキリせず、体がだるい、眠いという状態が続くのです。
    この浅い眠りをレム睡眠、深い眠りをノンレム睡眠といい、約90分位の安定した周期で交互に繰り返されています。2つを1セットと考えると、平均睡眠時間6~8時間の場合、一晩で4~5回繰り返されていることになります。
    レム睡眠終了後に覚醒すると最も気分のいい、「今日もガンバルぞ!」という目覚めが出来るのです。

  • 質の高い睡眠をたっぷりととるにはどうすれば良いのでしょう。
    答えは大きく分けて3つです。
    まず1つめは、月の満ち欠けや、人間のサーカディアンリズムなど、自然と同調した規則的な生活リズムを保つこと。2つめは、運動したり、仕事をしたり、少し悩んだり、と脳や身体に適度なストレスを与えて疲れさせること。そして3つめが寝具や寝室などの寝環境を整えることです。
    出典 :【快眠講座】良質の睡眠があなたの元気をつくる - 快眠本舗
     

    質の高い睡眠は3つの基本からはじめましょう。