違いは分かりますか?【免疫力と抵抗力】

免疫力よりも抵抗力のほうが
長生きできると言われています
どのような原理なのでしょうか?

view2177

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 違いはどのようなものか

  • 抵抗力は、その物に対して抵抗する力。
    インフルに罹らない体力や、細菌の侵入を許しても駆逐出来る抗体細胞の存在。
    出典 :免疫力と抵抗力って違いはあるのでしょうか? - Yahoo!知恵袋
     

    抵抗力はこちら

  • 免疫力は、たとえ罹患したとしても細菌自体を無もしくは、限り無く無に出来る免疫の存在。
    出典 :免疫力と抵抗力って違いはあるのでしょうか? - Yahoo!知恵袋
  • 喩えて言うなら、
    抵抗力=ブロック、ガード
    免疫力=スルー、慣れ
    出典 :免疫力と抵抗力って違いはあるのでしょうか? - Yahoo!知恵袋
  •  

    色が違うだけで
    同じもの
    という感じに思えるのは
    私だけでしょうか・・・・
    良くわからないです!!!!

  • 体温を1度上げるだけで抵抗力も免疫力もあがる

  • 自分の現在の平熱は、今の自分の免疫力の高さを表す目安であり、低体温であるということは、今自分はとても危険な状態ですよ。というサインなのです。

    自律神経のバランスが崩れると、体のいろいろな臓器の調整機能がコントロールできなくなり、血流障害により血液の流れが悪くなるので、低体温になります。

    また、副腎の機能低下による細胞修復機能の低下により、傷ついた細胞の修復が追いつかず、体のさまざまな器官に異常が発見されることになるのです。
    出典 :体温が1度上がると免疫力・抵抗力が5倍アップする! | がん予防!代替療法健康情報・免疫力向上ブログ
     

    低体温の人は要注意しておきたいですよね!!

  • 低体温⇒免疫機能の能力が低下しているサイン

        ⇒ホルモン分泌に異常をきたしているサイン

        ⇒ガンがもっとも活発に増殖ができる環境
    出典 :体温が1度上がると免疫力・抵抗力が5倍アップする! | がん予防!代替療法健康情報・免疫力向上ブログ
  • 一度上げると免疫力は

  • 体温を一度上げると免疫力は500%から600%高くなるといわれています。

    たとえ、一時的に体を温めるだけでも、免疫力は大きくアップするのです。

    風邪をひいた時に発熱するのは、自分の体の抵抗力をアップしてウイルスや病原体に対する

    抵抗力をアップするための防御反応であるのにかかわらず、抗生物質や解熱剤で熱を下げるということは逆にとても危険なことなのです。

    がん患者が別の病気で39度近い発熱が数日続いたことにより、熱が下がったあとに

    がん細胞がすべて消えていたという実例もあるそうです。
    出典 :体温が1度上がると免疫力・抵抗力が5倍アップする! | がん予防!代替療法健康情報・免疫力向上ブログ
  • 生命力の強い食品で抵抗力を養う

  • できるだけ自然の中で生育した生命力にあふれるものを食べることが大切だと思います。野菜にしても、今はすべて人工で管理栽培し、季節に関係なく、欲しいものが食べられるようになりましたが、太陽を充分に浴び、路地で育ったような野菜の栄養価についてもう一度見直すべきです。

    そうした野菜は、例えば発がんや動脈硬化を引き起こす原因でもある活性酸素を消去するフラボノイドやカテキンの作用が高いといえます。
    動物もそうです。自然の中で放し飼いにされた動物と管理され育てられた動物では、生命力が違います。そうした動物が産んだ卵についても同様で、滋養分に差があります。
    出典 :JAFRA:”生命力の強い食品で抵抗力を養う "前日本臨床内科医会会長 神津 康雄 氏
  •  

    日本の伝統食は自然治癒力をあげるとして
    報告が上がっています

    しかし食の欧米化のせいで
    この文化がなくなっていきつつあるようです

  • 日本は毎年平均寿命が延び、長寿国といわれていますが、これは明治時代に生まれた人達が単に平均寿命を延ばしているにすぎません。そうした人達は、免疫力も強いわけですが、どのような食生活を送ってきたかというと、自然に生育した生命力に富んだものを食べてきたわけです。ですから100歳以上生きられる体力、抵抗力を持っています。そう考えると、今の若者たちが長生きするということはありえないでしょう。手をかけすぎるということは一方で生命力を弱くします。若い人達と昔の人達と比べると骨がまず違います
    出典 :JAFRA:”生命力の強い食品で抵抗力を養う "前日本臨床内科医会会長 神津 康雄 氏
  • 今後は


  • 今後、医療現場でも健康・栄養食品のような機能性をもった食品を取り入れていくということですか

    神津:今の食生活ではだめですし、薬品に代わるもので人間を病気にさせないような機能性のある食品があれば、そうしたものを補い、抵抗力を養っていく必要があるかと思います。これから臨床医にとっても、そうしたスタンスは必要なことだと思います
    出典 :JAFRA:”生命力の強い食品で抵抗力を養う "前日本臨床内科医会会長 神津 康雄 氏