脳科学と恋愛について

恋愛と脳科学は関係があるそうです。
いったいどのような関係があるのでしょう?

view818

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳科学とは

  • 脳科学(のうかがく、英: brain science)は、ヒトを含む動物の脳と、それが生み出す機能について研究する学問分野である。神経科学の俗名であり、専門的な文献ではあまり使わない。特に「脳科学」及び脳科学者と呼ばれる物にはこれに当てはまらない疑似科学に類するものも多く含まれる。そもそもは、認知神経科学と呼ばれる分野の一般向けの呼称の仕方であったが、最近は脳と心を結びつけて議論する研究全般がこう呼ばれるようになった。
    出典 :脳科学 - Wikipedia
     

    動物にもあてはまるんですね。

  • 知覚・運動制御・記憶・学習・感情などの脳の働きを研究する学問。医学・生物学・遺伝学・電子工学・心理学など広い分野で研究が進んでいる。神経科学。
    出典 :脳科学 とは - コトバンク
     

    最近話題ですよね。

  • 恋愛を脳科学で分析すると

  • 人間が恋愛をしているとき、脳内では腹側被蓋野と尾状核という部位が活発に活動しています。
    腹側被蓋野は、脳の中心にある脳幹という部位にあり、呼吸や心臓活動などの生命活動を司っています。
    尾状核は、脳幹のすぐ外側にあり、身体の動作や運動を司る部位です。
    この2つの部位が活性化するということは、恋愛は人間の本能で行っているものであるということになります。
    出典 :脳科学で恋愛脳を解析する
     

    脳の活動と大きな関係があるんですね。

  • なんで男女が惹かれあうのか

  •  恋をすると男女共に、脳の「腹側被蓋野(ふくそくひがいや)」が脳内物質(ドーパミン)を大量に放出、ドーパミンが放出されると、集中力が高まり、気力に満ち溢れ、疲れを感じさせません。 デートでずっと相手を待つことが出来るのも「ドーパミン」の影響です。 つまり恋をすると「ドーパミン」が大量に分泌され、 心地よさが伝わるので、相手に会いたいと思うようになるわけです。
    出典 :脳科学で解明、「なぜ恋愛の賞味期間は3年なのか」 【東京ナイロンガールズ】
     

    こんな経験があるかたもいるでしょう。

  • 激しい恋は精神病のようなものだ。痴呆、躁病、強迫神経症様の症状が入り混じり、友人や家族から人を切り離す。立て続けに電話をしたり、セレナードを歌い、建物の屋上から叫んだりして、それは凄い。
    出典 :激しい恋を脳科学する
     

    ここまでくると怖いですね・・・

  • 恋愛脳である前頭前野を活性化するためには、快感をコントロールするドーパミン、怒りや危機に対する興奮をもたらすノルアドレナリン、そして、脳内のバランスを整えるセロトニンなどの神経伝達物質を活用することが有効と考えられています。中でも、セロトニンは、平常心をもたらし、脳をストレスから防ぐ働きがあるので重要です。

    それでは、セロトニンの働きを活性化し、恋愛脳を鍛える方法はあるのでしょうか。セロトニン神経を活性化する決め手は、規則正しい生活、リズム、呼吸、姿勢、涙の五つに集約されます。

    規則正しい生活とは、朝陽を浴びながら目覚め、昼間は、適切に太陽の光を浴び、陽が沈んだ後は、質の良い睡眠を取る事。特に、太陽の光は、セロトニンの活性化には欠かせません。

    ジョギングや縄跳びなど、毎日数分間でも、リズミカルなエクササイズを習慣化することで、セロトニン神経の活性化に役立つと言われます。

    呼吸は、腹筋呼吸が有効です。腹筋呼吸のやり方は、最初に息を最大限に吐き出します。すると、自然に呼気が行われます。この腹筋呼吸を毎朝、朝陽を浴びながら、リズミカルに数十回ほど行うと良いでしょう。

    姿勢も重要です。普段から姿勢の悪い人は、血液の循環も滞りがちで、セロトニンの機能にも影響を及ぼします。姿勢に関しては http://allabout.co.jp/interest/kaiun/closeup/CU20090414A/「姿勢を正して即効で美しく開運」をご参照下さい。

    出典 :2/2 恋愛脳を蘇らせる5つの習慣! [永瀬久嗣の恋愛コラム] All About
     

    日ごろから心がけた方がいいですね!!

  • 一度は経験したことがある「ときめき」

  • 「“ときめき”の正体は、快楽や快感をもたらす脳内物質である“ドーパミン”。視覚や言葉などによって異性からの刺激を受け取ると、脳の報酬系と呼ばれる部分を中心にドーパミンが放出され、ときめきを感じるという仕組みです」
    出典 :脳科学が明かす「ときめき」の正体 | web R25
  • ドーパミンについて

  •  ドーパミンは交感神経節後線維や副腎髄質に含まれるノルエピネフリンやエピネフリン(ホルモンの一種)という物質とともに生体内アミンの一種であるカテコラミンという物質のひとつです。私たちの食べ物の中に含まれるフェニルアラニンやチロシンというアミノ酸がチロシン水酸化酵素によってドーパになり、それがドーパ脱炭酸酵素の働きでドーパミンになることがわかっています。このドーパミンはさらにドーパミンβ水酸化酵素という酵素でノルアドレナリンになりますし、これはさらにエピネフリンに変わります。ですから、1950年代まではドーパミンはノルエピネフリンやエピネフリンの単なる前駆物質で、それ自体はとくに生理的な仕事はしていないだろうと一般に考えられていました。ところが、1959年になって大阪大学の佐野勇教授らがドーパミンは脳にもノルエピネフリンと同じくらいたくさん含まれていて、その脳内分布はノルエピネフリンとは全く違って「大脳基底核」という脳の部位に局在していることを発見され、実はドーパミンは脳で神経伝達物質として独自の仕事をしていているのではないか、多分運動の制御に深く関る物質なのではないかと考えられるようになってきました。実際、1960年エーリンガーとホーニキーヴッツはパーキンソン病の患者さんでは大脳基底核の中の「線条体」という場所のドーパミンの量が非常に少ないことを確認し、1961年にはビルクマイヤーとホーニキーヴッツはドーパミンの前躯体であるL-ドーパを患者さんに静注して、注射後数分以内に動くことのできなかった患者さんが立ち上がって歩きだしたことを報告しています。
    出典 :脳内物質ドーパミンのはたらき
     

    食べ物も関係あるんですね。

  •  ドーパミンを産生する神経細胞(ドーパミンニューロン)は脳の中でいくつかのグループを作っていることがわかっています。その中でも今回の公開講座と関係して重要なのがA9という番号がついている「黒質緻密部(こくしつちみつぶ)」という部位にあるドーパミンニューロンとA10の「腹側被蓋野(ふくそくひがいや)」にあるドーパミンニューロンです。両方とも脳の深部にある脳幹という所に隣り合って存在し、長い突起(軸策と言います)を線条体に伸ばしています。正確には線条体の背側にA9から、腹側の線条体(これを別名側坐核(そくざかく)とも言う)にはA10からドーパミンニューロンの軸策が伸びています。軸策の末端にはシナプスという構造があって、そこからドーパミンを放出するので、線条体でドーパミンが多くなるというわけです。パーキンソン病の患者さんでは、黒質緻密部にあるドーパミンニューロンが死ぬために線条体で放出されるドーパミンが少なくなって無動、固縮、振戦といったパーキンソン病特有の運動症状を生じるわけです。
    出典 :脳内物質ドーパミンのはたらき
     

    ドーパミンは病気にも関係があるんですね。

  • 脳科学を学べる塾!?

  • 茂木健一郎に聞く恋愛脳科学 - YouTube

  • 恋人の存在

  • 前頭葉には「今、自分は他人からどのように見られてるんだろう」と自分の状況を客観的にモニタリングする働きがあります。恋人といっしょにいる時、その人の脳内ではこの「自分を客観的に見る」活動が低下しているのです。(ただお互いだけが見えている状態。「没我」の境地。「自分たちだけの世界」)
    私が「私」であるということを認識しないで済む、「自分」という意識の垣根すらも消し去ってくれるような恋人は、理想の存在です。
    恋人とは、「自分」という意識から解放させてくれる、究極の「癒し」の存在なのです。
    出典 :4/4 脳科学が教えてくれる恋愛の真髄 [同性愛] All About
     

    癒される相手がいるのも大事なことですね。。

  •  

    一緒にいてなにも考えずにいられる。
    それも癒されているのですかね。