女性のお悩み【冷え性】

冷え性でお悩みの人も多いはず
尚更この冬
冷え性がきつくなります
改善しましょう

view259

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 冷え性とは?

  • 冷え性とは、からだの特定の部分に冷たさを感じる体質のことです。「平熱が35度だから冷え性だ」、と勘違いしている方も多いようですが、冷え性だからといって低体温とは限りません。
    「体質」に過ぎないのか、「病気」なのかについては、医学界でも見解が分かれています。ですが、身体全体のバランスを整える機能が乱れていることは間違いありません。最近では、冷え性外来もできていますから、一度診断してもらうのもよいでしょう。
    出典 :冷え性とは? | 冷え性改善ガイド
  •  

    体の中心は暖まっているのに
    手足先が冷えていると感じるものを冷え性と
    よんでいるのです

  • 西洋医学の定義とは

  • 内科や婦人科など、西洋の医療の世界では、冷え性という名前の病気は存在しません。末端の血管の血流が悪化し、血行障害を起こしている状態だと捉えているのです。ですから、治療では血行を悪くしている原因を取り除くことに力を注ぎます。冷えの症状が、甲状腺機能の低下など特定の病気によって引き起こされている場合には、西洋医療は強さを発揮します。短期で効果を出すことができるというのも特徴の一つです。
    出典 :冷え性とは? | 冷え性改善ガイド
  • 東洋医学の定義は

  • これに対して、江戸時代までは医学の主流だった東洋医学では、冷え性を「万病の元」として警戒しています。手足の先など特定部分が冷たくて、不快感が6か月以上続くような状態。これを「冷え性」として、きちんと定義しています。からだの中でも、調子が悪い部分が出している危険信号として捉えているわけです。治療では、原因を一つに特定するようなことはしません。ストレスや疲れ、食事の乱れなど様々な生活習慣の乱れによって、病気・症状が発生していると考えます。そのため、総合的な観点から、長期的・根本的な治療を行っていきます。即効性のある治療はできませんが、体質レベル・生活習慣レベルからじっくりと治していくことができるのが特徴です。
    出典 :冷え性とは? | 冷え性改善ガイド
  • 食べ物で冷え性改善

  •  どんなに体を外から温めても、体の中が冷たくては効果がありません。陽性の食品をとって食べ物から得るエネルギーで体を温めて、体質を変えていくことを「食養生」といいます。良く燃えて、体を温めてくれるような食品を取っていくことで、冷え性のつらさも徐々に改善されてくるでしょう。
    出典 :食べ物で冷え性改善|冷え性ドットコム
  •  

    血で冷え性の人は体を温めるだけではなく
    アルカリ性食品を選ぶ事で暖まりやすいからだに
    する事で効果が高まる事もあります

  • ・しょうが
    ・ね ぎ
    ・にんにく
    ・梅干黒焼き 等

    かぜの時に効くとされているものです。温めて飲むほうがより効果があるそうです。
    出典 :食べ物で冷え性改善|冷え性ドットコム
     

    これらの一部はスパイスとしても用いられ昔から健康に良いとされています

  • ・根菜類
    こんにゃく、ごぼう、
    人参、山芋、蓮根
    ・自然塩
    ・塩辛い加工品
    みそ、しょうゆ、梅干、たくあん

    東北などの寒い地方の人がおかずに煮物を良く食べるのもうなづけます。体をホコホコ温めてくれそうです。もちろん津山でもよく食べられます
    出典 :食べ物で冷え性改善|冷え性ドットコム
     

    血液もさらさらになる食品です

  • ・羊肉、豚肉、
     鶏肉、ハム、卵、
     ソーセージ、
     チーズ
    ・貝類、赤身の魚、
     精製塩

    寒いヨーロッパの人たちが良く食べるものが並んでいます。
    そういえばドイツではジャガイモとソーセージが主食だったのは日本より寒いからなのかもしれないですね。
    貧血気味の人はこれらのものを取るように気をつけてください。
    出典 :食べ物で冷え性改善|冷え性ドットコム
     

    生理前の女性は避けた方が無難だといえますね

  • まだまだある食品