眠い!寝ても寝ても眠い!それって【過眠症】かもよ。

うつ病症状の一つである睡眠障害の一種【過眠症】とは?一体どんな?

view914

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 過眠症とは?

  • 睡眠が異常に多くなる疾患(睡眠障害)である。アメリカのNational Institute of Neurological Disorders and Stroke(NINDS)のWebサイトによると、 以下のように記述されている[1]。過眠症は日中の過度の眠気、または長時間の夜間睡眠が繰り返されることによって特徴付けられる。夜間に眠れなくて疲れてしまうのと異なり、過眠症の患者は日中の眠るべきではない場面、仕事中、食事中、会話中などに何度もの居眠りを強いられる。これらの日中の居眠りは通常、症状を和らげない。患者はしばしば長時間の睡眠から起きるのがつらく、ぼんやりしてしまうこともある。他の症状としては、不安、いらだち、活力の欠乏、落ち着かない気分、思考の遅延、発声の遅延、食欲減退、幻覚、そして記憶障害などがある。患者によっては、家庭や社会、仕事などにおいての能力が欠落する。典型的には、過眠症は青年期または若い成人の段階で発見される。
    出典 :過眠症 - Wikipedia
  • こんなはずでは…。

  • 眠りたくないのに…

     

    眠るべきところではない、眠るつもりじゃないのに

    居眠りせずにはいられない!居眠りを強いられる
    又は
    夜眠っているにもかかわらず、日中に強い眠気が生じ起きているのが困難になる状態。

  • 過眠症の一般基準としては?

  • 最低2週間の間常に一日に10時間以上の睡眠を取っているか、もしくは日中に何度も居眠りをしてしまう場合などに過眠症と診断される場合がありますので、もし自分の状態が気になった場合は、速やかに専門医に相談し適切な診断をうけた方が良いでしょう。


    出典 :過眠症チェック
  • 過眠症の様々な要因や原因

  • 過眠症は脳障害や、うつ病、尿毒症、線維筋痛症などにより引き起こされる。また、過眠症はナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、むずむず脚症候群、periodic limb movement disorderなどの他の睡眠障害の症状ともなることがある。また、他の薬(例:うつ病、不安、双極性障害向けの向精神薬等)の副作用や禁断障害、ドラッグやアルコールの乱用でも引き起こされる。Genetic predispositionが一因と考えられている。

    体重過多の人は過眠症になりやすい。過眠症により睡眠過多がエネルギー消費を妨げるので悪化し、減量がさらに難しくなる。

    他の可能性としては、mononucleosisの感染があり、この種の感染直後からの過眠症患者のケースが見つかっている。

    また、過眠症は子供のインフルエンザによっても起こることがある。

    過眠症の原因が特定できない場合、idiopathic hypersomniaと診断される
    出典 :過眠症 - Wikipedia
  • 体重過多による過眠症

     

    体重過多の人は過眠症になりやすい。
    さらに睡眠方によるエネルギー消費の妨げが、減量をさらに難しくさせる。

    まさに【悪循環】。

  • あなたは大丈夫!?過眠症チェック!

  • 過眠症かどうかをチェックするのに【エップワース眠気尺度】というものでの自己診断が一つの目安となります。


    「世界中の医療や、産業保健の現場で広く使われている信頼性が高いテスト」ですので、少しでも気になる人は、一度ご自身で確認をしてみると良いでしょう。

  • ■エップワース眠気尺度

    次の問1~問8の状況下で、あなたは眠ってしまうことがありますか?
    ※「絶対ない:0点」「たまにある:1点」「よくある:2点」「いつもある:3点」で加算してください。

    問1.座って本を読んでいる時。
    問2.テレビを見ている時。
    問3.劇場や映画館や会議など、人が大勢いる場所で座っている時。
    問4.他人が運転する車に乗車して、1時間くらい休憩なしで乗っている時。
    問5.午後、横になって休憩している時。
    問6.座って人と話をしている時。
    問7.昼食後(お酒は飲んでいない状態で)静かに座っている時。
    問8.自分が運転し、踏み切りや信号で数分間待っている時 。


    出典 :貴方は大丈夫!?過眠症チェック
     

    得点の合計が高いほど、日中の眠気が強く、逆に得点が低いほど眠気は弱いという判定になります。

    合計得点が11点以上の場合は、眠気が何かの病気が原因の可能性があります。すぐに睡眠障害の専門医を受診したほうが良いと思われます。

    慢性的な眠気を感じているのなら、時期によっては得点が低くなることもありますので、時期をずらして再評価すると良いでしょう。

  • 過眠症とうつ病

  • 日中に眠気を起こしやすい精神疾患の代表的な病気として、うつ病が知られています。



    うつ病は、発症する人も多く今日、日本では珍しくない病気となっていますが、未だうつ病の発病メカニズムは不明と言われており、最近では非定型のうつ病など新しいタイプのうつ病が多く見られるようになってきています。



    一般的に、うつ病の患者は、過眠よりも不眠を訴えるケースが多くあるようですが、季節性うつ病や、定型的なうつ病と症状が異なる非定型のうつ病では過眠を伴うことが多いといわれており、特に、うつ病の中でも、季節性うつ病では、日中に強い眠気が生じやすいと言われています。



    また定型的なうつ病の場合にも、睡眠障害が伴うと言われており、それが過眠を引き起こす可能性もあります。


    出典 :過眠症とうつ病
  • うつ病自体の症状としても、日中に過度の眠気、つまり過眠が出現することがある

     




    季節性うつ病の場合は、発症に日照時間が影響しているため、体内リズムの乱れが、日中の眠気の原因になっている可能性があります。この場合は、過眠症状が高頻度に出現すると言われています。



    日本の場合は、発症数が欧米よりは低いものの、推定では、うつ病にかかっている日本人の1/4程度しか医療機関を受診しておらず、残りのおよそ3/4の人は、病状で悩んでいても自分が病気であると気づかなかったり、うつ病で医療機関を受診しづらかったりして、適切な医療を受けていないと言われています。

    過眠症で悩んでいる人の中には、うつ病により過眠になっている人が多くいる可能性もあり得ます。