出産に際してもらえる「出産手当」、その仕組みや申請について知ろう!

出産、そしてその後の育児にはとても大きな出費がかかります。少しでも家計を助けるために、もらえる手当てを勉強しましょう。もらえる手当てはもらわなければ損です!

view692

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 出産後の手当てにはどんなものがあるの?

  • 出産に際し申請、そしてもらえる「手当」と言っても、いくつかあります。またもらえる人の条件や申請方法など様々です。ここではそれらについておさらいし、もらえるものは損なくもらっちゃいましょう!

  • 出産育児一時金について教えて!

  •  

    双子の場合、多胎だったと医師にきちんと記載してもたいましょう。

  • ●出産育児一時金

    妊娠そして出産は病気でないので健康保険は適用されません。その代わり出産後に申請すれば申請から2週間~2ヶ月の間で出産育児一時金として出産手当てが子供1人につき42万円が指定講座に振り込まれます。双子ならば出産手当てが84万円もらえます。忘れずに申請をして、出産にかかる費用を軽減しましょう。

  • 出産育児一時金のもらえる条件って?

  • 健康保険または被扶養者の女性が妊娠85日以上で出産した場合にもらえます。一般に出産時に加入している健康保険からもらえますが、退職後6ヶ月以内に出産した場合は働いていた会社の健康保険から出産手当てをもらうことになります。妊娠85日以上であれば、流産や死産と場合でももらうことが出来ます。


  • 出産育児一時金の申請方法は?

  • 役所または産院で出産育児一時金請求書の用紙をもらい、出産した病院で必要事項を記入してもらい、市町村の役所に提出します。
    お問い合わせがある場合は、市町村の国民健康保険担当課または自分の会社の総務人事部(保険担当)まで。

  • 出産手当金について教えて!

  • 出産のために会社を休んで、十分な給料の支払がなくなった場合に、所得を補償する制度として「出産手当金」という制度があります。

    しかし、この出産手当金は健康保険に加入している場合に支給されるもので、自営業者等が加入する国民健康保険にはない制度です。また、被扶養者には支給されませんので注意が必要です。

  • 出産手当金のもらえる条件って?

  • 出産者自身が、勤め先の健康保険に1年以上加入している女性で、出産後も働かなければいけません。出産を機に退職する場合は退職から6ヶ月以内に出産することが条件です。

  •  

    働くママを応援する「出産手当金」。キャリアと子育てを両立する女性の味方です。

  • 出産手当金の申請方法は?

  • 産休をとる前に、所属する会社または会社を管轄する社会保険事務所で書類をもらいます。出産後、退院するまでに担当医に必要事項を記入してもらい、次に会社に提出して必要事項を記入してもらい会社の健康保険窓口または社会保険事務所に提出して、申請します。

  • 育児休業給付金って何?

  • 産休終了後、翌日から赤ちゃんが1歳になるまで休暇が取れる育児休業制度の間の経済面をサポートするための出産手当です。

  • 育児休業給付金のもらえる条件は?

  • 育児休業をとる前の2年間、ひと月に11日以上働いた月が合計12ヶ月以上あり、会社の雇用保険に入っていることが条件となっています。

  • 育児休業給付金の申請方法は?

  • 産休をとる前に所属する会社の、総務人事の担当窓口で申請用紙と受給資格確認証をもらい、必要事項を記入します。
    その後、総務人事へ提出します。