妊娠中期に体重がバーンと増えてびっくり!!どのくらい増えてもいいの?

妊娠すると、当たり前ですが体重が増えますよね。とは言え、産後のダイエットも気になるところ。人によっては、妊娠中期にどーんと体重が増えて驚く人も。では、どのくらい増えても大丈夫なのでしょう?妊娠中期に体重が増えすぎるとお医者さんに怒られます!

view31708

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中期に体重の目安ってあるの?

  • 妊娠中期に体重が増えすぎると起こられる!という話を聞いたことがありませんか?体重管理に関しては妊婦さんが一番悩む点かもしれません。

  •  

    太り過ぎも、増えなさすぎも心配です。

    一般的には体重が増えすぎているときに医師に注意されます。今は昔より体重の増加は少なめに考えている医師も多いそうです。少なすぎでも赤ちゃんが順調に育っていれば問題はなし、でも体重の増えすぎは胎児に影響が出る可能性もあるため注意されてしまうのです。

  • 妊娠初期の体重増加の目安

  •  

    BMI値の推移を目安にやせor太り過ぎを判断しましょう。

    このような表をつかって体重管理をやっておくと良いですね。しかし、体重の変化は多少個人差があるため、このラインからはみ出ているからといって、必要以上に心配する必要はありません。妊娠中期ならまだ体重管理をする余裕があるため、今からでもよいので意識を変えてみましょう。

  • 妊娠初期に増えた体重はほとんどが脂肪なんだとか。初期に食べ過ぎちゃった方は、一気に体重も増えがち。つわりが有る無いに影響されやすいといえます。

  • 妊娠中期の体重増加の目安

  •  

    つわりが終わると、食欲が戻ってきた!

    ご飯が美味しく食べられる喜びを実感するはず。また、赤ちゃんも少しずつ大きくなってくるため、食欲が増して直ぐにお腹が空きやすくなります。ついつい2人分と意識して食べてしまうと、体重の増えすぎになるため注意しましょう。

    摂取カロリーを2人分というよりは、栄養を2人分摂ることを意識すると良いですよ。カロリーが少なくても栄養がたっぷり入っている食事をすればいいわけです。

  • 安定期に入ると、つわりもなくなり、食べ物がおいしく感じられるようになりますね。イベントなどでの食べ過ぎに注意!

  • 元々の体重によっても変わってくる

     

    妊娠中期になると体重の増加は3~4キログラム程度が目安となります。体調もよくなりつわりが終了して食欲が出る時期です。
    1週間に400gくらいが増加の許容範囲です。

    しかし、元々の体重によってもその後のリスクが変わってくるため、肥満型の人はより体重の増加に注意しなければなりません。痩せ型なら多少増えすぎてもOKです。

  • 妊娠後期の体重増加の目安

  •  

    家事を無理のない範囲で積極的に行い、身体を動かしましょう。

    体重が多すぎるからといって、無理なダイエットは必要ありません。家事を一生懸命やっていれば良い運動になるものです。買い物に歩いて行ったり、家の中を綺麗にするくらいの気持ちで大丈夫。

    食事のコントロールはやりすぎると赤ちゃんの栄養も不足しがちなため、間食を控えるなど少しずつ実践するようにしましょう。

  • 妊娠後期になると4週間で1kg増加してきます。1週間では250グラム程度の増加まで、1ヶ月に2キロも3キロも増えているようなら食べすぎです。

  • アメリカでは、妊娠中の体重増加の許容範囲も広い!?

  • お国が違えば、やはり、妊娠中の体重増加に関する考え方も違うようです。

    アメリカでは体重が11.3キログラム~18.1キログラムなら教養範囲としています。これは政府がすすめている数値で、Body Mass Indexとも呼ばれています。しかし、明確には痩せ型や標準体重、肥満型と3つのタイプに分けているため、誰でも18キログラム増えてよいわけではありません。

  • 日本は海外から見ても基準が厳しい

     

    日本では妊婦さんの体重管理は厳しい傾向があります。

    最近では7キログラム~8キログラム程度の増加が適切とされているのです。妊娠初期に一気に3キログラムくらい太ったら、もうあっという間です。
    これ以上増えると妊婦検診の際に怒られる人も。
    だからこそ日本人の方は、検診の際に少しでも体重を減らすため薄着をして工夫するともいわれてます。

    そこまで厳しいのも全て赤ちゃんのため。
    カロリーオーバーで影響が出やすい日本人は、海外と比べても大変なようです。