朝は素洗い!はじめませんか【毛穴・テカリ・乾燥】洗顔料は夜だけ!

寒い朝、忙しい朝…そんな時でも洗顔ネットでもこもこ泡を作成して…
けど正直時間もないし、結局午前中にはテカリが激しいなんて人いませんか?
一度、朝だけ洗顔【料】をやめてみましょう♪意外な効果が…!

view467

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ■日中メイクの悩み■

  • 1.極度なテカリ

     

    主に顔の中心(Tゾーン)、そして人によっては頬のテカリ、場合によっては鼻下までテッカテカ…
    午前中から油田状態は悲しい…

  • 2.ファンデーションの毛穴落ち

     

    目の下、頬一体に広がるぽこぽこ毛穴にファンデーションがずるんと落ちてしまって無残な状態に…
    それ程厚塗りしてなくてもなってしまうんですよね…

  • 3.カサカサ乾燥肌によりメイクがのらない

     

    Tゾーンはドロドロ!なのに口周り、頬はカサついて粉ふき状態!
    下地やクリームで落ち着かせてもなぜかファンデーションが浮いてしまう…

  • せっかくメイクをするなら肌トラブルのない、つるんとした卵肌を目指したい!

  • ■メイクの前にやることと言えば…洗顔!まずはここから変えてみましょう■

  • 一番大事なのは朝起きたときの洗顔。洗顔料でしっかり洗う方が多いと思いますが、朝は水のみで洗顔をします。両手に水を溜めてパシャパシャというのを4,5回繰り返して終了。水分をしっかりタオルで拭いて、化粧水等で保湿します
    出典 :美肌を目指すあなたに!朝の水洗顔のやり方 | nanapi [ナナピ]
     

    そう、洗顔料は使わず水だけで洗ってみてください。
    余分な皮脂は洗顔で落ちます。残った皮脂は必要保護膜と考えてみましょう♪

  • 朝の肌はどうでしょう。寝ている間に出た皮脂や老廃物、汗が付着している程度ですよね? そのくらいなら、洗顔料を使わずにぬるま湯で洗うだけでも、十分に落とすことができるんです。それなのに、洗顔料を使って一生懸命顔を洗ってしまうと、肌が本来持っている皮脂や保湿成分まで落とすことになり、余計に乾燥したり、テカったりするようになるのです。
    出典 :有名モデルや女優がこぞって「朝ぬるま湯洗顔」をやる本当の理由 - ビューティニュース - MSNライフスタイル
     

    全ての皮脂を取りきることが、テカリを防ぐ一番の方法だと思ったら間違いだったのです。
    確かに、睡眠中はメイクをしていない!前日の夜にしっかりクレンジング・洗顔をすませていればメイク汚れはどこにもないのです。

  • 肌に負担をかけず、肌に大切な「守りの皮脂」を残す洗顔法をマスターしましょう。
    洗顔料やクレンジング剤の使用はその日の皮膚の状態に合わせて。1日に1回でも充分。朝の洗顔は、水だけで洗う「素洗い」でもOKです。
    必ずしも毎日W洗顔をする必要はありません。気になるときは、TゾーンのみW洗顔を。
    水温は、水が基本。寒い時期は、夏場の水温くらいに調節するとよいでしょう。
    出典 :間違った洗顔法、していませんか? | 皮膚科 | +Wellness プラスウェルネス
     

    やはり1日に1回の使用だけで十分な様子。素洗いは非常に注目されていることがうかがえます!
    そしてあまり高温での素洗いもよくありません。大切な守りの皮脂まで奪われてしまいます。
    どちらにせよ、自分の肌状態に合わせたケアが必要なのですね。

  • 私は朝の洗顔を水で流すだけに変えてからまったくニキビが出なくなりました!ずっと洗い過ぎだったのね。。。
     

    洗うばかりがいいのではない様子。
    適度な油分を残す、そして汚れはしっかり落とす、というのが鉄則です!

  • 【少女時代:スヨンの洗顔法】 ・洗顔後はフェイスオイルを使用! ・朝は水だけで洗顔!
  • 超簡単なニキビの治し方!! 水洗顔という選択 - 更新しました。にきびに悩んでいる人はぜひ見てくださいhttp://t.co/PFjT5YuNP2
     

    ニキビをなくして美肌を目指したい!高価な化粧品やエステだけがいいわけではない様です。
    とにかく人間が毎日必ずする事!洗顔を見直すことから始めてみましょう。

  • あの有名な美肌名人、佐伯チズ先生も推奨!

     

    佐伯式朝洗顔!まさに、ぬるま湯だけの素洗いを実践、推奨している美のスペシャリストです。
    このお年でこの肌を保っているのをみれば、朝の素洗いがいかにいかがわかります。

  • 少女時代スヨンも!

     

    朝は水だけ洗顔の実践者とか。