【危険?安全?】カロリー0についての真実を知ろう

ジュースに限らずお菓子やお酒にもカロリー0の商品が増えてきましたね。でもその真実について知らない人が多いということで、カロリー0の食品・飲み物について調べてみました。

view399

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • カロリー0とは

  • 近年、多くの食品には健康やダイエットを意識した強調表示が目立っている。「ノンカロリー」や「カロリー0(ゼロ)」というのもその一つである。これらの表示により、その商品には糖類が全く含まれていないのかと言うとそうも言い切れない。
    このような強調表示には基準が定められており、エネルギーの含有量が、飲料又は食品100mlあたり5kcal以下であれば、無糖やノンカロリー、カロリー0などの何れかを表示できることになっている。

    ― 中略 ―

    しかし、エネルギー量が少なくても含まれていることに変わりはない。積み重なると大きなエネルギーになる可能性もあるので、過剰摂取には気をつけた方が良い。
    出典 :【カロリー】 摂取カロリー・消費カロリー/過剰摂取の太る仕組み | ダイエットSlism
  • 0ってゼロ=何もないという意味ではなかったんですね(゚д゚)!

  • カロリー0なのに甘いのはなぜ?

  • 人工甘味料を添加しているから!
    人工甘味料にももちろんカロリーはあります。しかし、砂糖の何百倍という甘さがあるので、使用料が極わずかでOKなんです。
    よって、カロリーゼロになるという仕組み(´∀`)
    出典 :衝撃!カロリーゼロの人工甘味料は砂糖より太りやすい | 美肌マニアの美容情報
  • 甘味料の使用量が少ないからカロリーをほぼ0まで抑えられたということだったんですね。

  • 人工甘味料とは

  • 合成技術などを使って人工的に作り出した甘味料。戦後の砂糖不足の代替物質として使用されていたが、同じ質量で砂糖の数百倍~数千倍の甘さを持つ物質の開発が進んだことで、ダイエットなどの用途として需要が拡大した。すべて食品添加物としての認可を受けている。
    米国を中心に海外での消費が圧倒的に多く、日本では1割にも満たないという。
    一方で、砂糖使用量が多いロシア、東欧、南米ではほとんど普及していない
      D-トリプトファン(アミノ酸の一種)
      アスパルテーム
    出典 :人工甘味料/キシリトール/
  • アスパルテームが使われている食品

  • アスパルテームは砂糖によく似た甘味質を持っています。他の高甘味度甘味料に比べてくせや苦みがなく、自然な甘味で食品の味わいをひきたてます。
    出典 :【味の素KK】知る・楽しむ|アミノ酸大百科|カロリーセーブとアミノ酸の関係
  • これは便利なものだな~と思う反面、あまりにも便利すぎてちょっと怖いような気もしますね^^;

  • アスパルテームは世界で最も論争を呼んでいる人工甘味料

  • 世界では、アスパルテームの危険性を研究・発表している団体も出てきているようですよ。

  • アスパルテームの大部分を構成するフェニルアラニンとアスパラギン酸は、自然の食物の中にも存在するアミノ酸ですが、単体で摂取すると両方とも脳細胞(ニューロン)を興奮させすぎて死に至らしめる興奮性毒であることが判明しているのです。
    出典 :疑惑の甘味料”アスパルテーム”
  • 糖分の摂り過ぎはよくないというのは、自然のものだけでなく人工甘味料にも言えることなんでしょうね。