しっかりとした治療で不眠は治る?

不眠は肉体や精神の健康を害してしまうとても恐ろしい病気の一つです。
しかし、病気である以上はかならず治療法も存在しています。しっかりとした治療を受けて不眠を治して行きましょう。
時には専門の病院で治療を受けることも必要となります。

view308

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不眠は治療によって治る病気です。原因と治療法をしっかりと知りましょう!

  • 不眠と他の病気との大きな違いは、その原因によって治療法が異なるという点です。しっかりと原因に応じた治療を受けるようにしましょう。

  • 良い目覚めのために

     

    どうも目覚めが良くない…。そんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?
    これが不眠のシグナルの一つです。

  • 周囲の方が、すやすやと寝息を立てて眠っている最中に、人知れず、悶々と布団の中で睡眠と格闘する。
    これは当の本人にしか分かりようのない苦悩であり、不眠症を患ったことのない方には、到底こうした苦しみを共有することはできないでしょう。



    不眠症とは、病です。
    病気である以上は、治療し改善する必要があります。
    そしてこの不眠症は、我々日本人の5人に1人が症状を訴えるように、誰にとっても縁遠い病気ではないのです。
    出典 :睡眠障害を治療しよう!不眠症110番
     

    不眠症は治療が必要な病気であることを認識しましょう。

  •  誰しも「眠ろうとしてもどうしても眠れない」という不眠体験をもっています。心配事がある時、試験前日、旅行先などさまざまな原因がありますが、通常は数日から数週のうちにまた眠れるようになります。しかし、時には不眠が改善せず1ヶ月以上にわたって続く場合があります。
    不眠が続くと日中にさまざまな不調が出現するようになります。倦怠感、意欲低下、集中力低下、抑うつ、頭重、めまい、食欲不振など多岐にわたります。
    このように、1)長期間にわたり夜間の不眠が続き、2)日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する、この二つが認められたとき不眠症と診断されます。
    出典 :不眠症|e-ヘルスネット[情報提供]
     

    不眠症とは何なのかを知ることも重要です。

  • 1.適応性不眠
    ストレスからくる睡眠障害で、ストレスが解消されたり、ストレスに適応すると治ります。ストレスはネガティブなものに限らず、楽しいことなどで興奮した状態で眠れなくなることもあります。

    2.幼年期の行動からくる不眠
    親や保護者が子どもをキッチリと寝かせないことで起こる睡眠障害。決まった時間に子どもを寝かせると正常な睡眠をとれるようになりますが、就寝時刻があやふやだと夜に何度も目が覚めるようになってしまいます。

    3.特発性疾患による不眠
    幼年期に始まり成年期まで続く睡眠障害。体内のバランスが崩れて、覚醒機構が強く働きすぎたり、逆に睡眠機構がうまく働いていないことなどが理由と思われていますが、ハッキリした原因は不明です。

    4.薬物による不眠
    薬物治療の副作用やカフェインの摂取、アルコール系溶剤の使用などで起こる睡眠障害。使用中だけでなく使用を止めた時にも発生する可能性があります。

    5.健康障害による不眠
    他の病気による痛みなどが理由で、眠るのが困難になったり、夜に何度も目を覚ましてしまう症状。

    6.精神障害による不眠
    精神衛生の悪化の兆候として現れる睡眠障害。不眠のレベルがそのまま精神状態に直結しています。

    7.身体的原因に関係しない不眠
    根本的なメンタル・ヘルス障害や、心理的要因、分割睡眠による不眠。不眠症を持った人が別のタイプの不眠症の基準を満たさないときに分類されるそうです。

    8.精神的原因に関係しない不眠
    内科疾患や健康状態によって起こるが特定の原因がわからない不眠。明確な原因を発見するには更なるテストが必要。

    9.逆説的不眠
    客観的な睡眠障害の形跡なしで現れる不眠。眠っている状態なのに本人は目覚めていたと感じるもので、たっぷり寝ていても自分の睡眠時間を過小評価したりしています。

    10.精神心理学的な不眠
    睡眠が取れていないという過度の不安からなる不眠。突然発症した後、不安で眠れない日々が積み重なることで、年月を経てゆっくりと症状が悪化。家以外だと普通に眠れる場合もあるそうです。
    出典 :不眠症になる10の原因 - GIGAZINE
     

    不眠になる原因を知りましょう!

  • しっかりとした治療で不眠を克服しよう!

  • 不眠を病気であると認識していない人も少なくないようです。しかし、これは心や体の健康を脅かすおそろしい病気です。

  • あなたがなかなか眠れないで困っているとしたら、寝る前の習慣が原因のひとつかもしれません。不眠症の治療は、お薬による治療ばかりではありません。間違った睡眠習慣を改めることや、眠りに対するこだわりや不安を解消することも大切です。また、体の病気や心の病気が眠れない原因になっているとしたら、まずはその治療が必要です。ときに、治療中の病気のお薬が原因となる場合もあります。いずれにしても、自分だけで判断しないで医師に相談することをお勧めします。不眠症治療の正しい知識を身につけましょう。
    出典 :不眠症の治療とは? | 体内時計.jp
     

    お薬を使うものと使わないものがあるんですね!

  • 不眠の治療にはやはり専門家による診察が必要となります。不眠かな、と思ったら一度病院で診察を受けてみるようにしましょう。

  • 私たち人間の理想的な睡眠時間は、7時間とも8時間とも言われています。
    だからといって、これに該当しない人たちを不眠症とは言いません。


    人によっては日々5時間の睡眠時間をとって、規則正しい生活を築いている方もいるでしょう。
    もっといえば、2~3時間の睡眠であったとしても、不眠を訴えることなく、快適な生活を続けている人だっているはずです。
    このように、不眠症は単に睡眠時間からは図ることができない難しさがあり、睡眠時間の長短で一概に括ることはできないのです。
    出典 :睡眠障害を治療しよう!不眠症110番
     

    不眠症の定義とはどのようなものなのでしょう?

  • 不眠症にならないためには?

  • 不眠の要因となる不適切な睡眠衛生には以下のようなものがあります。

    ・生活が不規則であり、就寝・起床時刻が毎日ばらついていること。

    ・昼寝を長くとりすぎること。

    ・コーヒー・紅茶など覚醒作用のあるカフェインの含まれた飲み物をたくさん摂取すること。

    ・運動不足。

    ・過度の飲酒。

    ・過度の喫煙。

    ・就寝前にテレビを見る、パソコン作業をするなど神経を高ぶらせること。

    ・寝心地の悪い寝装・寝具で寝ること。

    ・不快な睡眠環境(暑すぎる、寒すぎる、明るすぎる、騒がしいなど)で寝ること。

    ・就寝後、あれこれと物思いに耽ること。

    ・夜更かしすること。
    出典 :不適切な睡眠衛生による不眠症
     

    生活スタイルの改善が大切です!

  • 快適な睡眠で健康に

     

    不眠をしっかりと治療すれば、快適な睡眠と共に健康な心身を得ることができるでしょう。