正しい睡眠で得られる健康効果と美容効果

正しい睡眠をとれば、身体に良いことばかりです。逆に、睡眠不足や不規則な睡眠は不健康を招きます。

view241

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • •記憶を定着させる
    •成長ホルモンやプロラクチンによって、けがを治したり美肌効果がある
    •コルチゾールという物質によって免疫力がつき、病気にかかりにくくなる
    •血圧が下がり、心拍数・呼吸数が減り、リラックスモードになる
    出典 :睡眠の効果【体に優しい睡眠法】
     

    レム睡眠の効果です。

  • •脳の疲れをとって、情報処理を正しくする
    •精神的な安定、ストレスを減らす
    出典 :睡眠の効果【体に優しい睡眠法】
     

    ノンレム睡眠の効果です。

  • 6時間以上のまとまった睡眠時間を確保することです。入眠後、1時間から3時間経過後くらいから成長ホルモンの分泌量が増え、それによって肌代謝が活性化されるという肌再生メカニズムを考慮した時間です。


    出典 :美容と睡眠の関係|美容アドバイザーとしての活動と・・・
     

    6時間以上とれるように、生活の時間を整えましょうね。

  • 肌のゴールデンタイムが午後10時から午前2時になっている理由は、人間の体温変化にあります。
    人の体は、午後から夕方にかけて体温が高くなり、夜からは体温が下がっていきます。
    そしてちょうど夜中の2時ごろに、体温はもっとも低くなります。

    つまり、筋肉や皮膚組織などを修復するゴールデンタイム=「体温が下がっていく時間帯」なのです。 

    出典 :夜型の人が太りやすい理由と、夜更かししてしまった日の応急処置方法 | 美肌マニアの美容情報
     

    10時~2時の理由は体温だったんですね。

  • 「筋肉や皮膚組織などの修復」がもっとも活発に行われるのが、夜10時から2時、いわゆる「肌のゴールデンタイム」なんです。
    代謝率が高い体にするには、この時間のうちに眠り、成長ホルモンを分泌させることが重要とされていますが、夜型だとこの時間にほとんど、あるいはまったく眠らないため、睡眠の質が極端に悪い状態となってしまうんです。
    同じ「睡眠時間6時間」でも、12時~6時と、2時~8時では、まるで質が違います。「確かに夜型だけど、その分朝ギリギリまで寝てるからいいじゃん」というわけではないんですよ。

    出典 :夜型の人が太りやすい理由と、夜更かししてしまった日の応急処置方法 | 美肌マニアの美容情報
     

    寝ればいいってものではないんです。

  • 睡眠がダイエットに効く理由

     

    ダイエットを成功させるための不可欠条件のひとつは、「質のいい睡眠をとること」です。
    なぜなら、筋肉や皮膚組織などの修復は寝ている間に行われ、その助けとなる成長ホルモンも寝ている時に分泌されるからです。
    睡眠中に、筋肉や皮膚組織などの修復がどこまで上手くいくかどうかで、あなたの体の状態も変わってきます。
    修復が上手くいけば、健康で代謝率がいいダイエットに適した体になれますが、逆に修復があまりできていない状態だと、代謝もままなりません。

  • アメリカの肥満率の調査によると睡眠時間が6時間未満は33%、7~8時間22%、9時間以上26%という結果がでています。睡眠は長すぎても肥満の原因になるんですね(´Д`;)
    また、睡眠時間が短い人は、8時間睡眠の人に比べ、血中のグレリンが14.9%も多く、食欲を抑制するレプチンが15.5%も少ないこともわかっています。

    出典 :睡眠不足は太る!睡眠とダイエットの関係 | 美肌マニアの美容情報
     

    睡眠は長すぎてもだめなんですよ。

  • 睡眠時間が不規則になりがちな人と、規則正しいライフスタイルを送っている人とを比べたとき、BMIが26以上になる確率は5倍以上だそう。BMIは22が最も病気になりにくいとされおり、数字が大きくなると、生活習慣病を発症する確率も必然的に高くなります。

    出典 :睡眠不足は太る!睡眠とダイエットの関係 | 美肌マニアの美容情報
     

    痩せたいなら、規則正しい睡眠をとりなさい。

  • 朝型の人と夜型の人で、同じ食事を6時間起きに摂った場合でも、夜型の人のほうが消費カロリーが16Kcal少なかったそう。夜型は副交感神経が優位に働き、体はため込みモードになるため、カロリーを消費しにくいんです。

    出典 :睡眠不足は太る!睡眠とダイエットの関係 | 美肌マニアの美容情報
     

    睡眠リズムを整えて、朝型になるとダイエット効果が得られます。

  • 睡眠の時間や量は、生活習慣病の発症とも深く関わっています。睡眠時間をしっかり確保してグッスリ眠るだけで、アルツハイマー型認知症や生活習慣病の予防ができるわけです。健康で長生きすれば、自分がやりたいことをたくさんできますから、今の睡眠を見直して改善できることは少しずつ変えていくことをお勧めします。

    出典 :じぇじぇじぇ! 2013年下半期の特選・睡眠ニュース [睡眠] All About
     

    とにかく、健康で長生きするためには、適切な睡眠をとりましょう。

  • 睡眠が障害されると認知機能が低下する

     

    アルツハイマー型認知症の患者さんでは、脳にアミロイドβ(ベータ)という物質が沈着します。平均年齢76歳のアメリカの高齢者を対象とした研究で、睡眠時間が短かったり睡眠の質が悪いと、アミロイドβの沈着が増えることが分かりました。


  • 長野県教育委員会では、「朝練は睡眠不足を招き、子どもの成長に弊害がある」と判断し、中学校での朝練を原則禁止にすることを決めました。文部科学省によると、県教育委員会による朝練禁止は、全国初の試みのようです。

    出典 :じぇじぇじぇ! 2013年下半期の特選・睡眠ニュース [睡眠] All About
     

    ついに教育委員会が睡眠の重要性を理解しました。

  • 睡眠リズムをつくることが大切

     

    朝起きたら太陽の光をしっかり浴びましょう。夜のあいだにたくさん出ていたメラトニンは、明るい光を見ると急激に少なくなります。そして、この時刻から14~16時間たつと、再び松果体からの分泌が始まって眠気が強くなってきます。

  • 睡眠時間は、平均や「8時間」にこだわる必要はなく、自分にとって適切な睡眠時間を見つけることが大切です。
    朝、目が覚めた時、眠気やだるさがないこと。午後2時前後をのぞいて強い眠気を感じないこと。1日を元気に過ごせること。
    これらの条件を満たしていれば、それは睡眠時間が足りている、あなたにとっての適切な睡眠時間だといってよいでしょう。
    出典 :健康的な睡眠時間・・・世代や個人差を知ることが大切! | ねむりラボ
     

    最適睡眠時間を見つけましょう。

  • 一般的に死亡リスク・生活習慣病リスクが低いのは、睡眠時間7時間前後であると言われています。

    出典 :健康的な睡眠時間・・・世代や個人差を知ることが大切! | ねむりラボ
     

    睡眠時間は人それぞれですが、統計上は7時間前後がよいみたいですね。

  • 肌のハリには、年齢を重ねるほど同年代の中でも非常にバラツキがあるのです。例えば、40代でも50代や60代の方なみのシワやハリの程度の方もいますし、逆に30代、40代でも20代の肌を維持している方もいらっしゃるということです。これはひとえに「生活習慣の違い」や、睡眠不足を放置せず「良質な睡眠」を取るように心がけているかどうかが原因だと考えられます。

    出典 :女性に顕著な差 “かくれ不眠”は肌トラブルの原因!? (中編) | ウーマンエキサイト・トピックス
     

    年齢を重ねて表れる良質な睡眠の効果です。

  • 睡眠ホルモンともよばれる「メラトニン」や、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」は、私たちの健康と美をサポートしてくれる強い味方です。睡眠不足だと、きちんと体内で分泌されませんので肌も衰えてしまいます。「美肌づくり」の基本は「良質な睡眠」です。

    出典 :女性に顕著な差 “かくれ不眠”は肌トラブルの原因!? (中編) | ウーマンエキサイト・トピックス
     

    美肌に睡眠は欠かせません。