肺がんリスクを下げて長生きするためにするべきこと

現在でも肺がんを患う人は多いです。今回は肺がん予防になることをまとめてみました。

view239

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺がんを予防する最大の方法は、禁煙することです。たばこの発がん物質は、喫煙により体内に取り込まれ、血液に乗って細胞内のDNA(遺伝子)を傷つけ、細胞が分裂する際にコピーエラーを起こし、DNAの突然変異を起こすと考えられています。

    この遺伝子変異をきっかけに、複数の要素が関係し合って、段階的にがん化していくことから、肺がんに限らず、全身の臓器に影響を与えさまざまな疾病のリスクを高めます。
    出典 :禁煙で、肺がん予防|たまむすびけんぽ:たまむすび 協会けんぽ 健康サポート
     

    一番の予防はやっぱりこれですよね。

  • 最近は非喫煙者の肺がんも少なくありませんが、その際、他人の吐いたたばこの煙を吸うことによって肺がんになりやすくなることも知られています。これを受動喫煙といいますが、夫がヘビースモーカーの場合、妻の肺がんの危険は2-3倍程度上昇するといわれています。
    出典 :肺がん | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
     

    大事な奥さんまで危険にさらすことになりますよ。

  •  

    たばこの値段も上がる一方ですし、肺がん予防のために禁煙してみませんか。

  • 肺がんは遺伝が少し関わってくることもありますので、血縁者が肺がんにかかったことがあるのであれば、肺がんにかかる可能性があります。
    だから検査を受けることで予防になるといえるでしょう。
    出典 :肺がんを予防するには?
     

    親族に肺がんを患った方がいるのでしたら、検診は十分に予防になりえます。

  •  

    一定の年齢以上の方なら自治体での無料検診を利用できます。

  • 成人を超えるとどうしても人間の体力は落ちてきます。


    適度な運動もがん予防のひとつになります。


    例えば1日1時間の歩行運動だけでも全然運動をしないより違ってきます。
    出典 :肺がん予防
     

    1日1時間はつらいですね。

  •  

    すぐに1時間の運動は無理ですから、少しの時間から始めてみましょう。

  • 水分の摂取

    人間の体において、水は不可欠な要素です。栄養の消化・吸収等において欠かすことができませんので、しっかり水分を補給しましょう。
    出典 :肺がんの予防
     

    水分の摂取も予防になるのですね。

  •  

    水分は体の代謝に必要ですから、必ずこまめに補給しましょう。

  • カロテノイドにも抗酸化作用の働きがあり、肺を守る効果があるといわれています。カロテノイドには、ルテイン、ベータカロチン、リコピンなどがあります。カロテノイドを豊富に含む食品には、人参、ほうれん草、パパイヤ、マンゴ、トマト、赤ピーマンなどがあります。
    出典 :肺がんを予防する!4つの栄養対策 [食と健康] All About
     

    色鮮やかな野菜が多いですね。

  •  

    夏ならトマト、冬ならほうれん草というように季節に合わせて予防効果のある野菜を食べましょう。

  • 肺がんの発症リスクを抑える効果があるとされる食物は、ビタミンCを多く含むパセリやピーマンなどの緑黄色野菜、レモン、アセロラ、キウイフルーツ、イチゴなどの果物がよいとされ、さらには、サツマイモや玉ネギ、ワインや紅茶なども効果的であるといわれています。
    出典 :肺がんを予防する食べ物 肺がんのことご存知ですか?肺がんについて知っておこう
     

    果物は食べやすいですね。

  •  

    お菓子を食べるぐらいなら、果物を食べて肺がんのリスクを下げましょう。

  • 大豆に含まれるフィトエストロゲンに 予防 効果があると示唆しているリサーチもあります。豆腐、納豆などの大豆製品は日本が世界に誇れる健康食品です。大豆製品には、 肺がん 予防だけでなく、さまざまな健康効果があります。
    出典 :肺がんを予防する!4つの栄養対策 [食と健康] All About
     

    大豆に関してはまだ研究中のようですが、肺がん予防になる可能性は大きいようです。

  •  

    大豆を使った製品は納豆や豆腐など豊富にありますので、ほとんどの方は1日一回ぐらいは食べているのではないでしょうか。