自覚症状がない?「妊娠糖尿病の症状」を知って発見に努めよう

胎児に影響が出る前に、妊娠糖尿病の症状をしって早く見つけよう。

view189

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠糖尿病とは

  • 妊娠糖尿病は、上昇した血糖値を正常に戻す能力の低下が妊娠中に起きるか、初めて発見される病気。妊娠をきっかけにインスリンの働きが落ち、インスリン分泌量が十分に増えずに血糖値が高くなる状態が妊娠糖尿病です
    出典 :妊娠|妊娠の兆候・妊娠糖尿病
     

    血糖値が高くなりすぎるのも怖いですよね

  • ●空腹時血糖値(1dlあたり92mg以上)●75mgブドウ糖負荷試験の1時間後の血糖値(1dlあたり180mg以上)●2時間後の血糖値(1dlあたり153mg以上)の3つの検査値のうち、1項目でも該当した場合、「妊娠糖尿病」と診断されます。
    出典 :妊娠|妊娠の兆候・妊娠糖尿病
     

    これらの条件にあった人が診断をされる事になるのです

  • 発見は尿検査の場合も!?

  • 特に自覚症状はなかったのですが、妊娠5カ月の終わりぐらいから、健診の尿検査で何回か糖が++になりました。血液検査を受けたところ、数値が基準値を超えていることが判明。妊娠前に血糖値が高くなったことは一度もなかったし、特に甘いお菓子類が好きなほうでもありません。
    出典 :妊娠糖尿病 - gooベビー
     

    このような事があるので、どうしても発見を早くしたいのです

  • 妊娠糖尿病とは

     

    糖尿病になるような体質ではない人でもびっくりする位簡単になってしまうのです。それなら早めに何とかしないといけませんよね。食べられるものが限られていて、同じものを食べ続けていたらなったなんて人も不思議ではないのです。

  • 妊娠糖尿病の症状とは

  • 血圧が上がったり、貧血や手足のむくみなど妊娠特有の症状がさらにひどくなり、入院しなければならない場合も。とはいえ、どのレベルで妊娠糖尿病とするかという基準が、国際的にもまだ統一されていないのです。高血糖の母体は、お腹の中の赤ちゃんに危険をもたらします。
    出典 :妊娠糖尿病の症状と治療
  • ブドウ糖はエネルギー源として大切なものだけれども、胎児が必要とする以上に与えられると、余ったブドウ糖をせっせと脂肪に代謝して蓄えてしまい、お腹の中で肥満児になってしまう原因になるのです。その結果、正常な分娩ができなくなって帝王切開をしたり、新生児の高インスリン血症や低血糖に結びついてしまいます。
    出典 :妊娠糖尿病の症状と治療
     

    正常な分娩も出来なくなってしまうのです

  • 母体のほうも妊娠合併症を起こしやすくなり、早産や胎児難産の確立が高くなります。両親のどちらかが糖尿病だったり、25歳以上の妊娠や太り気味だと妊娠糖尿病のリスクは高くなります。妊娠糖尿になったママは産後、本物の糖尿病になるおそれもあります。
    出典 :妊娠糖尿病の症状と治療
     

    このような危険性があるからこそ何とかしたいものです

  • 血糖値が異常な数値を記録し、高血糖状態になる
    初期症状や自覚症状はない
    出典 :妊娠糖尿病 症状 原因 | 糖尿病の初期症状と食事.net
     

    代表的なものはこれですね

  • ここは知っておいて!

  • 糖尿病の初期のうちは、自覚症状はほとんどありません。のどが渇いて水分を多量にとったり、尿の量が多くなるといった状態になるのは、かなり進行してからです。「なりやすい人」の項目にあてはまる場合は、特に注意を。
    出典 :妊娠糖尿病 - gooベビー
  • 1.糖尿病の家系。特に実母が糖尿病の場合 2.過食傾向がある 3.巨大児の出産経験がある 4.胎児の推定体重が重い 5.肥満 6.急激に体重が増加している人など。
    出典 :妊娠糖尿病 - gooベビー
  • 妊娠糖尿病予防は

     

    妊娠糖尿病予防も可能です。カロリーオーバーの原因となる食べ過ぎをなくして、バランスの良い食生活をおくる事が重要になってきます。気をつけましょうね。