ニキビの芯 - どう対処すべきか?

ニキビの中心に見える芯、気になりますよね。これって取ってもいいの?取ると余計ひどくなる?跡が残っちゃうかも?色々な疑問があると思います。ニキビの芯は何なのか、どう対応すればよいかをご紹介していきます。

view551

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ニキビの芯って何?

  • ニキビの芯は、角栓(コメド)といいます。皮脂の分泌過剰や、肌のターンオーバーが乱れると、角質が増殖して、毛穴が詰まってしまいます。そして、ゴマのような塊りが、できてしまうのです。

    白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビと、色々種類がありますが、角栓ができてしまった毛穴の周りが、炎症を起こしたものが、これらのニキビといえます。

    原因は、皮脂が異常に分泌されたり、角質が異常に増殖してしまったことなので、炎症を起こしていなくても、角栓ができた肌は、ゴワゴワとしています。

    角栓のない部分の肌(毛穴の詰まっていない肌)と、触り比べてみると、違いがわかります。また、肌の色も、皮膚が厚くなっているので、黒ずんでいる場合が多いです。
    出典 :ニキビの芯の正体は?-ニキビを治す方法調査隊
  • ニキビは進化する?!

  • ニキビは 白⇒黒⇒赤⇒黄色 と進化し続けます!
    出典 :白、黒、赤、黄・・ ニキビが進化していく過程を実物写真で確認! | ニキビ肌荒れをキレイに治す最短の道を元汚肌の20代男が語るブログ
  • 白ニキビ

  • 黒ニキビ

  • 赤ニキビ

  • 黄ニキビ

  • うぅぅぅ。。痛々しいですね。出来ることならニキビを悪化させたくないです!

  • ニキビの芯は取っていいの?注意点は?

  • ニキビの芯とは皮脂が出られなくなって毛穴につまり棒状になったもの。
    詰まり初めの段階ではまだ固まっていません。
    固まるのは、上段の講義の3・4の段階、白ニキビ・黒ニキビです。
    この時が、あなた達が対策できるラストチャンスなのです。
    固まった皮脂を押し出し、アクネ菌の増殖を防止することで、本格的なニキビになるのを防ぐことができるのです。

    ところが、このワンチャンスには大きな危険、落とし穴が待ちかまえています。

    雑菌がいっぱいの指や爪で押し出そうとする
    詰まった皮脂が取れたとしても、新しい傷を付けたり、雑菌がその傷や毛穴に入り込むと、すぐに炎症が始まってしまいます。

    不用意に紫外線にあたる
    アクネ菌が増殖し始めた時、紫外線を浴びると活性酸素が大量に発生し、炎症が促進されるので一気に次の段階に進行するニキビが多くなります。

    皮脂が固まった白ニキビ・黒ニキビの段階でニキビの芯を取り除くことはとても有効なニキビ対策の手段なのです。
    しかし、肌を傷つけず、衛生的な方法でなされることが鉄則です。
    出典 :ニキビ対策の落とし穴:ニキビの段階・芯だし | サッポー美肌塾
  • ニキビの芯がもし簡単に取れるのであれば、とったほうが良いですし、赤ニキビへ発展してしまうのも予防できます。しかし、市販の、鼻に貼って芯をとるテープを使用したり、吸引器具などを利用したりすれば、ある程度の芯は除去することができますが、大きなものは少々難しいものです。

    ニキビの芯を、無理にとってはいけない理由

    このように、自宅でニキビの芯を完全にとるということは、なかなか難しいところがあります。だからといって、ピンセットを使って無理矢理芯をとり出したりするのは、絶対に避けなくてはなりません。なぜなら、ニキビ跡が残ったり、色素沈着したり、ニキビ菌の増殖を誘発してしまったりと、良いことがないからです。むしろニキビを悪化させてしまうこともあるのです。ですから、自宅でニキビケアを行う場合には、無理にニキビの芯を取り出すようなことは避けましょう。
    出典 :ニキビの芯はとっていいの? | スキンケア大学
  • 白ニキビ・黒ニキビの段階で取り出すことが有効なようです。芯を取りだすことで悪化を防ぐことが出来るようですが、注意が必要なんですね。間違った方法で無理に行うと余計に悪化してしまいますよ!

  • ニキビの芯の正しい取り方

  • エステティシャンがにきびを取り除く場合、スプーン状の真ん中に穴が空いている面皰圧子(めんぽうあっし)とピンセットを使うことがあります。面皰圧子は薬局でも売られていますよ。

    まず、取り出す前の準備として、

    (1)面皰圧子やピンセットを煮沸消毒しておく。傷口に塗るにきび用軟膏と綿棒も用意。
    (2)きれいに洗顔し、お風呂などで温まっておく。
    (3)顔の水分を十分拭き取り、必ず乾燥させておく。

    取り出すコツは、
    (1)面皰圧子の穴をにきびの芯に重ね、軽く押さえる。
    (2)5秒間ほど押さえつけ、芯が出るまで3~4回繰り返す。
    (3)にきびの芯が顔を出したら、ピンセットで挟んで取り出す。
    (4)取り出した後、綿棒で軟膏を傷口にチョコンと塗っておく。後は通常通りのスキンケアを。

    ※3~4回押さえても芯が出なければ、一旦諦めること。ここが肝心。

    ただし、面皰圧子を使って芯を取り出すことができるのは、ごく限られた期間だけ。詰まった皮脂の塊が皮膚表面に顔を覗かせている時だけ。

    皮膚表面が赤くなっている時は、皮脂が詰まり始めている時で、芯はまだありません。逆に、炎症が拡大して赤味が広がっている時は、アクネ菌が大量の皮脂に繁殖している時で、下手に触ると膿を発生させてしまう可能性があるので要注意。

    痕が残るのが心配なら、皮膚科で適切な治療を受けるべきですね。不用意に自分で治療しようとすると、かえって悪化させてしまうこともあると自覚しておきましょう。
    出典 :あとが残らないように、にきびの芯を取り出すプロ技って? | 「マイナビウーマン」
  • ニキビの芯を取り出す際は、肌と手を洗い清潔な状態で行うようにしましょう。ただし、無理は禁物です!上記にもあるように、上手く取れない場合やニキビ跡になるのがどうしても気になるようであれば、皮膚科に相談しましょう。