もしかして妊娠できなくなるかも?頻発月経と妊娠の関係性

将来妊娠できなくなるかもしれない症状について紹介します。頻発月経と妊娠の関係性を是非知ってみてください。

view586

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頻発月経って?

  • 頻発月経とは月経の周期が短いことをいいます。つまり月経と月経との間隔が短く、24日以内の場合頻発月経といえます。

  • 頻発月経は排卵が無い場合も多い

  • 妊娠できなくなるかもしれないというのは、このタイプの月経の方には排卵がないケースが多いからです。もしかしたら将来子供が埋めない可能性もあります。

  • ホルモン分泌の異常があり、排卵がない可能性があります。

    また、排卵があっても排卵に時間がかかるため、周期が長くなっている場合があります。
    出典 :妊娠しにくくなっているかも!?女性なら知っておきたい月経周期で分かるトラブル | ラルーン
     

    排卵があっても安定していないと妊娠しにくくなります。

  • 頻発月経の原因とは?

  • 頻発月経の原因は卵巣の低下や、ホルモンバランスが乱れているからです。若い人ならそれほど心配する必要はありませんが、それが長く続けば月経不順にも繋がってしまいます。

  • 経周期が24日以下という短いサイクルになることを頻発[ひんぱつ]月経といいます。原因としては、卵巣の働きが落ちているか、ストレスによるホルモン分泌の乱れが考えられます。
    出典 :月経不順 | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
     

    現代人の多くはストレスが原因かもしれません。

  • 排卵があるかは基礎体温で分かる

  • 基礎体温をつけましょう

     

    毎日起床前に体温を計ると、その変化によって排卵がおきているか分かります。病院に行く前に1ヶ月くらい測っておくと診断しやすくなります。

  • 頻発月経は妊娠できる?

  • 頻発月経での妊娠の注意点

     

    排卵があれば妊娠できますが、それでも間隔が短いと十分に体の準備ができないため、妊娠しても流産しやすくなる場合もあります。

  • 生理周期が短くても排卵があれば妊娠が可能です。しかし、生理周期が短いということは、高温期が短く黄体ホルモンが十分に機能していない可能性があり子宮内膜が薄いままで妊娠しにくかったり流産してしまうリスクがあります。
    出典 :生理周期が早い、短い
     

    排卵があっても過信せずに病院の受診がおすすめです。

  • まとめ

  • 生理の周期は女性なら注意したい事柄です。それがもしかしたら妊娠しにくい体に繋がってしまうこともあるのですから。