アルツハイマーとは何か

アルツハイマーと言う病気とは何か、その原因、症状、治療法について解説します。

view384

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アルツハイマーとは?

  • アルツハイマー病は、新しいことが覚えられない、経験したことを思い出せないという記憶の障害に始まり、言葉の異常、行動の異常、思考や判断力の低下がでてきて、今までできていた日常生活が困難になっていきます(中核症状)。
    出典 :アルツハイマー病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • 2015年にはわが国の65歳以上の老人が全人口の1/4を占めると言われている。老年人口の推移を見ると昭和25年には416万人にすぎなかったが、その後急速に増加し続け、55年に1000万人を超え、平成12年には2000万人を超えて2227万人となり、この50年間で約5倍になっている。
    出典 :第1章 ~アルツハイマーとは何か~
  • アルツハイマーの原因はなにか

  • アルツハイマーが発症する原因には、いくつかの説があります。
    一番有力な説は、脳内の組織にベータアミロイドというタンパク質が蓄積して、脳の神経細胞が死滅します。そして大脳皮質が極端に萎縮することで、痴呆を発症するという説です。
    出典 :アルツハイマーの原因 :原因と予防
  • アルツハイマーの症状は?

  •  

    病気の始めは「もの忘れ」です。年をとると誰にでももの忘れがありますが、加齢によるものでは、出来事の一部を忘れても、忘れたことを自覚しています。一方、アルツハイマー病では、出来事のすべてを忘れてしまい、忘れたという自覚はありません。本人の自覚がほとんどないので、身近にいるひとの「ちょっとおかしいな」の気づきが重要となります。

  • アルツハイマーと言えば物忘れ、というイメージを抱いている人が多いかもしれないが、アルツハイマーの症状は決して物忘れに限らない。精神、身体の全体の機能が衰えていき、ついには死に至るのである。
    出典 :第1章 ~アルツハイマーとは何か~
  • アルツハイマーという病名の由来

  • アルツハイマーという病名は、ドイツのアルツハイマー(Alois Alzheimer)という医師が1907年に女性の進行性痴呆症患者を報告したことに由来している。物忘れや精神症状を示していた女性の脳をアルツハイマー博士が解剖し、脳が小さく萎縮していて、神経細胞が少なくなっており、老人班と神経原線維変化と呼ばれる特殊な構造物が多数表れるというこの病気の特徴を明らかにした。
    出典 :第1章 ~アルツハイマーとは何か~
  • 何科を受診するべきか

  • 脳神経外科でしょう。
    やはりMRIなどで、脳の状態(萎縮が進んでいるかなど)を確認する必要がありますから。
    出典 :アルツハイマー症(?)は、まず何科に行けばいいのでしょうか? | 病気のQ&A【OKWave】
  • 現在の治療法にはどんなものがあるか

  • 認知機能が低下する理由の一つとして、脳内のアセチルコリンという神経伝達物質の不足があるといわれます。アセチルコリン分解酵素阻害薬は、間接的に脳内のアセチルコリンを増やす薬です。初期から中期の患者さんに投与します。消化器症状(嘔気)を生じることがあり、少量から開始します。
    出典 :アルツハイマー病 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  •  

     アルツハイマー病ではまた、神経細胞のNメチルDアスパラギン酸受容体(NMDA)が過剰に活性化することが記憶の妨げとなっているので、その受容体に鍵をかけるNMDA拮抗薬が、機能の悪化を遅らせます。中等度から高度の患者さんが適応です。アセチルコリン分解酵素阻害薬と併用も可能です。めまいを生じることがあり、少量から開始します。

  • まとめ

  • アルツハイマーについて、簡単に解説してきました。
    上記についてきにな鳴る症状がある方は、早めに専門家に診てもらいましょう。