怖い夢を見ないようにするには?

人間は寝ているときに夢を見ますが、
怖い夢を見てしまうときがあります。
どうしたら怖い夢を見ないですむのか?

  • TUH55 更新日:2014/02/17

view221

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに

  • 人間は毎日寝ているときには、夢を見ます。
    その夢の中で、時々怖い夢を見てしまいいやな思いをすることがあります。
    今回は、どうやったら怖い夢を見ないように出来るのか紹介します。

  • そもそも夢とは?

  • そもそも、なぜ人は夢を見るのか?
    それについて紹介します。
    夢は、レム睡眠中に不規則に発生する脳の信号の影響で見ます。
    そのため、内容がおかしくまとまりがありません。
    また、人は夢を必ず睡眠中に見ており、絶対に夢を見ない睡眠はありません。
    そして、夢を一晩でおおよそ5~6回程度見ています。

  • 怖い夢

  • さて、ではどうしたら怖い夢やいやな夢を見ないですむのか?
    それは、いやな夢を見たくない日をおきているうちに見たくないものを頭で1~2回イメージすることです。
    これによって、夢の中に現れる確立がぐんと減ります。
    しかし、これはホラー映画やみた、怖い画像を見たりや体験をしたなどの短期的なことに効果があります。

  • 長期的なものはどうしたらよいのか?

  • 長期的に続いている恐怖を夢で同じように見てしまうときには、
    寝る前に、そのことを忘れることが大切です。
    忘れて頭を切り替えることによって怖い夢を避けることが出来ます。
    忘れるためには、趣味のことを就寝前にすると良いでしょう。

  • なぜ、子供は怖い夢を見やすいのか?

  • よく子供は、怖い夢を良く見ると言う話を聞きます。
    なぜそのようなことが起こるのかと言うと、
    子供は夢を見る時間が大人に比べて多いため、
    このようなことが起こります。
    また、小さいことでも子供にとっては少しのことでもショッキングに感じることもあるのでそれが影響しているとも考えられます。

  • おわりに

  • 怖い夢は少し工夫すると、見にくくなるのでぜひ試してみましょう。