テクノロジーの進化は、あなたの姿勢に悪影響を及ぼす。 そのリスクを回避する方法教えます!

パソコンもスマホもテレビも今の生活にはなくてはならないもの。しかし体へのリスクは大きかった!

view330

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どういったリスクが起こりうるの?

  • 運動による刺激があまりに少ないことによる椎間板突出、椎間板ヘルニア、関節周囲炎、内臓機能不全のようなひどい症状だ。
    出典 :姿勢2.0:健康のために気をつけるべき5つのこと « WIRED.jp
  • リスクを軽減する方法

  • 運動が身体の機能をよくし健康をもたらすのに対して、テレビ、コンピューター、ゲーム機、スマートフォン、タブレットなどは、わたしたちをまさに椅子に釘付けにする。しかし、少し気をつけるだけでその弊害を避けることは可能だ。
    出典 :姿勢2.0:健康のために気をつけるべき5つのこと « WIRED.jp
  • 1.テレビを観るときは

     

    テレビは体に対して正面に置くのがよい。正面で、画面の大きさにふさわしい距離に設置する。「これは、首のねじれが長く続くのを避けるためです。理想的なのは、CMの間に立ち上がるか、約30分ごとに休憩をとって、少し手足を伸ばすことです」。
    出典:http://wired.jp/2013/11/22/posture-2-0/

  • 2.PCの前では

     

    モニターを正面に置くこと、読む文字は目に対しての距離にふさわしい大きさにすることです。そうでないと、体をねじったりモニターに近づいたりすることによって、頸椎の筋肉の拘縮を起こす危険があります。このことは、長期的には脊椎に過度の負担をかけて、関節症や椎間板の病気につながります
    出典:http://wired.jp/2013/11/22/posture-2-0/

  • 椅子は作業デスクの高さに合わせて調整できるようにして、腰に支えになるものを置いて、生理学的な前湾、つまり背中のカーブを保ち、足は地面につける。「継続的に背中が伸びていると、脊椎の後部の筋肉を引っ張ります。筋肉は防衛のために拘縮して、腰痛を引き起こします」。
    出典 :姿勢2.0:健康のために気をつけるべき5つのこと « WIRED.jp
  • 前腕は、キーボードを扱うために全体をもたせかけるようにする。従って、肘はテーブルの上にしっかり置かなければならない。そしてマウスを動かす手は、できれば形状記憶素材の非常に柔らかく低いクッションの上に置き、長時間もたせかける負担を和らげる。そうでないと、「毛細血管と神経を圧迫して、長期的には神経炎と腱滑膜炎、靱帯炎につながります」。
    出典 :姿勢2.0:健康のために気をつけるべき5つのこと « WIRED.jp
  • 3.ゲーム機でプレイするときには

     

    同じようにモニターの正面に位置取るようにします。できれば立ち上がり、前後左右に動き、動かないことにより生じる症状と過度の負担を避けるのがよいでしょう。休憩をとって、親指の関節に過度の負担をかけることを避けるべきです。いずれにせよ、目を保護するためにプレイ時間が2時間を超えないようにすべきです
    出典:http://wired.jp/2013/11/22/posture-2-0/

  • 4.スマートフォンとタブレット

     

    これらの機器によって健康を損なわないようにすることも不可能です。これらを目に対して適切な高さと距離に保とうとすると、腕が疲労します。このため、ほとんどずっと頭と首を曲げ続けることで埋め合わせをして、頸椎に過度の負担をかけます。逆に頸椎は伸びている状態か、腰椎のように前湾した状態を好むのですが……
    出典:http://wired.jp/2013/11/22/posture-2-0/

  • よくない姿勢は筋肉に癖をつける!?

  • 筋肉には適応性があり、クセがつきやすいのです。
    たとえば猫背のときには胸の筋肉(大胸筋)が縮まった状態になっていますが、その姿勢をとり続けていると
    筋肉がその状態をいちばん楽だと思い込んでしまいます。
    そして、いつもその姿勢をとらせようと働きかけるようになります。
    出典 :正しい姿勢と骨盤のゆがみを直す体操【はつらつライフ】
  • 筋肉に変な癖をつけない努力を!

  • デスクワークの際はまず、筋肉に悪いクセをつかないよう机や椅子の高さを調節しましょう。
    そして大切なのが、クセのついた筋肉を意識して元に戻す習慣をつけること。
    どんな姿勢で仕事をしていようとも一段落したらスッと背筋を伸ばして基本姿勢に戻す習慣を、ぜひ日常生活で取り入れてください。
    出典 :正しい姿勢と骨盤のゆがみを直す体操【はつらつライフ】
  • 必ずあごを引いた状態で頭を上げましょう。
    あごが上がっていると頭の重さは肩の筋肉にかかったままになり筋肉が緊張から解放されません。
    体に良くない姿勢は背骨や骨盤を歪めて健康を損ねるだけでなく老けた印象を与えることにもなります。
    日常生活では「背筋を伸ばしあごを引いた正しい基本姿勢」を常に意識するように心がけましょう。
    そして立ったり歩いたりするときこそ、この基本姿勢を守るようにしてください。
    出典 :正しい姿勢と骨盤のゆがみを直す体操【はつらつライフ】