あなたは大丈夫? 睡眠時無呼吸の検査

自分が睡眠時無呼吸かどうかまずは簡単な検査をしてたしかめてみましょう。

view108

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に正常な呼吸ができなくなり、そのために引き起こされる様々な症状や兆候の事です。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群の治療方法と自宅でできる5つの対策 | iGotit
  • 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に気道が狭くなり空気が通りにくい人がなりやすいです。
    気道が狭い場合や、喉の筋肉の活動の低下、あごが小さい、扁桃腺の肥大などがあります。

  • 簡単なセルフチェック

  • まずは簡単な自分でできる睡眠時無呼吸の検査です。

  • ■毎日のように日中に強烈な眠気に襲われる。
    ■居眠りによる交通事故の経験や未遂がある。
    ■朝起きたときに、頭痛がすることがある。
    ■体重や体脂肪率が増えてきて肥満傾向である。
    ■一日中だるさ・疲労感が抜けない。疲れやすく、体が重い。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群の自己診断
     

    ただの疲労と重なる部分も多々あります。

  •  

    就寝中の事は本人は気がつかない。

  • 睡眠中に呼吸が止まっているかどうかは、家族や他人に指摘されないと中々分からないことです。

  • 本当に睡眠時無呼吸かどうかは、神経内科(睡眠外来のあるところ)、耳鼻咽喉科、呼吸器科など専用の設備のあるクリニックで検査を受ければわかります。

  • 簡易検査をしてみよう

  •  

    まずは簡易検査を

  • 自覚症状がほぼないので、まずは簡単に検査可能な終夜睡眠ポリグラフ装置による検査をおこないます。
    検査の必要性があるときは、病院で貸し出しを受けられます。

  • どうのような検査をするのか?

  • 簡易検査結果で陽性の疑いがある場合には、医療機関にて精密検査を行います。

  • 検査は脳波、心電図、血圧、呼吸停止の回数や長さ、血中酸素濃度など、たくさんの項目について寝ている間にありとあらゆるデータを収集します。通常この検査は一泊入院で行われます。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群の検査
     

    検査用の電極やセンサーなどの器具を身につけたまま、一晩普通に寝るだけの簡単な検査です。

  • ほとんどの病院で、仕事に影響が出ないように夜に来院して、翌朝には退院できます。