薬物アレルギーを持っていませんか?

薬疹という言葉をしっていますか?
薬の効果でアレルギー症状が出る事をさします
ここでまとめてご紹介します

view260

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • まず、薬疹とは

  • 内服・注射などで体内に入った薬剤によって生じた皮疹(ひしん)(皮膚に出るさまざまの症状の総称)を薬疹といいます。多くの場合、アレルギー性です。ほとんどの人は薬剤に対してアレルギー反応を示しませんが、一部のかぎられた人ではアレルギー反応がおこり、薬疹ができるのです。
    出典 :薬疹 とは - コトバンク
  • 内服したことのない薬剤で薬疹を生ずることはありません。もし生じたとすれば、その人はすでにその薬剤に類似した構造をもつ薬剤に「感作」されていたと考えられます。感作までに要する期間は一定していませんが、通常1~2週間のことが多く、2~3か月に数回程度しか内服しない薬剤では数年たってから薬疹ができることもあります
    出典 :薬疹 とは - コトバンク
     

    すぐにという訳にはいかないようですね

  • 時間がたってから

     

    このように薬疹が出る事も少なくはありません
    もしかしたら?と思う前に病院で一度みて
    もらう事をお勧めしたいと思います

  • 症状の現れ方

  • 薬疹は、薬を内服、注射、点鼻、点眼などにより体内に摂取したあとに現れます。発疹は薬疹のタイプによって異なりますが、じんま疹型、固定薬疹型、播種状紅斑型はしゅじょうこうはんがた、紅斑丘疹型きゅうしんがた、光線過敏型、湿疹型、紫斑型しはんがた、多形滲出性たけいしんしゅつせい紅斑型などがあります
    出典 :薬疹| 皮膚の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    色々な種類があるようですね

  • 重症型として、眼や口などの粘膜に水疱すいほう(水ぶくれ)やびらんが現れるスティーブンス・ジョンソン症候群や、全身の皮膚がやけどのようにむける中毒性表皮融解壊死症ゆうかいえししょう(TEN)、高熱とともに全身に紅斑が現れリンパ節もはれる薬剤誘発性過敏症候群(DIHS).(コラム)
    出典 :薬疹| 皮膚の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    重症例も紹介されていたので一応
    ここまではなりたくなりですよね

  • 原因はなんなのか

  • 薬剤に対するアレルギー反応や、薬剤が本来もつ作用による中毒症状によって生じます。どんな薬でも薬疹を生じる可能性はありますが、薬疹を起こしやすい薬剤と比較的起こしにくい薬剤があります。 ペニシリンなどの抗菌薬や解熱鎮痛薬、抗けいれん薬などは薬疹を起こしやすいものの代表です。
    出典 :薬物アレルギー、薬疹 - goo ヘルスケア
  • 食べ物にも

     

    合う合わないがあるように薬も合う合わない
    という物があるようです
    また、副作用の方にも発疹が出ると記載されて
    いる物もいまでは少なくはありません
    その場合は気をつけましょう

    気をつける所があればですけど・・・

  • 検査を受けてみよう

  • ウイルス性疾患を除外診断する必要がある場合は、ウイルス抗体価の検査を行います。肝機能や白血球の数を調べる場合もあります。
    出典 :薬疹| 皮膚の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 原因薬剤を検索するための貼付試験は、症状が軽快したあとに行います。薬剤をワセリンなどに混ぜて皮膚に2日間貼付し、その部分が赤く反応するかどうかをみます。光貼付ひかりちょうふ試験は薬剤を皮膚に貼付し、同部に光線を照射し、その部分が赤く反応するかどうかをみます。
    出典 :薬疹| 皮膚の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    こちらも行っておくと効果的

  • 治療方法

  • 原因薬の使用中止がもちろん大事ですが、それでも皮疹が拡大し重症型へ移行する場合もあります。そのときは副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン(ステロイド)の内服や注射が必要になります。また、中毒性表皮壊死融解症では熱傷に準じた治療を行ないます。
    出典 :薬疹 とは - コトバンク