20分の昼寝で集中力は全回復!

仕事の合間の昼休みなどに20分程度の仮眠をとることはとてもおすすめです。
その20分程度の睡眠で集中力はほぼ全快します。
それだけではなく仮眠の習慣は脳にとても良い効果を数多く与えるのです

view166

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 昼寝は20分くらいがベスト!長すぎても良くありません

  • 午後の眠くなってくる時間に昼寝や仮眠を取ることは、頭をすっきりリフレッシュさせるのにも非常に有効で、集中力がアップします。では昼寝や仮眠はどのくらいの長さが良いでしょうか。5分や10分では、なかなかリフレッシュできません。
    出典 :昼寝は20分がベスト
     

    仕事中ですから、1時間も2時間も寝るわけにはいきません・・・

  • 昼寝や仮眠の長さは、15~20分がベストです。30分以上眠ってしまうと、副交感神経系にスイッチが切り替わり、昼寝を通り越して熟睡になってしまいます。一度熟睡に入ってしまうとスッキリ起きることは難しくなり、無理に起こされると非常に不愉快な寝不足感を味わうとになります。
    出典 :昼寝は20分がベスト
  • 熟睡を防ぐためのワザとして、昼寝の前にコーヒーや紅茶を飲むという方法があります

     

    コーヒーや紅茶に含まれるカフェインの効果が出てくるのは、飲んでから約30分後です。
    ですから昼寝に入るまでにカフェインを取り入れておくと、起きなければいけない頃には効いてきて、スッキリと起きることができます。

  • 10分ほどコーヒーや紅茶を飲んでリラックスし、残り15~20分程度を仮眠にあてる、というのが理想的です。また、昼寝や仮眠は午後3時までに終わらせてください。3時を過ぎてから昼寝をすると、夜になってから眠気を感じなくなってしまうからです。
    出典 :昼寝は20分がベスト
     

    3時以降の昼寝は夜の本睡眠に支障をきたすので避けましょう

  • 昼寝を上手に活用すると、判断力を高めたり、作業効率がアップしたり、血圧が安定するなど多くの面で生活や仕事の質が高まります

     

    午後に軽く昼寝をとれる環境にある人は、昼寝を毎日の習慣にしましょう。昼寝をしたりしなかったりすると体が混乱して、大切な夜の睡眠のリズムまで崩してしまうからです。

    週末に寝だめをするよりも、毎日少しでも継続的に昼寝の習慣をつけたほうが、健康にとってずっとプラスです

  • 集中力をあげる正しい昼寝の必要性

  • 理想の睡眠時間:7時間

     

    理想の睡眠時間は色々な説がありますが、統計では毎日7時間寝ている人が病気になりにくく、死亡率が低いそうです。それ以上多くても少なくても様々な弊害がでるそうです。また、睡眠不足は「成長ホルモン」に影響を及ぼし、細胞の修復力が低下するそうです

  • そもそも、夜遅くまで眠時間を削ったりして仕事や勉強をしていますが、その目的はなんなのでしょうか?それは「仕事をこなすこと?」、「勉強をもっとすること?」なのでしょうか?目的は、試験や仕事で結果を出すためです!
    出典 :知っていましたか?集中力をあげる正しい昼寝の仕方! | LIFE+ONE
     

    つまり、「高いパフォーマンス」が必要なわけで、睡眠時間の少なさを誇るためではありません

  • 睡眠不足は溜まっていくそうです。そして睡眠が不足すると、ホルモンバランスが崩れ、結局日中ぼーっとしたりして、パフォーマンスが低下します。
    出典 :知っていましたか?集中力をあげる正しい昼寝の仕方! | LIFE+ONE
     

    慢性的な睡眠不足はその人を慢性的に無気力にしてしまいます

  • 仮眠で返済する
    日中の仮眠でホルモンバランスを調整する。睡眠負債の週末の一括返済は、体内時計が壊れるためよくありません。借金と同じく、こまめに返済していくことが大切です。そしてここで重要なのは、日々の生活の中でやみくもに集中できていない時間を増やす事ではなく、「頭も体も冴えて集中できる質の高い時間」を増やすことです。
    出典 :知っていましたか?集中力をあげる正しい昼寝の仕方! | LIFE+ONE
     

    いわゆる寝溜めはホルモンバランスを崩す原因になるためオススメはできません

  • お昼寝にはこんなにもすばらしい効果があるといいます。

     

    ●その1:目覚めが良くなり、生産性があがる

    ●その2:20分の昼寝は、朝20分寝るより8時間ぶんのスタミナがでる

    ●その3:ストレスホルモンのレベルが下がるため、ストレスの軽減につながる

    ●その4:昼寝によって脳みその使い過ぎから脳回路を保護する

    ●その5:NASAは、30分の仮眠が認知能力を40%増加すると発表

    ●その6:今までに心臓疾患を患ったことのないギリシャ人23,681名にテストしたところ、3週間30分の昼寝をしたひとは、そうでないひとにくらべて心臓疾患にかかるリスクが37%も減少した

    ●その7:記憶力が向上する

    ●その8:活動的になる


    「眠気がとれてすっきり」というレベルの話ではなく、身体や脳への効果がこれほど大きいとは驚きですね。

  • 仮眠を取るベストのタイミング

  • 仮眠は、マイクロスリープという睡眠を利用した睡眠法です。マイクロスリープとは、「非常に短い睡眠」のことです。数秒から長くて1分ほどの短時間の睡眠のことです。このように、短い睡眠であっても睡眠の効果があります。
    出典 :1分の仮眠でも効率は上がる! 眠気覚ましに最適な仮眠テクニック | ビーカイブ
  • 目は多くの情報を受け取っています。そのため、目をつぶると、外の世界からの視覚情報をシャットアウトができ、目をとじるだけでも大脳皮質は休まります。「目を休める=脳を休息させる」のです。マイクロスリープをするだけでも脳が休まり、集中力は高まり、仕事の効率が高まります。
    出典 :1分の仮眠でも効率は上がる! 眠気覚ましに最適な仮眠テクニック | ビーカイブ
  • 眠気のピークがやってくるのは1日に2回あります。夜中の2時から4時と、昼の2時から4時の2回です。朝型の生活を送っている人は、この時間帯に強い眠気がやってきます。昼の2時から4時にやってくる眠気のピークに合わせて仮眠をとるのがベストです
    出典 :1分の仮眠でも効率は上がる! 眠気覚ましに最適な仮眠テクニック | ビーカイブ
  • とはいえ仕事をしていると眠気のタイミングに合わせて仮眠をとるのは難しいですよね。そんなときは、昼休みの時間を利用して仕事が始まる前に仮眠を取るといいでしょう。