乳腺炎トラブルを避けるために…乳腺炎と授乳の関係を知ろう

乳腺炎と授乳の関係についてまとめました。母乳育児をされている方は、乳腺炎に悩まされないようにしたいものですね。

  • green 更新日:2014/03/29

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どうして乳腺炎になるの?

  • ・お母さんの食べ過ぎ、飲み過ぎ
    カロリーや水分を摂りすぎると質のおちた、おいしくない、粘りをましたおっぱいになり、赤ちゃんは嫌がって飲みません。
    出典 :××× 乳腺炎 ×××
     

    赤ちゃんがおっぱいを飲まないと、おっぱいが張り、炎症を起こしてしまいます。

  • ・赤ちゃんの飲み下手、ゆがめ飲み
    つぶし飲み、浅い飲み方は乳頭をゆがめ、おっぱいの流れが妨げられ、トラブルの原因になります。
    出典 :××× 乳腺炎 ×××
     

    赤ちゃんがおっぱいを飲むのが下手だと、乳腺炎になってしまいます。

  • ・夜間の授乳間隔が開き始めたとき、離乳食をたくさん食べ始めた時
    授乳間隔は断乳まで3~4時間ごとと、覚悟してください。
    このリズムが壊れると、どうしても分泌量が減ったり、乳腺炎をおこしたりします。
    出典 :××× 乳腺炎 ×××
  • 乳腺炎と授乳の関係とは?

  • 授乳をするときの赤ちゃんの抱き方

     

    赤ちゃんをどのように抱くかもポイント!
    乳腺炎で悩まされている方は、フットボール抱きや縦抱きにして授乳をしてみると、いつもと加える方向が違うので、乳腺炎が解消できるかもしれません。

  • 縦抱きで飲ませてみよう

     

    縦抱きをすると、授乳中に自然にゲップがでることも。

  • 赤ちゃんの授乳間隔4時間以上と空いてしまうと、炎症を起こしやすくなってしまいます。
    また、おっぱいの分泌量も減ってしまうので、授乳間隔が空きすぎるようであれば、搾乳をすることも必要です。

  • 軽いしこり・詰まりの場合は、自分で搾乳して詰まりを取り除くことも出来ます。
    出典 :乳腺炎になった時
     

    乳腺炎で軽いしこりがある場合は、搾乳をすることで解消されることがあります。搾乳には、手絞りと搾乳器を使う方法があります。手絞りの場合は強く絞りすぎると跡になることがあるので注意が必要です。搾乳器は楽に絞ることができるのでおすすめです。

  • しこりや詰まりをどうやって取り除く?

  • 親指・人さし指・中指で乳首まわりを持ち、搾りだしてみて下さい。
    出典 :乳腺炎になった時
  • 乳腺炎の対処法は?

  • 産婦人科などでは、赤ちゃんに母乳をいっぱい飲んでもらうようにとアドバイスする所もあるように、母乳を沢山出す事も、乳腺炎の対処・予防の一つです。
    出典 :乳腺炎のしこり対処法ガイド|乳腺炎のしこりで悩みもこれで解決
  • 母乳の出を良くする飲み物として『たんぽぽ茶』が有名ですが、一つの対処・予防の一つとして、『たんぽぽ茶』を飲まれる事をオススメします。
    出典 :乳腺炎のしこり対処法ガイド|乳腺炎のしこりで悩みもこれで解決
  • ・授乳を続けながら、病院で相談を
    授乳を続ける。食事内容に注意する。授乳リズムを崩さない。休養を十分に取る。などの基本的な対処に加え、全身発熱時には十分な水分摂取、水かカロリーの少ないスポーツドリンクを、解熱までに2リットル以上の摂取が必要です。
    出典 :本格的乳腺炎の対処・治療法 [乳腺炎] All About