意外と知らない!?妊娠初期にやってはいけない・やらない方がいいコトまとめ☆

意外と知られていない妊娠初期のタブーをまとめました。妊娠初期はママにとっても赤ちゃんにとっても大切な時期。是非、参考にしてみてくださいね!

view192

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低脂肪ヨーグルトがキケン!?

  • イギリスのニュースサイトMail Onlineによると、60,000人以上の妊婦を対象に行われた最新の研究では、“低脂肪ヨーグルトは、アレルギーから私たちを守る脂肪を取り除いてしまっている”という
    出典 :妊婦さんはすぐ止めて!低脂肪ヨーグルトは胎児に危険
  • 胎児の免疫システムをつくるのに酪農製品の脂肪が助けている可能性があり、低脂肪のヨーグルトを食べていた妊婦は、子供が喘息や花粉症にかかるリスクが非常に高いことが明らかに
    出典 :妊婦さんはすぐ止めて!低脂肪ヨーグルトは胎児に危険
  • ヨーグルトがアレルギーの原因に?

     

    とっても体に良さそうなヨーグルト。便秘になりやすい妊娠初期は、積極的にヨーグルトを食べるママも多いはずです。しかし低脂肪ヨーグルトは避けた方が懸命。低脂肪ヨーグルトが赤ちゃんのアレルギーの原因になるかもしれないようです。

  • ビタミンAの摂り過ぎはキケン!?

  • 脂溶性ビタミンと言って、油に溶ける性質を持っているので、排出されにくく大量に摂ると余った分が体内に蓄えられてしまうんです。
    出典 :第3回 妊娠中、摂りすぎてはいけない栄養素はありますか?|大塚製薬
  • 妊娠初期に摂りすぎると、生まれてくる赤ちゃんに奇形が起きるリスクが高いとも言われます
    出典 :第3回 妊娠中、摂りすぎてはいけない栄養素はありますか?|大塚製薬
  • サプリなどでの過剰摂取は×

     

    ビタミンといえば健康に欠かせない栄養素。しかし妊娠初期のビタミンAには注意が必要です。サプリなどでビタミンAを過剰摂取するのは赤ちゃんにとってキケンなのでやめましょう。

  • お刺身を食べるのはキケン!?

  • 2005年11月、厚生労働省は、魚を食べることにより摂取される微量のメチル水銀*が胎児に影響を与える可能性があるとして、妊婦**を対象とした魚介類の摂取に関する「注意事項」を公表しました。
    出典 :魚介類中の水銀濃度から魚の食べ方を考える
  • サメ、メカジキ、キンメダイ、一部のクジラ(7魚種)に、マグロ類(クロマグロ、メバチマグロ、ミナミマグロ)3種をはじめ8種類が追加され、全部で15種類の魚種について、妊婦が1週間に食べてもよい量と回数が目安として示されました。
    出典 :魚介類中の水銀濃度から魚の食べ方を考える
  • 水銀含有のリスクが

     

    とっても美味しいお刺身ですが、妊娠初期は注意が必要です。というのも、お魚に水銀が含まれている可能性があるからです。お刺身を食べるときは厚生労働省が公表している食べてもいい量や頻度の目安を参考にしましょう。

  • 玄米を食べるのはキケン!?

  • 1920年エドワード・メランビィEdward Mellanby(イギリス)は、穀類の多い餌で育てた子犬にくる病が発病することを観察しました。これは、穀類中のフィチン酸がカルシウムの吸収を妨げたためでした。
    出典 :玄米食の間違ったイメージ
  • フィチン酸とは、穀類・豆類・などの植物性食品に多く含まれているもので、カルシウム・マグネシウム・鉄などのミネラルと結合して吸収を妨げます。
    出典 :玄米食の間違ったイメージ
  • 美容や健康にいい玄米ですが・・・

     

    妊娠初期は玄米でなく白米を食べた方がいいでしょう。玄米を食べる事でカルシウムやマグネシウム、鉄などの吸収が悪くなってしまいます。

  • 全てご存知でしたか?

  •  

    妊娠初期にやってはいけない、避けるべきタブーをご紹介しました。全てご存知でしたか?知らずにやっていた方は、我が子のためにも避けた方が懸命です。