排卵誘発法・ゴナドトロピン療法の副作用について

ゴナドトロピン療法の副作用とは?排卵誘発法は、不妊治療の中ではポピュラーとされている療法であり、排卵率を高めることにより、妊娠しやすい状態を作ります。ところがその反面、重大な副作用を引き起こす可能性があるということも知っておかなくてはなりません。

view63

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵誘発剤による排卵誘発法とは?

  • 卵巣の機能が正常に働いていない場合に、薬剤により排卵を起こさせること、そして、体外受精に於いて、状態のよい卵子を多く得ることを目的として行われます。
    排卵誘発法には、クロミフェンなどの飲み薬による療法、そしてゴナドトロピンの注射による療法に大別され、軽度の排卵障害である「第1度無月経」の段階では飲み薬による療法が採用され、「第2無月経」と呼ばれる重度の葉蘭障害が起こっている場合では、注射による療法が採用されます。

  • クロミフェン療養の基礎知識と副作用

  • 軽度の排卵障害に於いて処方される、クロミフェンという排卵誘発剤を服用して行われます。この療法は、脳の下垂体を刺激し排卵を誘発するというものであり、生理開始日から5日経過した日から5日間、薬を飲み続けるという方法です。その後、2週間前後で排卵が起こりますが、その確率は70~80%前後であるといわれています。
    つまり、高確率で排卵が起こるということですね。
    ところが、そのような排卵が起こりやすいのにも関わらず、直接妊娠に結び付くケースは10~30パーセントと低くなっています。
    その理由は、クロミフェンの服用によりエストロゲン(女性ホルモンの一種)の分泌が抑制されることにあると考えられており、このような状態では、排卵時期に子宮内膜の厚みが増すことが少なく、それにより頚管粘液の量が少なく、妊娠しにくい状態となるということです。

  • コナドトロピン療法の基礎知識と副作用

  • クロミフェンで妊娠できる確率が低いとみなされた場合に行われる療法です。
    コナドトロピン療法とは、2種類の注射(hNG・ヒト閉経コナドトロピン、Hcg・ヒト繊毛性コナドトロピン)によって行われる排卵誘発法です。
    この療法を行うと、薬剤が直接卵巣に働き掛けるため、90%以上の高確率で排卵が誘発されるといわれています。
    ただし、1週間前後毎日注射を受ける必要があり、卵胞の状態を逐一チェックしなければならないので、少々面倒な療法であるともいえます。
    また、コナドトロピン療法には、次のような副作用が起こる可能性があるということも知っておいて下さい。

  • hMGの効果と副作用
    卵巣に直接働きかける作用を持ち、卵胞の発育に貢献します。ところが、多胎妊娠、卵巣過剰刺激症候群などの副作用が現れることがあります。
    Hcgの効果と副作用
    成長・成熟した卵胞に作用し、排卵を誘発する働きをします。これもまた、Hmgと同様の副作用を起こす危険性を秘めています。

  • 卵巣過剰刺激症候群とは?

  • 卵巣に過度の刺激がかかることにより、卵巣の膨張、腹水、胸水などの症状が現れることがあります。
    特に腹水を発症してしまうと、腎機能障害、電解質異常、呼吸障害、血栓症などに発展してしまうこともありますので、注意が必要です。
    さらに、重症度が軽度、中度、重度に分類され、重度の症状が現れた場合には、コナドトロピン療法を受けることができなくなります。

  • 卵巣過剰刺激症候群の予防

  • 現在、日本産婦人科学会では「low-dose step-up法」という低用量漸増療法(ていようりょうせんぞうりょうほう)が推奨されており、16mm以上の卵胞が4個以上確認された場合には、Hog注射をいったん中止します。
    特に多嚢胞性卵巣症候群を発症している方は、卵巣過剰刺激症候群も発症しやすいといわれていますので、慎重に排卵誘発法を試みて行く必要があります。