「うつ病」にならないための健康な心の作り方

今、多くの人がうつ病に悩んでいます。誰でもかかる可能性のあるうつ病。うつ病にならないために、日頃から健康な心づくりをしていきましょう。

view163

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • サプリメントは「薬品」ではなく「補助食品」なので、抗うつ剤のようなうつ病に対する明快な効果がすぐに現れるというわけではありません。

    しかし、毎日不足しがちな栄養補給のための摂取を続けていれば、うつ病の予防の強い味方になってくれます。
    出典 :【サプリメントでうつ予防】|栄養補給でうつを予防しよう!|「うつ病」家族のためのガイドライン
     

    サプリメントによるうつ病の予防もあります。

  • 定期的なリラックス

     

    心身の力みを抜いて落ち着かせるリラックスは、脳の疲れを忘れさせてくれます。

    ため息が増えてきたなぁと感じたら、外の空気を深呼吸で胸いっぱいに取り込んでリラックスすると、ストレスや緊張が薄れていくのがわかります。

    仕事の作業効率を維持する上でも適度にリラックスすることはとても重要なことなのです。

  • うつ病の基本予防

     

    うつ病は、ストレスの溜め込みすぎが発症の一番の原因になっていると言えます。つまり、ストレスの蓄積を抑制できればうつ病発症も予防できることになります。

    しかし、ストレスの発生源となるのは自分を取り巻く外界そのものなので、完全に抑制できると言うわけには行かないのが現状です。つまり、うつ病の予防はストレスを溜め込まない、溜まっても発散すると言うようなバランスの制御で行わなければなりません。

  • 第一次予防では、精神保健上の危険因子を減少させ、ストレスに対する抵抗力を高めることが目標となります。

    まずは、栄養や休養、運動の観点から、ストレスに対する身体的な抵抗力を高めます。次に、心理的なストレスの軽減、ストレスに対する適切な対処行動などセルフケアが重要になります。
    出典 :うつ病の予防対策|「うつ」の心に癒しを。
     

    まずは、ストレスの根源を知り、軽減をはかりましょう。

  • ちょっとした気分転換を

     

    会社から家に帰る間に、寄り道をすることも、仕事のストレスを置き去りにする点で有効。「元気がある人なら会社帰りにスポーツクラブで汗をかくと能動的な癒やしになる。とてもそんな元気はない、という人はマッサージやエステなど、受動的な癒やしがお薦め」

  •  ストレスに負けない体をつくるためには食生活にも注意する必要があります。

     また、うつ病を防ぐためにはじゅうぶんな休養をとることが最も重要ですから、毎晩ぐっすり眠れる環境をととのえることが大切になります。

    出典 :うつ病の予防と再発防止
     

    十分な睡眠も大切です。

  •  「こんなことをしたら、どう思われるだろうか?」とか「こんなことを言ったらきらわれるのでは?」などと周囲の目を気にしすぎるのはやめましょう。

     他人の評価にしばられず、マイペースを心掛けることが大切です。

    出典 :うつ病の予防と再発防止
     

    他人は他人。割り切りも大切ですよ。



  •  長年、仕事一筋の会社人間として生きてきた人や、子育てに人生をかけてきた人に「何か趣味を持て」と言っても、急にはなかなか思いつかないかもしれません。

     まずは、今まで目を向けなかったことに目を向けてみることが大事です。



    出典 :うつ病の予防と再発防止
     

    自分の知らない世界を経験することもよいですね。

  • なんでも一人でかかえ込まず、周囲の人に頼ったり、まかせることも大切です。

     他人にまかせられることはまかせて、自分にかかる負担を軽減してください。

     何かを頼まれても、無理だと思ったら「NO」と言える勇気も必要です。

    出典 :うつ病の予防と再発防止
     

    かかえこむのはやめましょう。



  •  ものごとに優先順位をつけて、大事なことから片づけていくようにします。
     あれもこれもとがんばるのではなく、あれかこれかを選んで処理していくようにしてください。

     「明日できることは今日しない」というように気楽に考えて、ものごとにあたることが大切です。
     柔軟で余裕のある生活を心掛けましょう。

    出典 :うつ病の予防と再発防止
     

    無理をし過ぎず、余裕のある生活をしましょう。

  • うつ病はなんらかの「生活上の変化」がきっかけで発症する場合が多いものです。

     近親者の死亡、離婚、事業の失敗、失業などのつらい出来事はもちろんですが、結婚、出産、マイホームの完成、昇進など、うれしい出来事もうつ病のきっかけになります。

     よいことでも悪いことでも、なんらかの生活上の変化があったときには用心をして、休養や睡眠をじゅうぶんにとることが大切です。

    出典 :http://www.ncn-k.net/azaz/utup12.htmlうつ病の予防と再発防止
     

    ライフスタイルが変化するような時には注意しましょう。

  •  発病前の職場に復職したときは、「がんばろう!」「今までの分取り返そう!」などと頑張りすぎることが予想されます。



     そのとき、そこで頑張りすぎたことがうつ症状を起こしたことを良く自覚しておき、自分がどんな状況でうつ病を発症したのか、また初期症状はどんなだったかをよく思い出してみることです。



     うつ病にかかったことのある人は過去に発症したときと同様の状況に陥ったときに再発しやすく、また初期症状も同じような形であらわれることが多いからです。

    出典 :うつ病の予防と再発防止
     

    発病経験者は、発病時のことをよく思い出し、繰り返さないようにしましょう。

  • うつ病になりやすい人には、生真面目、仕事熱心、凝り性、責任感が強いなどの性格的特徴がみられます。
     いずれも長所といってよい資質ですが、あまりにがんばって無理をしすぎると、心身ともに限界を超えてしまいます。
     元来、そうした正確傾向を持っているところに、なんらかのストレスが加わって、うつ病を発病したのだということを自分自身がよく認識する必要があります。
     ついついがんばって無理をしすぎてしまう自分の性格をよく自覚して、「これ以上やるとがんばりすぎになる。」と思いとどまり、少し手前でセーブするように日ごろから心掛けておくようにすることが特に必要です。



    出典 :うつ病の予防と再発防止
     

    自己の性格を正しく把握し、やりすぎないことが大事。



  •  再発を予防する第一歩は、うつ病についての正しい知識を持つことです。
     知人の口コミなどから得る断片的な情報ではなく、うつ病についてきちんと書かれた本を読むなどして、正確な知識を得ることが大切です。



     そして、自分の体調や薬のことなど、何か疑問点・気になることや不安なことが少しでもある場合には、主治医の先生に相談して、すみやかに解決しておくこと。

    出典 :うつ病の予防と再発防止
     

    うつ病に対して、正しい知識を持つことも大切です。

  • うつ病にならないために普段から気をつけること

    ○ 毎日の小さな苛立ち事に対して

    ストレス解消法(スポーツ、趣味、レジャーなど)
    が有効です

    ○ 少し深刻な問題に対して

    ・ 問題を整理して、解決のための選択肢を考える
    ・ 自分の手に余る問題については誰かに相談する
    ・ 事故や失敗など起きてしまった事は、誰かに話して気持ちを整理して、これからのことを考える

    ○こうした方法をとっても気持ちが晴れないとき、ストレス解消する元気もないとき

    休養をしっかりとり、専門家に相談しましょう
    出典 :うつ病にならないために普段から気をつけること
     

    運動して、しっかり休養をとりましょう。