脳科学が教える【幸せになる方法】

脳科学的に考える
幸せになる方法はどのようなものか
まとめてみました!

view332

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【笑顔】

  • 【笑う門には福きたる】は有名なことわざですが
    脳科学的に見ても事実なのだそうです

    笑顔似た表情をつくると
    【ドーパミン】が活性化すると言うのです

  • ドーパミン

     

    脳の【快楽】に関係した神経伝達物質
    楽しくなくても笑顔をつくれば
    【幸福物質】が脳にでます

  • 楽しいから笑顔になるのではないのです
    【笑顔をつくると楽しくなる】
    そんな仕組みが人間の脳にあるという事なのです

  • キャリアアップには『恋』

  • 本気で誰かに恋をしている時
    何でもできるような気分になったりします
    これは錯覚ではなく
    【愛の力はすごいパワー】を持っていることが研究でわかりました

  •  

    恋をすると
    【脳の処理能力】が上がるのです
    愛する人の名前を見ると
    やる気や、モチベーションにかかわる
    【脳深部が活性化】するのです

  • 結婚するなら

  • 【薬指より人差し指が短い男性】
    差が大きい程株取引で儲け上手という実験結果が出たそうなのです

  • テストステロン

     

    攻撃性・闘争心などに影響する物質

    胎児の時に母親の体から分泌され、その量で指の長さも決まる
    と言われています

    指を観察してみてはいかがですか?

  • 笑顔は感染する

  • 笑顔でいると楽しいものを見出す能力も高まります
    そして、笑顔は感染するのです

    例えば
    赤ちゃんに笑いかけたら、笑い返してくれた
    という感じの経験と同じです

  •  

    今すぐ幸せになりたいなら

    【笑顔になる事】

    これが脳科学でも証明された事なのです

  • 最後に

  • 実験結果が出ているとはいえ、100%そうとは限りません
    信じるものは救われるという事でしょうか
    疑うと、薬でもなかなか効きません

    騙されたと思って笑ってみてはいかがですか?