「【運動】をしてもダイエットできない」という貴方、方法を間違っていませんか?

一生懸命【運動】をしても思うように体重が減らない・・・と悩むことはないですか?
ダイエットをするには脂肪を燃焼させる必要があり、激しい運動をしたからといって必ず体重が減るとは限りません。
どのような方法で運動をすれば脂肪燃焼できるのでしょうか。

view293

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脂肪燃焼の為の重要なポイント・・・心拍数

  • 脂肪が燃えやすい心拍数とは!? - YouTube

     

    「激しい運動をすれば痩せる」のではありません。
    脂肪燃焼に適した心拍数で運動をする事が重要なのです。

  • 心拍数とは
    1分間に心臓が血液を送り出すために拍動する回数。単位はBPMが用いられる。脈拍数と同じ回数になる(はず)であるため、同義として用いられることが多い。
    スポーツのトレーニングやダイエットでは心拍数を管理するのが重要になる
    出典 :心拍数とは - はてなキーワード
  • 安静時心拍数
    運動をしていない、躰が安静な状態の心拍数。最低心拍数とも。
    起床後5分以内に測定するのがベター。
    トレーニングの効果が出てくると一般的に下がる傾向がある。
    出典 :心拍数とは - はてなキーワード
  • 最大心拍数
    その人が発揮出来る最大の心拍数。
    専用の計測装置を使って計測するのが正確であるが、以下の計算式で近似出来ることが知られている。
    •一般的な成人:最大心拍数=220-年齢   
    •アスリート:最大心拍数=210-年齢   
    トレーニングを続けると最大心拍数は向上する。
    出典 :心拍数とは - はてなキーワード
  • 脂肪燃焼に効果的な「有酸素運動」

  • 運動は大きく分けると2種類に分けられます。「無酸素運動」と「有酸素運動」です。
    「無酸素運動」とは腕立て伏せや腹筋、トレーニングジムで器具を使った筋トレなどのことです。一瞬に力を入れる動作が多いので、あまり汗はかきません。
    「有酸素運動」とはランニングやダンスような継続的に体を動かす運動のことです。話しながらできる程度の軽い運動ですが、ずーと動いているため汗をたくさんかきます。
    では、「無酸素運動」と「有酸素運動」はどちらが痩せる運動なのでしょうか?
    それは「有酸素運動」です。なぜなら、脂肪燃焼効果が高いのが「有酸素運動」だからです!
    出典 :痩せる運動 ※短期間で確実に痩せる運動の正しいやり方
  • 「有酸素運動」の正しいやり方

  • ダイエット教室4/3「有酸素運動(ウォーキング)」 - YouTube

     

    息切れするほどの激しい運動は必要ありませんよ!

  • さて、痩せるための「有酸素運動」の正しいやり方ですが、脂肪の燃焼は運動してから15分後から始まります。
    ですから、せっかくランニングをしても、15分でやめてしまったら効果はありません。
    できれば1時間は続けてください。1時間は動き続けて下さい。
    逆から考えると、「1時間ほど動き続けられる程度の運動でいい」ということです。
    ですから、最初は運動内容も軽いものになるはずです。そして、慣れてきたら徐々に運動内容をハードなものにしていけばいいです。
    最初から頑張りすぎて、30分しか続かなかったでは効果は半減です。そこからが脂肪燃焼タイムなので、できるだけ長く運動することにフォーカスして下さい。じゃないと、せっかく体が脂肪燃焼モードになっているのに、もったいないですから(ノ△・。)
    運動して15分以降は、運動時間に比例して脂肪が燃焼しますから。
    でも、やり過ぎには注意してくださいね(*^_^*) 続かなかったり、ケガしたりしたら元も子もないですからねっ!
    オススメの「有酸素運動」ですが、いま流行のランニングもいいですが、私はダンスのような色んなポーズをとる運動の方がいいと思っています。
    出典 :痩せる運動 ※短期間で確実に痩せる運動の正しいやり方
  • お手軽「有酸素運動」・・・ウォーキング

  •  

    速足で歩いてみましょう。
    心拍数が脂肪燃焼に丁度良くなるはずです!

  • 自分の最適心拍数を知るにはどうすればいいの?

  • 心拍数計、色々あります。