こんなことを続けていたら貴方も将来「ぎっくり腰」になってしまう!

テレビドラマでたまに見かけるぎっくり腰って、どこか他人事だと思っていませんか?実はぎっくり腰って年配者だけの病気じゃないんです。今は問題なくても、将来はぎっくり腰になってしまうのはできれば避けたいですよね。ぎっくり腰にならない秘訣とは。

view481

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは病気「腰痛」を知ることから始める!

  • 日本は腰痛が有訴率第一位(もっとも多い症状)であり、日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験している腰痛大国である。しかし多くの人々は腰痛を訴えているが、画像診断に異常が見られない患者は疾患として認めらず健常者という扱いとなる。病院では医学とはあまり関わりのない一般的な説明や医師独自の解釈による説明などがなされるものの、実際には腰痛患者の8割は原因が特定されておらず、多くの患者はそのまま放置されているのが実態である。
    出典 :腰痛 - Wikipedia
     

    WIKIから。腰痛ってこんなに多かったんですね。

  • ぎっくり腰って

  • 急性腰痛症の俗称。地方によっては「びっくり腰」とも呼ばれ、欧米ではその病態から「魔女の一撃」(独: Hexenschuss)とも呼ばれている。 急性腰痛症と同意語として用いられることがあれば、病院等によっては筋性腰痛症やファセットペイン等に限定して用いられることがある。

    急性の筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症)のほか、腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばん-)、腰椎椎間関節捻挫(ファセットペイン)や仙腸関節性腰痛(せんちょうかんせつせいようつう)などの病態が多いが、稀にスプラング・バック(棘間・棘上靭帯損傷)でも同様の痛みを発する。発生要因等も様々であるが、主に年齢(ヘルニアは若年性だが筋関係は加齢によって好発)や運動不足(急な運動)などが考えられる。なお、腫瘍が原因で起きている場合は、夜間痛・安静時痛が多く起こるので、ぎっくり腰のように損傷事由を特定できる場合は少ない。また最近では、原因を特定できない腰痛を「非特異的腰痛」と呼ぶことがあり、ストレスの影響があるといわれている。

    予防策としては、荷物などを持つ際に足場の悪いところで無理な姿勢で持つなどしないように心がけることや、極端に重いものはなるべく持たずに済むように、物の収納の方法などを普段から工夫しておくことも有効である。また、睡眠不足でなおかつ過労ぎみの時なども起きやすいので、そのような労働環境に陥らないように防衛策を打つか、労働環境を自分から変える(配置転換の要望、転職など)もひとつの方法である。 可能ならば普段から軽度の(過度ではない程度の)運動をして腰まわりから背中にかけての筋肉全体が弱らないようにしておくこともそれなりに有効である。 またゴルフをする人については、ドライバーの飛距離を争うようなプレイのしかた(=背中から腰にかけて極端な負荷がかかる行為)やその目的の練習を避け、他の要素をゆったりと楽しむというのもひとつの予防策になる。
    出典 :急性腰痛症 - Wikipedia
     

    正しくは急性腰痛症といいます。また、地方によってびっくり腰とも言われています。

  • ぎっくり腰の原因

  • ぎっくり腰は、突然、腰を襲う激しい痛みです。ぎっくり腰は「急性腰痛症」の代表的な呼び名ですが、急な腰痛を起こす原因の中には、内臓の病気や脊椎の病気などもあります。

    朝の洗顔で、腰をかがめた時や、重い物を持ち上げようとした時など、腰を痛めるきっかけが、はっきりしている人もいますが、中にはきっかけがよくわからない、という人もいます。

    多くのケースでは、ふとした動作に伴う時やくしゃみなど、腰に激痛が走るきっかけがあり、姿勢や腰への注意力が低下している時に、ギクっと痛めてしまうことが多いようです。

    この時、腰を支える機能が低下しています。腰部を支える筋肉、関節、椎間板などを痛め、ほとんど身体を動かすことができないほどのぎっくり腰を経験する人も少なくありません。
    出典 :ぎっくり腰の原因・症状・治療法 [ぎっくり腰] All About
     

    重い物を急に持ち上げるときは気をつけないといけないわけですが、くしゃみなどでも激痛が走るケースがあるんですね。

  • ぎっくり腰の治療方法

  • 腰痛の治療法は大別すると2つあります。1つは手術による治療。もう1つは手術をせずに治す「保存療法」です。腰痛の患者さんの90%は保存療法で症状が軽快しているとされています。手術を行うのは、重症の場合を除き、保存療法で腰痛が改善されない場合の手段として検討されます。

    【腰痛の保存療法とは】

    腰痛の保存療法には「日常生活の改善」「薬物療法」「理学療法」「ブロック療法」「運動療法」があります。保存療法で重要なことは、起きているときだけではなく、寝ているときも24時間腰痛と上手に付き合うことです。実際には筋力の強化などを行う運動療法が中心になりますが、ほかの療法と組み合わせて行うことが腰痛改善の近道といえます。

    【日常生活の改善】

    毎日の生活における動作や姿勢の改善は、治療になるとともに予防や再発予防にもなります。


    「正しい姿勢」

     日常生活の見直しで重要なポイントは「正しい姿勢」です。特に腰椎分離すべり症の方は腰椎が前彎した姿勢をしており、この姿勢を改善するだけで腰痛などの痛みが軽くなるというケースが少なくありません。正しい姿勢とは、肩の力を抜いてお腹を軽く引き締め、腰を反り返させず、自然に背筋を伸ばした状態です。背筋が伸びているかどうか、壁に背をつけて確かめてみましょう。
    出典 :腰痛|さまざまな治療方法
     

    ぎっくり腰の治療の方法は意外と多いですね。

  • ぎっくり腰にならない3つの方法

  • 腰痛やぎっくり腰が癖になると日常生活でこれほど辛いものはありません。 そうならないためにも次の3つを心がけて、腰痛予防に心がけましょう。

    ①正しい姿勢
    日常生活での姿勢を正しく保つ事で腰への負担を極力減らす事が出来ます。腰痛患者の多くは姿勢の悪さが原因で 骨格のバランスが崩れ腰に負担がかかっている事がほとんどで、整体院で治療をしたら腰痛が完治したなんて話も 良く聞きます。ガニ股で歩いたり不自然な体勢を長時間続けないなど、何気ない普段の生活でも常に背筋を伸ばし 綺麗な姿勢を保つ事を心がけましょう。

    ②ストレッチ
    デスクワークや運転などを長時間こなすと 幾ら姿勢を良くしていても腰に負担はかかってきます。 たまに足腰のストレッチをして筋肉をほぐす事を 心がけましょう。
    一日の終わり、入浴後など血行が良くなっている時のストレッチは効果が期待できます。また、腰痛で病院を 受診すると必ずと言っていいほど薦められる「腰痛体操」というものがありますが、継続できればとても効果的です。 覚えるだけでも損はありません。

    ③運動
    筋力の低下は腰痛悪化の大きな原因です。逆に筋力をつける事で腰への負担が軽減され腰痛の緩和につながります。 但し、腰痛患者が無理な腹筋や背筋のトレーニングをすることは厳禁です。 腰に負担がかからないように適度な トレーニングを心がけましょう。ウォーキングも効果的なので、筋トレが苦手な人は通勤、通学で普段より 歩く距離を増やすなども良いかもしれません。その場合歩く姿勢には注意しましょう!
    出典 :腰痛、ぎっくり腰、癖にならないための3つの方法
     

    ぎっくり腰にならない3つのコツ

  • 腰痛後の腹筋トレーニング

  • 腰痛にならないように、腹筋を鍛えましょう。」
    「腹筋が弱いと腰痛になりやすいですよ。」
    「腹筋と背筋をバランス良くトレーニングして下さい。」

    腰痛で治療を受けたことのある人は、病院の先生からこのような説明を受けたことがあるかもしれません。しかし、本やインターネットで調べてみても、腹筋の鍛え方は多種あると思います。中には、腰痛が治ったばかりの時にすると危険な、負担の大きい方法もあります。そこで、今回は腰痛回復後に行う、腰に優しい腹筋トレーニングをご紹介しましょう。
    出典 :要注意! 腰痛後の腹筋トレーニング [腰痛] All About
     

    こちらで効果的なトレーニング方法が掲載されています。

  • ぎっくり腰の痛みが8割減【すぐに実感】簡単ストレッチ体操 - YouTube

     

    このストレッチ体操は簡単でいいですよね。

  • 参考にしたサイト