小児喘息の発作が起きたら! その対策と予防まとめ

突然起こる小児喘息の発作。お子様の苦痛を最小限に抑える方法を覚えておきましょう。さらに予防法も知っておけば安心です。

view837

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • いきなりの発作! そんなときでもあわてずにいたいですね。

  • 小児喘息の発作が起きた場合、一番先に何をするか。それは姿勢を変えてあげることです。

  • 即効性のある吸入器を使うことが多いと思いますが、その使用の際には上体を起こすことが大切です。吸入の後も、横になるとむしろ苦しくなりますので、少しつらくても上体を起こしたままで休みましょう。

  • 症状のいち早い改善には、病院に行くかどうかの見極めが大事。経験者の声を聞いてみましょう。


  • 喘息発作のサイン

    1.喘鳴(ゼ一ゼー、ヒューヒュー)があるか
    2.息を吐く時間の方が、息を吸う時間より長いか(呼気延長)
    3,肩で息をしているか(肩呼吸)
    4.喉の下が息を吸うときに凹んでいないか(陥没呼吸)
    5.小鼻がピクピクしていないか(鼻翼呼吸)
    6.苦しくて横になれないか(起座呼吸)
    7.唇や爪の色が紫色でないか(チアノーゼ)
    8.呼びかけに対する反応はしっかりしているか(意識障害の有無)
    出典 :喘息の発作の程度と対処法
  • あわてずに落ち着いて、お子さんの様子をしっかり見てあげましょう。

  • 体を横にして寝かせると苦しくなることが多いので、座らせるか、背中にフトンを入れて上体を高い体勢にします。水分も取れるようであれば取らせてかまいません。軽く咳をして痰がでる様なら痰をだしてあげてください。
    できれば腹式呼吸でゆっくり深呼吸し呼吸を整えます。小さい子供は腹式呼吸ができないので背中や腰をさすって呼吸を整えさせます。

    発作の原因が空気中のもの(ハウスダスト等)と考えられる場合は窓を開けて空気を入れ替えるか別の部屋に連れて行き新鮮な空気をすうようにします。

    上記の方法でも収まらない場合にはすぐに病院を受診するようにしましょう。
    出典 :喘息発作の程度と対処法
  • 水分はとらせてあげて大丈夫。お子さんが不安がらないよう、どっしりかまえた対処を心がけましょう。

  • 発作の予防は、日常生活から!

  • 発作予防のためには、清潔な環境づくりが一番。

  • 毎日のこまめな掃除が大切!

  • 室内はこまめに掃除し、ホコリやチリ、ダニなどを取り除きましょう。掃除機はなるべくフィルター付きで、掃除をするときは必ず窓を開けて。

  • 空気もきれいに保つことです。冷暖房器具はよく手入れをしましょう。空気清浄機の使用も積極的に。

  • そしてじゅうたんの使用は避けましょう。ダニやカビを避けるため、フローリングに変えることが望ましいです。

  • ペットを飼うのは、我慢!

  • 残念ながら、動物の毛は喘息発作のアレルゲン。
    犬や猫、ハムスターなど、ペットを飼うのはやめましょう。

  • 一家そろって禁煙を!

  • タバコの煙は喘息の発作の原因になります。家族は自分の健康のためにも禁煙を。

  • 発作を軽くするために、体力をつけることも必要です。体に負担のかからないスイミングなどの有酸素運動がおすすめ。

  • さらに乾布摩擦もよい方法です。自律神経を鍛えられ、発作の予防と軽減につながります。

  • 加えて、食物アレルゲンも避けます。自己判断は禁物。医師や栄養士に相談し、よりよい食事法のアドバイスをいただきましょう。

  • バイバイ喘息発作! 気道を守る 喘息発作予防術 - YouTube