母乳で育てたい!母乳が出やすい、母乳に良い食べ物って何?

母乳育児は、一度は目指す人が多いでしょう。実際には、数多く吸わせることが一番大事だと言いますが、母乳の出やすい食事というものあります。
また、母乳で育てていく場合、どういった栄養素を積極的に獲った方がいいのかというところもまとめてみました。

view334

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 母乳で育てるためには

  • おっぱいをあげるために

     

    お母さんの体の基になる食事は大事です

  • 母乳育児をするママに必要な栄養は、2500キロカロリーとも言われています。
    出典 :『母乳育児の食事』いいもの・ダメなもの。新米ママさんのために!
  • ひとくちに“母乳”と言っても、赤ちゃんにとって「おいしい母乳」と「まずい母乳」があるそうです。「ママが食べたものがそのまま出る」といっても過言でないほど、母乳の味はママの食事に左右されます。油ものや甘いものなどを摂りすぎたり、偏った食事をしていると甘ったるく油っぽい母乳になったり、
    出典 :ママの食事について
  • 積極的に取り入れたい食べ物

  • 葉酸の食べ物です

     

    ホウレンソウ、レバー、納豆やブロッコリーなどに含まれます

  • 葉酸というと、お腹の赤ちゃんの成長に大切な栄養素として知られていますよね。母子手帳や厚生労働省からも、妊娠期のママに推奨されているんです♪脳や脊髄の発達障害の発症リスクを、抑える働きをもっているんですね。実はこの葉酸は、母乳育児中のママにもとっても大切な栄養素なんです☆
    出典 :『母乳育児の食事』いいもの・ダメなもの。新米ママさんのために!
  • 授乳期に葉酸が不足すると赤血球がちゃんと作られず悪性貧血を起こします。貧血と聞くと「鉄分」をイメージしますが、それとは別に葉酸不足の「悪性貧血」というものがあるのです。赤ちゃんにとって良い母乳を与えたいのはママの願いだと思います。そのために母乳のもとになる「血液」を良質なものにするために葉酸は必要なのです。
    出典 :母乳のために!授乳期こそ、しっかりと摂取したい葉酸とカルシウムの重要性。【前編】|まさみの解説ノート
  • 授乳は、赤ちゃんの成長を促し、発育を助けます。その中で葉酸はなによりも大切な栄養素!授乳期に葉酸が不足すると、赤ちゃんの発育に遅れが出ることもあります。出産直後のお母さんは、体力を回復させることに加えて授乳する必要があるので、栄養が沢山必要なのです。
    出典 :授乳にも葉酸は大事?
  • 母乳の出やすい食べ物

  • 根菜類

     

    土の中で育った食べ物はおっぱいが出やすい!?

  • ダイコン、サトイモ、レンコンなど根菜類などは、母乳の出に良いとも言われますがおそらく体を温めることが目的なのだと思います。
    出典 :おっぱいの出やすい食事って? - 研究部門 -快適母乳生活研究所(快母研)-
     

    根菜類は体を温めるんです。

  • 食事以外でも水分は3リットル、夏場は5リットルくらいを目安にたくさん飲みましょう。カフェインの強いものやアルコール、牛乳の多量摂取は避け、烏龍茶、ほうじ茶、麦茶、ルイボスティーなどを飲みましょう。母乳が良く出るハーブティーなどもありますので、必要に応じて飲み分けてもよいでしょう
    出典 :母乳によい食べ物、食事 [母乳育児・授乳] All About
     

    実は、水分も大切なんです

  • また、土の中の食べ物(じゃがいも、大根、ごぼう、にんじん、ピーナッツ、里芋、芋)など、根菜類は母乳を出すために良い食品です。
    出典 :助産師のあかね 母乳を出すために
  • 妊娠中や授乳中は、カフェインの入ったコーヒーは控えたほうが良いのですが、このタンポポコーヒーは、ノンカフェイン。安心して飲めます。しかも、母乳の出が良くなる上に、母乳の質も良くなります。また、授乳中の悩みの1つ、便秘にも効果的です。
    出典 :母乳育児を頑張りたい!母乳が出やすくなる方法 | 子育て大丈夫ねっと
     

    タンポポコーヒーもなんですね!

  • 食べない方がいい物

  • お餅

  • お餅

     

    もち米もそうです。

  • 昔から「母乳にはお餅を食べるといい」と言われていましたが、それは昔の栄養の少ない時代の話。この栄養過多の時代にお餅を食べるとおっぱいが一気に詰まることがあります。お餅の粘りが母乳をねばねばにして詰まりやすくするとも言われています。反対に、母乳が出ない方が「私は出ないからお餅を食べたら出るかも」と食べる場合も危険です。
    出典 :ママの食事について
  • 餅(もち)は乳腺が詰まる場合があるので、控えた方が良いでしょう。また、油っぽいものはカロリーが高いので、オッパイは良く出てくるのですが、これも詰まる原因になることがありますし、オッパイの味が悪くなります。オッパイの味が悪くなると、赤ちゃんが吸わなくなることがありますから、控えめにされると良いと思います。
    出典 :母乳のために!授乳期こそ、しっかりと摂取したい葉酸とカルシウムの重要性。【前編】|まさみの解説ノート
     

    出やすいが、詰まりやすい。そして、子供にあまりよくないということなんですね。

  • 昔から言われている「もち米はおっぱいを出しやすい」というところは、今の栄養過多の時代にはそぐわないそうです。
    詰まりやすいタイプのオッパイであれば、これが乳腺炎の原因にもなりかねませんn。
    また、葉酸は積極的に取り入れたい栄養素です。9ヶ月を過ぎた赤ちゃんにはわざわざ葉酸を補強するミルクを飲ませるひともいるくらいなのですから、お母さんが積極的に摂取しましょう。