排卵から着床までの道筋とは!?

どのようにして生命が誕生するのか、その神秘的な過程を再認識し、排卵から着床までの道筋を追うことで、妊娠についての知識を深めましょう。

  • namie 更新日:2014/05/26

view418

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵から着床まで

     

    排卵→①受精→③胚盤胞→④着床(スタート)→着床(完了)

    こうした流れになります。

  • 受精卵( 別名 胚と呼びます。)が子宮内膜に着床して発育する状態を妊娠といます。
    出典 :妊娠の成立 ~ 排卵から着床まで不妊治療の基礎知識 - 【川越】 不妊鍼灸と骨盤矯正
     

    受精卵が着床するまでには、細かいステップを踏むのですね。

  • 着床スタートの時期ですが、一般的に言って受精から1週間後に着床と言われていますが、
    上のイラストをみて分かる通り、
    排卵から着床スタートまでは6日間~8日間と幅があります。
    出典 :妊娠の成立 ~ 排卵から着床まで不妊治療の基礎知識 - 【川越】 不妊鍼灸と骨盤矯正
     

    排卵後、ゆっくりと時間をかけて着床に至るんですね。

  • 排卵

  • 「排卵」とは、卵巣から成熟した卵子が排出されることです。
    出典 :排卵の基礎知識
  • おりものの量や質に変化が見られます。また、人によっては下腹部(卵巣付近)に鈍い痛みを感じたり、中には少量の出血を起こす人もいます。
    出典 :排卵の基礎知識
  • 排卵日とおりものの状態

     

    生理開始日から8~10日頃から粘りのあるおりものが増え始め、排卵日直前には糸を引くぐらいの粘度の高いおりものになり、2~3日続きます。

  • 具体的なおりものの状態は?

     

    排卵直前は透明度が増し、量も粘りもピークに達します。糸を引くピーク時の直後が排卵日と推定されます(図参照)。

  • 受精

  • 性交によって射精された精子は、女性のからだの子宮口から子宮頸管、
    子宮腔、卵管を進んで、卵管の膨大部で、卵巣から排卵された卵子と
    出会い受精します。
    出典 :受精とは?・・・「妊娠の基礎知識」
     

    新しい生命の誕生ですね。

  •  

    数千万/億の数の精子がいても受精能力のある精子はせいぜい20%くらいなのです。これが10%を下回りますと受精する率が低下します。

    そして精子は一匹しか入れないんですね・・・

  • 受精した卵を「受精卵」といいますが、卵子が一旦受精すると、
    それ以外の精子は受けつけません。
    出典 :受精とは?・・・「妊娠の基礎知識」
     

    1個の精子が卵子のまわりの膜を貫いて卵子の中に入ると、膜は直ちに性質が変わり、他の精子が続いて入り込めないようになるのです。

  • 胚盤胞

  • 受精した胚は2日目には通常4細胞、3日目には7~8細胞に細胞分裂(卵割)します。
    出典 :【銀座レディースクリニック】不妊症の治療法|胚盤胞移植法(BT)
     

    最終的には16分割に至ります。

  • 受精卵は、卵管の中で細胞分裂を繰り返しながら、子宮に向けて運ばれていきます。4-5日かけて子宮にたどりついた時には胚盤胞といわれる着床直前の状態まで発育し、子宮内に用意されたふかふかの子宮内膜のベッドに潜り込み着床します。
    出典 :胚盤胞移植 | 八重垣レディースクリニック
  • 胚盤胞と赤ちゃんの関係

     

    この頃から、既に赤ちゃんが出来る要素が決まっていくんですね!

  • 着床

  • いよいよ着床!

  • 受精卵が細胞分裂を繰り返し子宮にたどり着くと、受け入れ態勢を整えて
    いた子宮内膜の一箇所に取り付きます。
    出典 :着床とは?・・・「妊娠の基礎知識」
  • 徐々に潜り込んで根を下ろし、母体としっかり結びつきます。
    これが着床で、排卵から7~11日後に着床が完了します。
    出典 :着床とは?・・・「妊娠の基礎知識」
     

    この着床をもって、妊娠が成立するんですね。
    何だか神秘的ですね・・・

  • 着床して根をはるときに子宮の内膜に傷をつけてしまう時に「着床出血」がおこります
    出典 :着床出血と着床しやすい身体作り
     

    着床出血の時期は受精した可能性のある日から約5日~10日後です。
    妊娠した全ての人に着床出血があるわけではなく、着床出血を経験するのは、全体の10~20%程度です。

  • だるさがある、眠気がある、熱があるように感じる、胸がはる などの症状が
    考えられますですが
    全く何も感じないという方が多いようです
    出典 :着床出血と着床しやすい身体作り
  • 排卵から着床までの流れを見てきましたが、「妊娠」がいかに繊細でかけがえのない出来事だということが分かります。本当に神秘的ですね。