上強膜炎ってどんな病気?こんな症状には注意しましょう

目の病気の1つに、上強膜炎があります。
どんなことが原因で、どんな症状が出るのでしょうか?

view111

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 上強膜ってどこ?

  • 強膜とは,眼球の外側をつくるいわゆる「しろ目」であり,乳白色の強くて囲い膜で,前方は角膜とつながっています。
    なお,強膜の表面(表層)を上強膜といいます。
    出典 :目の事典・目の構造
  •  

    この部位は、主に「しろ目」と呼ぶことが多いため、「強膜」という名称にはあまりなじみが無いかと思います。

  • 上強膜の炎症

  • 白目のいちばん表面にあるのが結膜で、その下にあるのが強膜という白い強い膜です。強膜の表面に接する部分は、比較的血管が多く上強膜といわれ、ここに炎症がおこるのが上強膜炎です。
    出典 :上強膜炎と強膜炎 :一口メモ
  • 原因は何か?

  • 生体を防御する免疫反応が自己組織を攻撃する自己免疫疾患や、さまざまな全身性の炎症性疾患(梅毒(ばいどく)、結核(けっかく)、サルコイドーシス、痛風(つうふう)など)、局所の感染(これは極めてまれ)などが原因としてあげられていますが、多くは原因不明で、眼の病気のなかで最もその実態がわかっていない病気のひとつです。
    出典 :強膜炎、上強膜炎 - goo ヘルスケア
  • 原因は不明ですが、しばしば関節リウマチに合併します。
    出典 :上強膜炎と強膜炎 :一口メモ
  • 上強膜炎の詳しい原因は、残念ながらまだ解明されていません。
    しかし、上記を見ても分かるように何らかの病気と合併して発症することが多いようです。

  • 検査しにくいのがこの病気の特徴ですが、原因を検索するために血液検査や胸部X線検査を行います。また、局所の感染が疑われる場合は炎症を起こしている部分や涙のなかに細菌や真菌、ヘルペスウイルスなどがいないかどうか検査する場合もあります。
    出典 :強膜炎、上強膜炎 - goo ヘルスケア
     

    目の病気ですが、合併症として起こることが多いため血液検査やX線検査をすることもあるのですね。

  • 上強膜炎はどんな症状?

  • 充血が強いですが、上強膜炎ではそれ以外の症状は軽度です。
    出典 :強膜炎、上強膜炎 - goo ヘルスケア
     

    早期発見の1番のポイントは、目の充血です。

  • まぶしい、涙が出る、目が痛いといった症状があり、ときに、目を押さえると痛いこともあります。白目の一部分が赤く充血し、場合によっては、その充血したところの一部が盛り上がった状態になっていることもあります。
    出典 :上強膜炎と強膜炎 :一口メモ
  • 充血の色が青色~紫色で,その部分をまぶたの上から押さえると痛みがあるのが特徴です。自覚的には,痛み,異物感,流涙,まぶしさがあります。
    出典 :上強膜炎とは - 目の事典 Weblio辞書
  •  

    上記のような症状が表れたら、すぐに眼科医の診察受けましょう!