これだけは気をつけて!「二日酔いと脂肪肝」の関係性とは

二日酔いと脂肪肝には関係があるそうなのです。症状とは?一体どうしたら気づけるのでしょうか?

view171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 二日酔いはどうして起きる?

  • アルコールは、胃腸で吸収されて肝臓に運ばれ、肝臓で「アセトアルデヒド」に変わり、酢酸に分解され、最終的に水と炭酸ガスになって排出されます。実はこのアセトアルデヒドが有害物質で、アセトアルデヒドを分解する能力以上にアルコールを飲むと、アセトアルデヒドが体内に異常に蓄積して、さまざまな不快な症状を起こします。
    出典 :二日酔いについて
     

    二日酔いはこのようなメカニズムで働くのですね

  • 飲み過ぎるとアルコールは胃腸からそのまま血液中に入り、全身をめぐります。この濃度(血中アルコール濃度)が高いほど、「酔い」の症状が出るわけです。
    出典 :二日酔いについて
     

    これが二日酔いです

  • 悪酔いと二日酔い

     

    酒を飲んで数時間内で、まだ血中アルコール濃度が高いときに起こる不快な症状が「悪酔い」で、翌朝、血中アルコール濃度が低くなった状態で現れるのが「二日酔い」です。この違いは知っておきましょうね

  • 飲みすぎると危険が出る

  • 1日5合以上のお酒を1週間程飲み続けると、必ず起こるといわれている脂肪肝。しかし、脂肪肝は初期症状はほとんどなく、気づきにくい病気の一つである。しかし、これが命の危険にかかわる肝硬変を引き起こすこともあるのです。
    出典 :二日酔いと肝臓病|肝臓病と肝炎サプリメントランキング
     

    命にもかかわる事になりかねないのです

  • 肝臓は人体の中でも丈夫な臓器であるために、多少の無理があっても働き続けます。ですから脂肪肝など肝臓病の初期状態は「最近疲れているな」など日常的に感じている軽いものが多いのです。
    出典 :肝脂肪の恐怖 | 二日酔い対策情報館
     

    このおかげで中々症状に気づけないのです

  • 二日酔いを続けることは、肝臓を酷使していることであり、肝臓の機能の低下に至ります。酷使されて機能が低下した肝臓は、二日酔いの治りが遅くなるだけでなく、様々な病気の原因になります。
    出典 :二日酔いを続けていると肝臓が・・・ :二日酔いの対策
     

    二日酔いで脂肪肝になるのはこのような原理があるのです

  • 二日酔いと脂肪肝は

  • 大量にアルコールを摂取し二日酔いになるほど、長く肝臓でアルコールを分解、代謝させることになります。肝臓に脂肪が蓄積する脂肪肝を進行させることにもなってしまいます。
    出典 :二日酔いによって肝臓に脂肪が増える?! -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • アルコールを分解し代謝する過程で、脂肪酸が作成され、さらに脂肪が合成されることになります。二日酔いとして長期間アルコール代謝が肝臓で行なわれると言うことは、この合成された脂肪がそのまま肝臓に蓄積されると言うことなのです。
    出典 :二日酔いによって肝臓に脂肪が増える?! -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • そんな時に役立つアイテムは

  • ビールのおつまみ

     

    ビールのおつまみといえば、必ず思い浮かべるのが枝豆。枝豆があると、ビールもどんどん進んでいきます。実はこの枝豆、ビールと相性がいいだけでなく、健康面から見ても素晴らしい効果があることをご存じでしたか?

  • 豊富に含まれているのが、ビタミンCとビタミンAです。ビタミンCには、アルコールの代謝を促進させて、悪酔い、二日酔いを防ぐ作用があります。また、良質のたんぱく質やレシチン、サポニン等の成分も補給できるので、脂肪肝を予防して肝臓の負担をやわらげる効果もあります。
    出典 :枝豆は悪酔い、二日酔い、脂肪肝の予防に効果的
  • とり過ぎた塩分や水分を排出させるカリウムも豊富なので、塩分の取り過ぎを心配している方や、足のむくみが気になる方にもおすすめの食品です。
    出典 :枝豆は悪酔い、二日酔い、脂肪肝の予防に効果的