皮膚の弱い方は注意して!妊婦が塗り薬を使うことの問題点

肌が弱い方は、妊娠中に更に症状が悪化しやすく、塗り薬を使うこともあると思います。でもちょっとまって、赤ちゃんへの影響はないのでしょうか。

view1070

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊婦が使う塗り薬について

  • 妊婦さんがアトピーの場合、塗り薬を使うこともあるかもしれません。でも皮膚から薬が吸収されるのですから、危険性が無いともいえませんね。

  • 飲み薬はダメというけど塗り薬は?

     

    あまり注意が払われないのが実情です。

  • どんな薬であっても、妊婦さんを集めて薬の効果や副作用を調査するようなことは行われていません。
    出典 :外用薬(塗り薬)の妊婦さんへの影響 | 住吉皮膚科ブログ
     

    妊婦さんへの影響は調べられて無いとのこと。

  • 塗り薬は体内まで影響を及ぼさない?

  • 妊婦さんは飲み薬は注意されますが、塗り薬は代謝されるため体内に影響が少ないという考え方が一般的です。

  • 皮膚の上から塗った薬が体の中に取り込まれて、更に胎児にまで影響する可能性というのは非常に低いと考えられます。
    出典 :外用薬(塗り薬)の妊婦さんへの影響 | 住吉皮膚科ブログ
     

    赤ちゃんへの影響は少ない可能性が。

  • 妊娠中はアレルギーがひどくなります

  • 妊婦さんはアレルギーがひどくなりやすい

     

    妊娠中はホルモンの影響によって、免疫力が低下しやすく、それによってアレルギーがひどくなる人もいます。普段問題がなくても過敏肌になる人も多いのです。

  • 妊娠中の湿疹や、痒みがひどいところは無理せずステロイド
    剤を使い落ち着かせましょう
    出典 :妊娠中にステロイド軟膏を使って大丈夫?アトピー肌の妊婦が思う薬の不安
     

    ひどくなってから薬を大量に使うより良いかもしれませんね。

  • すべての薬が安全性が高いとはいえない

  • 塗り薬のなかには、赤ちゃんへの安全性が指摘されているものもあります。使う際には医師に相談の上利用しましょう。

  • 角化症治療薬~催奇形性
    抗真菌薬~流産・催奇形性
    出典 :治療薬/妊婦/妊娠中/塗り薬/ぬり薬〜妊娠中の塗り薬
     

    強い薬だと影響がある可能性も。

  • いまやコンビニでも薬が買える時代です。うっかり飲んだ薬で、そのたびに赤ちゃんに異常が起こっていたら、社会的な大問題になってしまいます。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
     

    市販薬は元々副作用が起こりにくいよう作られていますからね。

  • まとめ

  • 持病がある人で強い薬を使わなければならない時は注意が必要ですが、市販薬をうっかり使ったからといって、悪影響は直ぐに出ないといえますね。