妊婦は葉酸をいつまで摂る必要があるの?出産後は必要?

妊娠中に不可欠な葉酸。しかし、妊婦は葉酸をいつまで摂ればいいのかということはあまり知られていません。そのため、摂取を強く推奨されている初期だけしか意識して摂らなかったという妊婦さんも多くいます。一体いつまで摂ればいいのでしょうか?

view168

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは、葉酸の働きと効果をおさらい!

  • 妊婦は葉酸をいつまで摂ればいいのかを知るには、まず葉酸の働きと効果を復習しましょう!

  • 赤血球や細胞の新生に必須。
    胎児の正常な発育に不可欠で、妊娠・授乳中は特に必要になります。
    出典 :葉酸の働き、欠乏症、過剰症
  • 葉酸は、神経管閉鎖障害の予防効果があります。
    出典 :葉酸の性質と働き
  • 神経管閉鎖障害とは、胎児に起こりうる障害の一つです。この障害が出てしまうと、歩けなくなってしまったり、膀胱や直腸が機能しなくなってしまいます。

  • ★妊娠を計画している女性に関しては、神経管閉鎖障害の発症リスクを低減させるために、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間、葉酸をはじめその他のビタミンなどを多く含む栄養のバランスがとれた食事が必要であること。
    出典 :妊娠初期の葉酸の必要性と注意点〜みみりん助産師の妊娠出産おっぱい育児入門
  • 妊娠初期は、細胞分裂が盛んであり、赤ちゃんの成長に最も大切な時期です。神経細胞もこの時期に作られるため、葉酸の摂取が強く推奨されています。

  • 葉酸はほうれん草やモロヘイヤをはじめとした、緑黄色野菜に多く含まれています。日頃の食事メニューに取り入れましょう。

  • しかし、普段の食事から、一日の摂取目安量を摂るのは大変なもの。サプリメントで補うことも推奨されています。

  • 出産後も葉酸は大切!!

  • 葉酸は妊娠初期だけ必要と誤解されがちですが、そんなことは決してありません!
    普段の私たちにとっても大切な栄養素ですし、授乳期は妊娠中と同じ量を摂取することが望ましいとされています。

  • 実は葉酸はビタミンB12と一緒になって血液(赤血球)を作る大切な材料なのです。
    授乳中のママは母乳を作り出すために当然、多くの血液が必要です。
    出典 :母乳のために!授乳期こそ、しっかりと摂取したい葉酸とカルシウムの重要性。【前編】|まさみの解説ノート
  • つまり、葉酸を摂ることで血液が良質になり、その結果、母乳も良質になります。
    また、出産後や授乳中は貧血になりやすいもの。貧血防止にも葉酸は効果的です。

  • 赤ちゃんの健やかな成長のために、出産後も積極的に葉酸を摂りましょう!