【生理前1週間集中!】豆乳バナナダイエット【おいしい♪】

腹もちが良くて、栄養があって、むくみを取って、出来れば短期集中、そんでもっておいしいダイエットはないかと探してみたところありました♪バナナと豆乳を混ぜるだけ!まとめてみました。

view1654

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 豆乳バナナダイエットって?

  • 食事の前に豆乳バナナを摂取することで、満腹感が得られ、自然に食事の量が減らせます
    出典 :【豆乳バナナダイエット】 | 飲み物 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • 脂肪燃焼促進効果と美容効果が♫

     

    無理なく食事の量が減らせて、脂肪燃焼促進効果や健康効果、美容効果が期待できるダイエットです。

    豆乳バナナには脂肪燃焼を促進する効果があるので、運動と組み合わせると、より効果的が高まります。

  • 豆乳とバナナを合わせるメリットとは?

  • 豆乳バナナのメリットに、空腹感を感じにくいということが挙げられます。

    バナナはアスリートの栄養補給にも使用される栄養豊富な食材です。

    含まれている栄養は吸収される速度が異なるので、エネルギーが長く保たれ、空腹感を感じにくくしてくれます。
    出典 :【豆乳バナナダイエット】 | 飲み物 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • 筋肉を落とさない

     

    豆乳には、大豆たんぱくが豊富に含まれています。
    たんぱく質はダイエット中には欠かせない栄養素ですが、食事を減らすことで不足しやすい栄養素でもあります。
    たんぱく質は筋肉をつくる栄養素です。
    不足すると、筋肉が落ちて基礎代謝が低下し、太りやすい体を作ってしまいます。

    豆乳バナナを飲みながらダイエットをすることにより、良質なたんぱく質を摂取でき、筋肉を落とさずに脂肪だけを落とすダイエットが可能になるのです。

  • 脂肪燃焼効果

     

    大豆に含まれている大豆ペプチドは、アミノ酸がいくつかくっついた状態のものであり、たんぱく質を分解するときに作られます。

    単体のアミノ酸に比べて大豆ペプチドは、アミノ酸の吸収効率が高く、脂肪の燃焼を高める働きがあります。

  • 運動で脂肪を燃焼する場合には、20~30分の間運動を続ける必要があるとされています。それは、運動により、脂肪が脂肪酸に分解され、脂肪酸が燃焼されるまでに時間がかかるためです。

    アミノ酸には、脂肪の分解を促す働きがあり、脂肪を燃えやすい状態(脂肪酸)にする効果があります。

    アミノ酸の吸収率が高い大豆ペプチドを摂取することによって、脂肪の分解が促進されるので、効率良く脂肪が燃焼されるようになるのです。
    出典 :【豆乳バナナダイエット】 | 飲み物 | 方法 | 食事 | ダイエットSlism
  • ダイエットのイライラも回避

     

    ・バナナにはトリプトファンという、心を安定させるホルモンであるセロトニンの材料が含まれています。

    ・セロトニンは、バナナに多く含まれていますが、他の果物にはほとんど含まれていません。

  • 材料♫

  • 豆乳150~200ml・バナナ1本 だけ!

  • 作り方♫♪♫♪

  • ミキサーにかけるだけ!

     

    1.バナナは適当な大きさに切っておきます。

    2.ミキサーに1のバナナと豆乳を入れてスイッチを入れます。

    3.とろとろになったらできあがりです。

  • プラスするなら・・・

     

    はちみつや黒ゴマ(黒すりごま)、きなこは栄養価が高く、豆乳バナナとの相性が良いので、気分に合わせてプラスするのも良いでしょう。

    はちみつはカロリーが高いので、たくさん入れすぎないように気をつけましょう。

  • 気になるカロリーは?

     

    豆乳は200mlあたり128カロリー、
    バナナは1本の可食部(100~150g)は86~129kcalです。

    豆乳バナナのカロリーは、バナナの大きさにもよりますが、
    210~250kcalと低カロリーです。

  • 期間は生理前1週間が良いとか!

  • イソフラボンで女性ホルモンを補う☆

     

    エストロゲン(美人ホルモン)と似た働きをするイソフラボン

  • 大豆サポニン☆

     

    豆乳には、生理前の溜め込みを防ぐ栄養素がぎっしり!
    まさに、「生理前のためにある」食材。

  • 生理が始まったら飲むのをやめること
    健康上悪いわけではないけど、ダイエットしたいなら注意。
    人間には、いかなる環境にも適応しようとする恒常性(ホメオスタシス)があるため、普段から豆乳を摂取すると、やがて体が吸収抑制に慣れてきてしまうと考えられる。

    毎日集中的に豆乳を飲むのは生理前1週間にしたほうが、効率的なダイエットができる。
    出典 :だって女の子だもん : 生理前に豆乳を飲むと生理後に痩せる理由【たった7日間】