良く耳にする【メラニン】のまとめ

メラニンがどのように出来てどう肌に影響するのか
まとめてみました
原因をしって対策をしましょう

view193

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • メラニンのしくみ

  •  

    ←表皮の基底層に存在する、メラニン色素を作り出すメラノサイト(メラニン形成細胞)。

    このメラノサイトが紫外線の刺激を察知するとメラニン色素をつくります。

  •  

    ←紫外線がお肌にあたると、 情報伝達物質【活性酸素、MSH(メラノサイト刺激ホルモン)、エンドセリンなど】が発生します。

  • メラニンとは

  • 種々の動物の皮膚,眼,脳軟膜などの組織内に広範に存在する褐色ないし黒色の色素の総称。皮膚,眼などの色素メラニンはアミノ酸のチロシンがチロシナーゼによって酸化されて生じる5,6‐ジヒドロキシインドールが重合したものを骨格とする複雑な構造をもち,通常グロブリンと強固に結合したメラノプロテインとして存在している。メラニンはアルカリや温濃硫酸には溶けるが,水には溶けない。
    出典 :メラニン とは - コトバンク
     

    定義はこのようなものになっています

  • 役割は?

  • メラニンの役割

    細胞の中にある核が紫外線にあたると、核の中にあるDNAが破壊されたり、変異して、細胞が死んだり皮膚癌を引き起こしたりします。それを防ぐために、表皮の一番下にある基底層のメラノサイトは、メラニン色素を産生し、それを周囲の表皮角化細胞に供給することで、傘のような役割をし、真皮に紫外線が届かないようにブロックしています。
    出典 :シミの種類やメカニズムについて | スキンケア大学
     

    役割がないと邪魔ですよね

  • 種類もあるそうです

  •  

    メラニンには、ユーメラニンとフェオメラニンの2種類があり、ユーメラニンは、褐色~黒色のメラニン、フェオメラニンは、黄色~赤色のメラニンで、肌の色も髪の色も、このユーメラニンとフェオメラニンの多い・少ないで決まります。髪の場合は、金髪は黄色のフェオメラニン、赤毛は赤色のフェオメラニンにユーメラニンが混ざったものです。黒髪は、ほとんどがユーメラニンです。

  • 良く知られているメラニンは

  • メラニン

    皮膚が紫外線を吸収するとメラニンができる。メラニンの本来の機能は、紫外線が真皮に到達するのを防いで、正常な細胞を紫外線から守る働きをしている。ところが紫外線が強すぎるとメラニンが過剰に発生し、シミやソバカスの原因になってしまう。
    出典 :メラニンとは - 美容整形用語 Weblio辞書
     

    シミやそばかすの原因で嫌ですよね

  • シミになるメカニズム

  • メラニンは色素細胞の中で、チロシンというアミノ酸から生成されます。チロシンはチロシナーゼと呼ばれる酸化酵素により、次々と反応・変化してメラニンへと変化していきます。産生されたメラニンは、本来は通常の表皮のターンオーバーによって角質とともに垢として排出されます
    出典 :シミの種類やメカニズムについて | スキンケア大学
  • 紫外線により角化細胞(ケラチノサイト)に異常が起こると、色素細胞に「メラニンを作りなさい」という指令が出続け、過剰にメラニンが作り出されます。またホルモンは直接色素細胞にメラニンを多く作らせます。過剰に作り出されたメラニン色素は、ターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまうのです。
    出典 :シミの種類やメカニズムについて | スキンケア大学
  • また、ターンオーバーの乱れも排出出来ない理由の1つで、加齢に加え、紫外線、ナイロンタオルによる摩擦などの物理的刺激やストレス、ホルモンバランスの乱れなどの内的要因によることもあります。
    出典 :シミの種類やメカニズムについて | スキンケア大学
  • 美白化粧品や紫外線対策くらいはしておきましょうね